Ob-La-Di Облако 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

2020-09-22から1日間の記事一覧

「此の種悪虐非道の戦法に対抗する為には、一見良民を裝ふて居る者と雖も正規兵又は便衣隊なりと認めらるる者は、之に適応する処置を執ることは真に已むを得ない正当防衛なる所以を知らねばならぬ」 陸軍省調査班 上海事件ノ情報(並支那事変ニ関スル陸軍省発表)より 「悪虐非道 天人倶に許し難き支那軍の行動に就て」 1932.2.23

【供覧】 内閣官房總務課長【横溝】 内閣書記官【川島孝彦】【稲田】 悪虐非道 天人倶に許し難き支那軍の行動に就て 二月二十三日 陸軍当局談 我が軍が挙措正々 進止堂々 秋毫冒す無き嚴肅なる軍紀の下に行動しあることは古来 我が軍の精華として卋界に誇り…

陸軍省調査班 満洲問題に関する情報 「満鉄付属地外出動部隊引揚げの不可能なる所以に就て」より (三)便衣隊の横行 1931.11.19

(三)便衣隊の横行 張学良は、事変後錦州に占拠しある栄臻等をして、組織的に強力なる便衣隊を続発して南満地方の治安を擾乱せしめつつある。参考の為、便衣隊横行の顕著なる実例を示せば左の通りである。 1 奉天に在りし講武道学生は三々五々東北方に逃避…

「涼水泉子(豆満江、穏城対岸)北方30km十里坪には約100の兵匪現れ、南下の模様。又、拉子溝(百草溝東方約50km)には約200の便衣隊現れ義援金募集中であつて、該地方の人心兢々としてゐる。」 陸軍省調査班新聞発表 1932.4.8

新聞発表第540号 4月8日 京城4月7日初陸軍省着電 国境警備隊の一部、越江出動す 一、五日茂山(会寧西南方約50km、豆満江岸)の對岸廣浦に約180の兵匪現れ、同地公安局等を襲ひ、武器弾薬等を掠奪する等、不穏の情勢にある。 又、同地支那軍警は…

「五月二十五日「テウセウシ」(玉田西方二十四吉)に於て便衣隊と交戰し熊本部隊所属工兵一等兵吉田健次戦死、清水一三重傷す。」 陸軍省新聞班発表 1932.5.29

陸軍省公表第一四三号 五月二十九日 陸軍省新聞班 戰死傷者 一、五月十日「ホホガワ」(建昌營西方八吉)西方十二粁附近に於て大分部隊歩兵一等兵藤原政人生死不明 二、五月二十五日「テウセウシ」(玉田西方二十四吉)に於て便衣隊と交戰し熊本部隊所属工兵一等兵吉田…

「第十九路軍便衣隊の組織計画」 陸軍省調査班新聞発表 1932.3.12

供覧内閣書記官長【横溝】内閣書記官【川島孝彦】【稲田】 新聞発表 苐四八二号 三月十二日 上海三月十一日発陸軍省着電 苐十九路軍赤化 一、苐三インターは二月十三日同二十九日両度に亘り苐十九路軍を赤化すべしとの指令を発した結果その後の赤化工作は急速…

「上海付近敵小部隊並び便衣隊の行動活発」 陸軍省調査班新聞発表 1932.3.13

新聞発表苐四八七号 三月十三日 上海三月十二日発陸軍省着電 上海附近敵小部隊並便衣隊の行動活溌 軍の前面に於ては有力なる敵部隊の活動はないが小部隊が八日聲明の地線内に進入し來り我が斥候歩哨等を奇襲したり又は占據地域内各所に便衣隊出沒し後方擾乱…

「広東方面より水雷を取寄せ我が船舶を爆沈するといふが如き陰謀並び要人暗殺市内擾乱を目的とする便衣隊の活動は益々盛んである」 陸軍省調査班新聞発表 1932.3.14

