Ob-La-Di Облако 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

「川上兵站総監より電報あり 東学党に対する処置は厳烈なるを要す 向後 悉く殺戮すべしと」「劇烈の手段を尽すべし」「此際 一刀両断の処置を下すにあらずんば 迚も安全を期す可らず」 「東学党斬殺の事 貴官の意見通り実行すべし」 陣中日誌 南部兵站監部 第3号より 1894.10.27~28

 

  十月六日     土曜 晴

四 午后三時四十五分 可興 福富大尉より左の電報あり 仍て次の返電を為す

安保の西方約五里に在る槐山に於て支那人四名捕縛し 憲兵 守備隊 只今 帰着せり 目下 取締中 取締済 何れへ護送するや 指揮を乞ふ

答 支那人は仁川に送れ

五 午后五時三十五分 利川司令官 田中中尉より左の電報あり

本日利川発 午后七時長湖院に於て支那人三名捕縛せり 不敢取 報告す 委細 後とより

  十月八日     月曜 晴

二 午前九時四十分 可興の福富大尉より左の電報あり 仍而 次の返電を発す

捕縛せし支那人の携行品 武器の外 沢山あり 皆 其地へ送るや 又は当部に保管し置くや 指揮を待つ

答 支那人の携行品 皆 当地へ送れ

  十月九日     木曜 晴

ニ 同時 利川 田中中尉より左の電報あり

昨日 生捕りたる支那人三名 本日 利川に着せり 明日 当地より仁川に向け輸送す

五 午前十一時二十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり 依て次の返電を為す

報恩にて支那人四名を縛したり 如何処分すべきや 詳細は後とより

答 支那人は仁川に送れ

七 午后三時十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり

甲 出羽と打合せ 丹陽の賊を聞慶 安保の両道より攻擊の為め 藤田は明十日 鈴木は明後十一日 聞慶に向け出発の事を命じたり 右 上申す

乙 報恩郡は東学党の巣窟 支那人四十五名居ることを探知し 憲兵 歩兵を以て捕縛手を編成し 鈴木大尉に二分隊を引率せしめ該地に向はせ置きしに 支那人四名を縛し来れり ○東学党は今は集合し居らざれども 近傍 到る処皆 東学党の村落なり

十一 午后七時三十分 川上兵站総監へ左の電報を発す

東学党に関し先日来 洛東附近 各兵站司令官の報告に仍るに 安東、醴泉 龍宮地方は先づ鎮定に帰せしも豊基、丹陽、報恩郡地方は猶ほ該党の巣窟にして 支那人数十名加はり居る由 右 鎮圧の為め目下 附近兵站地より憲兵 守備兵を配置しつつあり 右は深く顧慮するに足らざるも 察するに牙山残兵の煽動に依るならん 先日来 報恩地方其他にて支那人 合せて十二名を捕縛し 今 仁川へ護送中なり 詳細は後日

  十月十日     水曜 晴

二 正午 釜山今橋少佐より左の電報あり

全羅道に在る真の東学党 追々 蔓延の萌しあり 守備兵配賦変換の事 早く着手したし 然るに洛東の両司令官は一日も早く暴民撃退の所置を為す様 御命じ被下度し

五 午后三時三十分 各地へ左の電報を発す

釜山 今橋少佐へ ○鈴木 藤田の隊は速に任務を果すこと計り 終れば洛東に集め 貴官の指揮を受け進退せしむる様 飛鳥井に命じたり 又 各兵站司令官へも本日 守備配賦変換を通報し置けり 都合次第 貴官より直に司令官に申送り実行すべし

洛東 飛鳥井少佐へ ○守備兵配賦の変換を成るべく早く実行する必要を生ぜり 鈴木 藤田隊は速に其任務を果すことを計り 終れば洛東に集め 今橋に通知し 該隊は同官の指揮を受け進退せしむべし

亀浦 松坡鎮間 各司令官へ ○各兵站地守備兵の配賦を近日変換する筈なり 今橋少佐より通知あれば実行すべし

  十月十一日     木曜 晴

ニ 同時 釜山 今橋少佐より左の電報あり

全羅道東学党 来る二十二三日頃 慶尚道金海の方向に進むことを決したる由 領事より通報あり 又 此事に関し領事より相談もあり 兵力を要するに至る哉も知れず 就ては目下 援兵として大邱司令部にある第四中隊の一小隊を直に釜山へ返すべき旨 馬屋原少佐へ御命令相成たし 今より出発せしむるも五六日を要するゆへ 早き方を希望す 大邱府にては目下 差支はあるまいと考る