新聞発表苐四八九号 三月十四日 上海三月十四日発陸軍省着電 彼我戰線の狀况(十三日) 一、十三日に於ける全線は平穩である二、当面の支那軍の配置は前報と大差はないが大倉には上官雲相の苐四十七師が新に到着した模様であつて該部隊は我が最前線に対し積極…

「上海方面三月四日以後の便衣隊に関する事件は既に十七件に達し之に基く我被害は負傷八名に達した。」 陸軍省調査班新聞発表 1932.3.30

供覧 内閣書記官長【印】 内閣書記官【印】【印】 新聞発表第五〇〇号 黒竜江省兵匪の南下 一、反吉林軍と連絡を有し黒竜江省方面より南下した兵匪は他の匪賊と合して其数約五千となり十五日夕扶餘(哈市西南方一五〇粁)を占領したものゝ様である。農安の吉…

「良民と便衣兵との区分困難なり。」 自 無錫 至 南京 歩兵第38連隊行動概見表より 1937.12.14

12月14日連隊一般の行動:南京城内掃帰[→蕩?]戦闘種別:敗残兵掃蕩戦闘の結果、教訓其の他:●良民と便衣兵との区分困難なり。●潜残の兵は藁積の内部、二階、三階、天井等に潜伏す。●小銃等外部に現はる兵器は放棄するも、拳銃を有するものあり。●食に窮…

信夫淳平『上海戦と国際法』より 第二項、便衣隊 1932

第二項、便衣隊 【うるさい蒼蝿】 上海戦の勃発に際し、我が陸戦隊の歩哨兵、通行兵、その他私人たる在留邦民に累次不測の危害を与へ又は与へんとしたうるさい蒼蝿は支那の便衣隊である。便衣とは平服といふに同じく、即ち一般市民と識別し難き服装にて本邦…

「警察的行為にして法理的には差し支えなきも、支那側において毒ガスを購入せしやの情報もあり、満鉄において催涙ガス使用の結果が支那側をして戦闘行為の為に毒ガス使用の口実となさしむるの虞なしとせざるをもって、北支の情勢略ぼ安定する迄さまでこれが使用を見合すことといたしたし。」 満鉄において催涙ガス使用に関する件 1933.5.19

決裁指定:【次官委任】 決行指定:【牛島】 連帯課名:参謀本部すみ 鉄砲 【受領番号 満密受第691号】 紀元課名:関東軍満鉄において催涙ガス使用に関する件 大臣:【委】 次官:【柳川】 高級副官:【牛島】 主務局長:【重厚】 主務課長:【山下】 軍…

「特種煙は戦闘の進捗を図るため随時随所に局部的に使用するを本則とするも、状況により計画的に大規模の集中使用を実施することあり。」「特種煙攻撃を実施せる地域の敵は勉めて殲滅を期し、これが脱逸を防ぐものとす。」 第11軍命令 岡村寧次司令官 1938.8.21

【軍事極秘】呂集作命第33号 呂集団命令 8月21日0920 於九江 自今、別紙要領に基づき特種煙(特種発煙筒おゆよび特種発煙弾)を使用すべし。 呂集団司令官 岡村寧次 下達法 印刷交付 呂集作命第33号別紙特種煙(特種発煙筒および特種発煙弾)使用…

「重点使用の観念薄く、徒に少量の使用を反復し、重要時期における集結使用を困難ならしむる場合あり。」「第一線部隊はガス放射に跟随して突入する観念薄く、突入期の遅延と少量使用と相俟つて、敵の斜射·側射による被害多く、被毒地帯の敵も再び射撃するに至る」 野戦ガス第13中隊現況 1938.8.5

野戦ガス第13中隊現況 8月5日、野戦瓦斯第13中隊長代理、坂東中尉の報告によれば、現況概ね左のごとし。 一、編成 長 1 小池歩兵大尉(負傷入院中)小隊長 3 中尉1、少尉2段列長 1 准尉軍獣医部見習医官(獣医部准尉1)合計 将校以下 343名 …