五 午前七時三十分 大邱 馬屋原少佐へ左の電報を発す

全羅道金海方向 東学を打攘の為め 在釜山の兵にては稍 不足なり 故に曩に其地に派遣せし第四中隊の一隊を至急 釜山に廻せ

十五 午后三時 釜山 今橋少佐より左の電報あり 依て左の返電を為す

川上兵站総監より電報にて 室田領事と協議し 全羅道河東府にある東学党撃破の命あり 第四中隊帰着せば之に当地守備兵の一部を合し派遣するの見込 河東附近に逹するは来る二十日頃となるべし 又 場合に依り大邱府以南にある守備兵の幾分を下官の見込にて臨機使用することを予め許可ありたし

答 守備兵臨機使用の事 許可す 片岡少佐へも通知せよ ○第四中隊の一小隊を今朝 釜山ヘ向け出発せし旨 飛鳥井より報あり

  十月十二日     金曜 晴

五 午后二時四十分 可興 福富大尉より左の電報あり

忠州司令部宛の電報答へ 槐山に於て支那人捕縛の際 憲兵隊 及び守備兵にて韓人三名 傷付けたるに相違なし

  十月十三日     土曜 晴

一 午前零時三十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり 依て次の返電を発す

丹陽附近の探偵も出来 時機も宜し 又 当部より西にて松面と云ふ所に一千名も集まり 韓暦二十日に聞慶を襲ふと云ふ風説あり 旁に付 兵を五六十名 急に御差出は出来間敷哉と出羽より申越したり 今橋の命令にて四中隊は既に出発 釜山に帰れり 三中隊 未だ当地にあり 之を差向くべきや

答 彼是応援の為め兵を出すは 後来とも貴官の専行に任す 但 其地の守備は相当に準備し置くことは勿論なり

六 午后三時十分 聞慶 出羽少佐より左の電報あり 依て次の返電を発す

稍 確かなる探偵に依れば 当地より八里西 松面と云ふ所に東学党千名余 集り 韓暦二十日に当聞慶を襲ふ様子なり 之に先んじて是より攻撃を致し度に就ては 洛東より兵を当地へ差し向ける様 飛鳥井へ御命令ありたし

答 東学党攻撃の為め兵を要せば 飛鳥井に要求し臨機 事を処すべし 総て貴官の専行に任す 飛鳥井は既に承知の筈なり ○忠州の守備兵 槐山にて稍や粗暴の挙動ありし由 聞及べり 不都合なき様 注意せよ

  十月十四日     日曜 晴

五 同時 川上兵站総監より左の電報を受く

忠清道東学党起り 将に京城に進入せんとするの勢ひある由にて 軍隊派遣の㕝を大鳥公使を経て請求あり 仍て大鳥公使へ兵の必要あれば仁川兵站監部へ請求すべき旨を通し置きたり 請求あれば相当の兵力を派遣すべし

六 午后十時 京城 大鳥公使へ左の電報を発す

忠清道東学党に対し勢ひ要すれば軍隊派遣の事を貴官を経て大本営べり請求あり 大本営は貴官より下官に通知あれば之に応ずべき旨を令ぜり 此頃中 聞慶兵站司令官より槐山附近に東学党千名程も集まり 聞慶を襲はんとするの報告あり 多少不穏の事は承知すれども 詳細の事は未だ了知せず 以後 平壌以南の事に就ては下官へも報道を煩はさんことを望む

七 午后十時三十分 松坡鎮 利川 可興各司令官へ左の電報を発す

忠清道東学党 稍や不穏の由 聞き及べり 注意せよ 何か異ることあれば報告すべし 此事を支部へも伝へよ

  十月十五日     月曜 晴

ニ 午后零時二十五分 京城 大鳥公使より左の電報を受く 依て次の返電を発す

東学の鎮圧の為め韓兵の応援として貴官御配下の后備兵を京畿道安城 竹山の両地へ派遣相成様致したし 右に付 只今 貴官宛郵便差立置きたれども 派遣し得らるべき兵数 前以て承知致し度に付 御取調 御報を乞ふ

答 竜山守備隊の内より安城 竹山の両地へ一小隊づつ派遣の見込なり

三 午后二時二十分 竜山守備隊長 中山中尉へ左の電報を発す

東学党鎮圧の為め韓兵の応援として其中隊より二小隊を京畿道安城 竹山の両地へ派遣する筈に付 出発の諸準備を整へ後命を待て 糧食の事は竜山 曽田少佐と恊議せよ

四 同時 竜山 曽田少佐へ左の電報を発す

東学党鎮圧の為め竜山守備隊の内より二小隊を京畿道安城 竹山の両地へ派遣する見込なり 中隊長と協議し 予め糧食供給の方法を立て 其用意を為せ ○其地へ軍吏雇員を送ることは姑く延引す

五 午后三時四十分 三浪津 片岡少佐より左の電報あり

去る十三日 密陽附近に暴民千五六百集合し 府使 及 転運使に訴ふる所あらんとし 竹槍を運び白旗を立て 其勢 殆んど密陽府を蹂躙せんとす 府使 狼狽 差し置く所を知らず 転運使 鄭秉夏 密陽支部に援助を求め来るに依り 之に応じ鎮撫に尽力すれども暴民 聞かず 衆を恃んで府内に入らんとするにより 止むを得ず一時 撃ちて退け 八名を斃し 十名を傷く 死者は府使に渡し 傷者は軍医をして一時施療せしめ 府使より其親戚に渡さしめたり 報告す 委細郵便

六 午后六時 川上兵站総監へ左の電報を発す

忠清道東学党の為め大鳥公使より請求の件 敬承 忠清道東学党に就ては未だ兵站司令官より確実なる報告に接せず 目下穿鑿中なり 必要に際せば竜山守備隊より二小隊を派遣する見込なることを大鳥公使へ返事し置けり

七 午后六時十分 京城 大鳥公使より左の電報を受く 依て次の返電を発す

安城 竹山へ一隊づつ派遣の見込の旨 承知せり 就ては該隊長と少時 打合そを為し度に付 明日 当館へ出頭する様 御逹被下度し

答 明日 竜山守備隊長を貴館へ打合せの為め出すことは逹し置けり ○隊長へ命令を下す都合あり 忠清道東学党の事情を御通知あれ

八 同時 竜山守備隊長 中山中尉ヘ左ノ電報を発ス

守備隊派遣に係はり大鳥公使より打合せの件ある由に付 明日 京城公使館に行き 委細承はれ

九 午后八時三十分 京城 大鳥公使より左の電報あり 依て次の返電を発す

安城 竹山への派兵は可成 明後日出発の都合に致度に付 此段 御協議に及ぶ

答 東学党撃攘として派遣せる二小隊は 明後十七日出発の事を命ぜり

十 午后九時 竜山 曽田少佐へ左の電報を発す

竜山守備兵に小隊 東学党撃攘の為め明後十七日出発せしむべし ○守備隊長に告ぐ 大鳥公使へ面議の事は 過刻電報せしめし如くなすへし

十二 午后十時四十五分 京城 大鳥公使より左の電報を受く

忠清道東学党は各所に集り 其頭ありて互に相連絡し 支那の敗兵も亦 其内に交はり居り追々京城方面に向て蔓延の勢あるとて 各地方官より頻りに急報来るに依り 政府は大に恐れ 外国人も多少恐懼せり 目下 収穫に際すれば 当政府は収納前に之を鎭定せんことを希望せり 但し兵力を実地に使用せる様の事なかるへしと考ふ

十五 昨日 可興より護送し来れる支那人四名 嫌疑なきを以て英国領事へ引渡す

  十月十六日     火曜 晴

三 正午 川上兵站総監へ左の電報を発す

忠清道東学党の情况に関し 附近兵站司令官より未だ何等の報告なきも 大鳥公使の通報に依れば 該党は各所に集まり 互に連絡し 支那敗兵も其内に加はり 追々京城方向に蔓延する勢ひある旨 各地方官より頻りに急報あり 朝鮮政府より既に出兵を命じたる由なり 且つ公使より援兵派遣の事を請取に依り 竜山守備兵の内二隊を明十七日安城 竹山に向け出発せしめ 其任務に関しては猶ほ隊長より大鳥公使へ委細 打合はさしむ 右 報告す

八 同時 可興 福富大尉へ左の電報を発す

新谷憲兵上等兵は当分 当地に止む ○忠清道東学党の様子如何 報告せよ

九 午后十時二十五分 可興 福富大尉より左の電報あり

一昨日 忠州支部より下士二名 兵卒二名を出しタンゲツに於て東学党の首領リンシヤクゲン以下三名を捕獲したり 又 昨日 同支部より下士以下九名 軍夫七名 韓人七名を以て清風附近域内の東学党巣窟を襲ひ 同地の首領セイトカンを斃し 四名を捕縛し 賊の即死約三十名 彼が所持せし小銃二十挺 其他 火薬等 残らず焼捨てたり 但し上等兵一名 為めに負傷す 委細郵便

十 夜十二時 可興 福富大尉より左の電報あり

答 可興の西南約四里「ヲサ」村と云ふ地に東学党集合の由 確報あり 今朝 憲兵曹長に同兵三名と守備兵八名を附し 制壓の為め出張させたる後へ 又 利川より同党蜂起の急報あり 直ぐ司令部付曹長ニ守に備兵十名を附し赴援せしめたる後へ 又 忠刕より曩に電報せし七名の捕縛者を送り来り 人数少く三方の㕝に應じ兼ね 困却せり

  十月十七日     水曜 晴

一 午前十一時四十分 可興 福富大尉へ左の電報を発す

東学党の情況報告 承知す 鎮圧の為め充分力を尽せ ○忠清道安城 竹山の両地へ朝鮮政府より出兵す 捕縛者は之に引渡せ 又 之が応援として竜山守備隊より二小隊を本日 同地へ向け派遣す 此事を利川へも通ぜよ

二 同時 松坡鎮 宮崎少佐へ左の電報を発す

東学党の情況報告 承知す 鎮圧の為め充分 力を尽せ ○忠清道安城 竹山の両地へ朝鮮政府より出兵し 又 之が応援として竜山守備隊より二小隊を本日 同地へ派遣す

三 午後四時十五分 川上兵站総監へ左の電報を発す

曩に報告し置きたる捕縛の支那人十二名の内 八名は当地に着す 取調を為さしめたるに真の商人にして 東学党煽動の如き全く関係なきもの認め 本邦領事を経て英国領事に照会し 本国へ送還の保証を為さしめ 同領事へ引渡したり 右 報告す

  十月十八日     木曜 晴

三 午前十時四十分 聞慶 出羽少佐より左の電報あり

藤田大尉に小隊を引かしめ 偵察として松面に遣りたるに 賊徒 逃げ去りたるに依り 無事に帰部す 藤田の隊は洛東に帰せり

四 午后一時四十分 利川 田中大尉より左の電報あり

東学党と称し 本日 忠清道竹山県に四百名程集合シ 我諸兵站部を襲はんとする事を聞けり 其巨魁は馬某と称す

六 午后七時三十分 松坡鎮 宮崎少尉ヨリ左ノ電報あり

東学党の首領 徐相轍 今十八日 昆池岩附近に来ること探知したり 注意せよと利川 田中中尉より報じ来り 不取敢 報ず

八 本日午后三時 竜山守備隊の内 二隊 東学党撃壊の為め安城 竹山へ向け出発す

  十月十九日     金曜 晴

一 午前八時五十分 京城公使館 杉村書記官より左の電報あり 依て次の返電を発す

近頃 清風附近にて東学党を攻撃したる由 詳細 電報ありたし

答 去る十四日 忠州支部の守備兵はタンゲツにて東学党ノ首領三名を捕へ 十五日夜 清風附近にて東学党を攻撃し 首領を斃し 四名を捕へ 賊の即死 約三十名 彼の所持する小銃二千挺 火薬等も皆 焼き棄てたり 十六日 昆池岩附近にて首領らしき者二名を捕へ 槍一、火縄銃二、刀二、及 衣類若干を分捕りたり 十八日 東学党の首領 徐相轍は昆池岩附近に来るを探知し 捕縛に着手中なり

ニ 午前十一時 利川 田中中尉より左の電報あり

昆池岩にて昨日捕縛せしに名とも東学党なることを白状せり 猶ほ軍隊の為め東学党の居る所へ案内するとのこと故 暫く利川へ捕へ置くなり 但し其内一名は昨日捕縛の際 受けし傷にて生命危篤なり ○東学党に関する大切なる報告 書面にて貴部へ出した

三 午后九時三十分 可興 福富大尉より左の電報あり

忠刕附近 不穏の報あり 小官 今より出張す 委細 後報す

四 本日 洛東より支那人捕虜 孫雨田、李順方、趙明湖、劉長生の四名を護送し来る

六 本日 各兵站司令官へ左の訓令を発す

     訓令

慶尚 全羅 忠清 三道の東学党 頃日各地に集合す 其目的とする所 我軍に妨害を加へ 或は日を期して兵站地を襲はんとすりものの如し 此等草賊の暴挙 素より敢て深く顧慮するに足らずと雖モ 若し夫れ我軍用電線に妨害を試る者あらんか 為めに全軍の命脈たる通信の途 忽ち断絶し 其害の繫る所 蓋 尠少ならざるべし 是れ本官が大に憂慮し措く能はざる所なり 抑も朝鮮国内に架設する軍用電線の保護を確実にし 軍事通信上 毫も障碍なからしむるは我兵站部の一大責任たるを以て 監守の厳密を惴るは実に目下の最大急務たり 機に臨み変に応じ 萬違算なきを期するは身を以て責に任ずるに在り 特に茲に各官を戒飭す

 明治二十七年十月十九日
            南部兵站監 伊藤祐義

  十月二十日     土曜 晴

二 午前九時二十分 大邱 馬屋原少佐より左の電報あり

昨夜 左の事を多富兵站支部より報告あり 多富より西一里半 パンシユン村へ暴民二十名 入込み 金穀を略奪せしの報知を得 偵察として上等兵以下三名 其地に向ひしに 抵抗せんとするを以て東学党と認め 之を打払ひたりと 右の報告 略にして 未だ死傷の数知れず 不取敢 報告す

七 午后九時三十五分 大本営副官より左の電報あり

衆議院は全会一致を以て政府の提出に係る軍事費一億五千万円を可決せり

八 同時 大本営陸軍参謀より左の電報あり

竜山に在る守備隊は此度 貴官と大鳥公使と恊議し 東学党鎮圧の為め派遣する二小隊を除き 幾何あるや

  十月二十一日     日曜 晴

一 午前八時 大本営陸軍参謀へ左の電報を発す

答 竜山守備兵派遣に付 残余は目下一小隊なり 尤も今 守備隊の配賦を変換しつつあり 完成の上は二中隊(一小隊と三分隊 欠)とする予定なり

二 午前八時五十分 竜山 曽田少佐へ左の電報を発す

東学党の巨魁 徐相轍は京城附近に居るの報あり 偵察 捕縛に勉めよ

  十月二十二日     月曜 晴

七 午后一時 川上兵站総監へ左の電報を発す

全羅道より侵入したる東学党は目下 晋州附近に在りて 漸次 金海地方に向ふ 鎮圧の為め守備兵一中隊に朝鮮巡査を附し派遣せり

十二 午后七時五十五分 参謀総長より左の電報を受く

衆議院は国民を代表して左の謹謝表を西郷陸海軍大臣に呈せり

我帝国の忠勇なる陸海軍隊の具さに遠征の艱苦を嘗め 平壌黄海に大捷を奏?し 帝国の威武を宣揚せるは国民の深く感激する所なり 衆議院は茲に誠実に国民の意志を表彰す

十八 午后十一時 川上兵站総監へ左の電報を発す

九月中旬より京城 釜山間 兵站路に於て東学党 屡々起り 我軍に妨害を加ふるを以て今猶 兵站守備兵をして鎮圧に従事せしめつつあるは既に報告せし如し 然るに該党の挙動出没 常なく 之を一方に制すれば更に他方に現れ際限あるなく 実ニ守備兵は目下 東西奔走に苦むのみ 殊に去十五日 大鳥公使の要求に依り竜山守備兵の大部分を忠清道に派遣せり 而して全羅 慶尚道も亦 頗る不穏の景况より要するに 兵站事務は常に東学の為め脳まされ 我軍作戦上 至大の関係を有する軍用電線も亦 或は安全なるを保し難し 是れ本官の甚だ憂慮する所なり 依て思ふに此際 更に守備兵二中隊を増し 専ら東学党の撃攘に任じ 至る所 賊を殲滅せしむるは 一挙にして将来の禍根を鋤去するを得へし 而して之が為め朝鮮南部国民の感情を害せんか 我軍全般の利益を計ると其軽重 比す可らす 此等の事実を賢察せられ 速に守備兵増加の御詮議あらんことを切望す

  十月二十三日     火曜 晴

一 午前一時四十分 可興 福富大尉より左の電報あり 依て返電を発す

東学党一万余 利川府の東北約束四千米の地に集合し 将に当部を襲ひ其勢に乗じ忠州を襲はんとす 御注意あれと 利川 田中中尉より急報あり 然るに当部守備兵は各所へ応援として派遣中なれば 病兵以下六名のみ 念の為め通知す

答 兵力不足にて顧慮するあらば 安城 竹山へ派遣の守備隊と恊議せよ

六 午后四時五十分 兵站総監より左の電報あり 依て次の返電を発す

東学党討滅の為め歩兵二中隊増加派遣の件 承知 近日派遣する筈 ○此兵は何れの地に送るべきや 又 今橋少佐の令下に属せしむべきや 或は貴官の直轄と為すべきや 直ぐ申し来れ

答 増加歩兵二中隊は下官の直轄とし 仁川に送られたし 此隊には大隊長 及び成し得れば有為の中隊長を撰み 附属せられんことを望む 是れ中隊を独立して使用すること多からんを顧慮するを以てなり

七 午后六時三十五分 可興 福富大尉より左の電報あり

忠州より当部へ応援を乞ふこと頻りなり 洛東にある藤田の隊より応援致す様 御下命相成度し

十 同時 可興 福富大尉へ左の電報を発す

洛東へ忠州支部応援のことは命ぜり ○曩に電報せし通り 安城 竹山の守備隊へも照会し 忠州方面へ向ふことを告示すべし

十一 同時 洛東 飛鳥井少佐へ今の電報を発す

福富大尉より忠州支部へ応援兵の派遣を乞へり 其地守備隊より相当の兵員を派遣せよ

  十月二十四日     水曜 晴

一 午前六時 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり

東学党 凡そ四千 丹陽に集合し 府使の宅に侵入 婦女を殺傷し 兵器を奪ひ去れり 丹陽府使は逃けて所在知れず 賊は丹陽より東四里許りの処に聚合せりとの報知を得 之を攻擊せんと計画中の処 忠州援兵の御命令あり 依て福富と恊議し 早速 該地へ一分隊を差向け 尚ほニ分隊を橋田少尉に引率せしめ聞慶より丹陽に向け進行せしむる積りに候

三 午前十一時四十分 竜山 曽田少佐へ左の電報を発す

安城 竹山へ派遣の二小隊を引率せし士官は誰なるや ○未だ到着済の報告なきや 若し無ければ至急報告を促せ

  十月二十五日     木曜 晴

一 午前十一時五十分 釜山 今橋少佐より左の電報あり

当地の商人二名は兼て全羅道咸悦県に至り居りしが東学党の為め脅迫暴行に遇ひ 僅に虎口を遁れ 此頃還り来る 東徒の首領は扶安県古阜郡辺なありて 各地の党員を集め京城に進むの計画を為せりと 又 其目的は大院君に意見を述べ 日本人を撃ち攘ふにありと声言し居れりと云ふ ○晋州に出したる我兵より未だ報告なし 今日は晋州に達せしならん

二 午后七時十分 大邱 田中大尉より左の電報あり

昨日 星州に下士以下拾名 偵察として派遣したるもの 今日午后四時十分 帰り 左の報告を為す 今朝六時 星州に東学党を撃退し 馬四 火縄銃五 劍一 喇叭一 天幕一 旗一を分捕せり 敵の死者一 我には死傷なし 捕縛せし者拾一名 内三名は東学党に捕らはれ居りし者 又 東学党は三十余名にして 目下 集合の模様なし 星州人民は日本兵の派遣を慕ふ者の如し 右 不取敢 報告す 委細は後とより書面にて

三 午后九時四十分 川上兵站総監へ電報を発す

井上公使 只今 来着せり 各地の東学党一刀両断の所置 頗る同意 派遣の二中隊は都合次第 早きを乞ふ

四 午后十時 川上兵站総監より左の電報を受く

出兵派遣に付 更に申出の件 承知す 然るに京城守備隊は近日派遣の筈 此兵は必要の時は其一部を京城外の使用に供せしむる見込なり 故に之と貴官直轄歩兵隊の一部とを以てせば 江原 忠清地方の東学党を鎮圧するには充分ならん 之に反して慶尚 全羅の地方は 目下の兵力にては或は不足ならん 兎に角 今後の状況に依り更に意見申出すべし ○仁川 京城間に敷設の鉄道は本式の鉄道にして 近日着手の筈 但 此事は極めて秘密なり ○中路 及 竜山の各兵站地に格納したる糧秣は約六ヶ月の供給に足るの数量を残して他は冬季前に釜山 及 仁川に出すことを努めよ 但 竜山には臨時の為め貯蔵し置くを要す ○後備工兵隊は仁川に招致し貴官の使用に供すべし 石工は不要なれば解雇せよ

五 同時川上兵站総監へ左の電報を発す

曩に朝鮮兵の応援として派遣したる守備隊 途中にて東学党の巨魁一人を捕へ水原府へ預け置きたるに 東学黨は之を奪はんため其牢屋を劫せりとの報ありたる為め朝鮮政府は兵を派せんとし 外務大臣より我兵の援を乞ひたる趣にて 杉村臨時公使代理より出兵の照会あり 依て本日午后五時 当地守備隊より二分隊を水原府へ派遣せり ○曩に派遣しある守備隊は公使の要求あり 一は水原 牙山を経て定山迄 一は竹山 鎮川を経て忠州に至るの予定なり ○全羅道感悦 扶安 古阜 慶尚道開寧 星州等にも同党集合の報告あり

六 午后十時三十分 可興 福富大尉より左の電報あり

東学党千人 当部を襲はんとし 可興の東方 牧渓右岸迄来襲せり 依て守備兵を連れ之を撃退せり 憲兵一名 之に死す 委細は後とより

七 本日午后四時 臨時代理公使 杉村澤 左の電報を持参し出兵を要請す

京城 日本公使館より在仁川 杉村代理公使へ電報

我兵 曩に東学党の巨魁一人を捕ひ 帰往の時迄 水原府に拘留し預け置たるに 東学党は之を取り返さんが為め其牢屋を劫せり 依て朝鮮政府は直ぐ兵を派するに就ては我兵の援けを乞ふ旨 貴官へ電報する様 金外務大臣より依頼あり 右は直ぐ龍山兵站部へ照会すべきや 又は不取敢 武久の巡査にでも送るべきか直ぐ返事待つ

八 右請求に依り仁川守備隊の内より先づ半小隊を派遣することに決し 左の命令を下す

     命令 十月二十五日午后五時
        於 仁川兵站

一 人員未詳の東学党 水原の監獄を劫し朝鮮政府に於て同地に拘留する該党の巨魁を掠主せんとす 朝鮮政府は直に出兵する筈なり

ニ 貴官は半小隊を率ひ即時出発 本夜仁川に宿営し 明二十六日 安陽を経て水原府に至り 韓兵を応援すべし

三 糧食五日分を携行すべし 之が為め駄馬五頭を附与す

            南部兵站監 伊藤祐義
   陸軍歩兵少尉 原田常八殿

     内訓

一 東学党を所分することに就ては 彼れ朝鮮官吏 及 兵隊の所分に任せ 応援の趣旨を守るべし
時機 乗ずべきあれば 進で酷烈の所置を実施し 敢而 仮借する所なかるべし
水原府の所置終れば仁川に帰るべし 其他 臨機の進退は今 訓示すべきなし 責に任じ進退する勿論なり 但し深く進入するに及ばず

            南部兵站監 伊藤祐義

十 本日 可興に於て東学党撃攘の際 憲兵上等兵南海為三郎 戦死す

  十月二十六日     金曜 晴

一 午前九時 川上兵站総監へ左の電報を発す

京城の守備兵三中隊は常置として他に使用せざること緊要なり 東学党に対する中隊 別に派遣の事 更に請求す 速に決行せられんことを望む

二 午前十時五十分 利川 田中中尉より左の電報あり

利川付近の東学党 二十四日より忠州へ向へり 昆池岩附近には尚ほ集合せり、竜山の分遣隊の一部 今日 当地より忠州に向ひ行けり

三 午前十一時三十分 可興 福富大尉へ左の電報を発す

電信の不通は東学党の所為ならん 護衛兵を派し 速に開通せしめよ

五 同時 京城 日本公使館へ左の電報を発す

我兵は昨夜 仁川府に宿営し 本日午前五時 水原府に向ひ出発せり 朝鮮兵は何時出発せしや 返事あれ

六 午后十時五分 京城 吉見少佐へ左の電報を発す

海底電線二哩半 今日 有明丸にて来る 明日 渙隠洞に向て送付する筈 同地に電線の達することの早からんことを御尽力望む ○可興以南電線不通の原因は已に分かりしや如何

七 午后十時二十分 可興 福富大尉より左の電報あり

昨夜 安保兵站東学党の為めに焼失せりと 蓋し夫れ等の原因よりして電信不通になりしが 未だ確報を得ず 東学党は忠州附近に次第に其数を増す 忠州より東方約四里の所 西倉と云ふ地に二万、報恩ちも亦 数万の同黨あり不日 忠州を襲はんとす 又 当地の南方約一里半の内倉にも同党集合し 将に当部を襲ふと唱へ 人心 穏かならず 本日 竜山の援兵来着せしを以て 明日 先づ内倉の賊を払ひ 然る後 忠州に赴援せんとす 但 兵員 未だ充分ならず 尚 若干の援兵を洛東 若くは竜山より派遣せられんことを望む

八 午后十一時 昨夜 水原ニ向ひ出発せる原田歩兵少尉へ命令を与ふ

   命令 十月二十六日午后十一時
      於 仁川兵站監部

一 本日 可興兵站司令官 福富大尉の報告に依るに 忠州 安保附近に東学党集合し 我兵站部を襲撃せるものの如し

ニ 貴官は尓今 水原の賊に対しては深く顧慮するを要せず 該地の情況妨げなければ可興に向ひ急行し 忠州 安保附近に動作する我兵を赴援すべし

三 此命令を伝ふるため明二十七日早朝 乗馬歩兵 下士官等 兵二名は 憲兵一名 変装韓人一名を派遣し 貴官に属せしむ 貴官は此人員を適当に使用すべし

            南部兵站監 伊藤祐義

九 午后十一十一時 京城 井上公使へ左の電報を発す

只今 可興司令官 福富大尉より左の報告あり ○昨夜 安保兵站東学党の為めに焼失せりと 蓋し夫等の原因よりして電信不通なりしが 未だ確報を得ず 東学党は忠州附近に次第に其数を増す 忠州東方約四里の所 西倉と云ふ地に二万 報恩にも又は数万の同党あり 不日 忠州を襲はんとすと 又 同地の南方約一里半の南倉にも同党集合し 将に当部を襲ふと唱へ 人心穏かならず 本日 竜山の援兵来着せしを以て明日 先づ南倉の賊を拂ひ 然る後 忠州に赴援せんとす 但 兵員 未だ充分ならず 尚ほ若干ノ援の兵を洛東 若くは竜山より派遣せられんことを望む

  十月二十七日     土曜 晴

一 午前四時五十五分 平壌 第一軍兵站監部より左の電報あり 直に川上兵站総監 及 井上公使へ電報す

軍司令官より左の電報あり
○昨二十五日未明より鴨緑江を渡り 虎山附近に於て劇戦の後 敵を撃退し 遂に靉江岸の高地を占領す 本日も亦 未明より九連城に向ひ進撃せしに 敵は毫も抵抗する事なく遁逃せり 兵器 弾薬 分捕品 多数なり 軍司令部は午前行で九連城に至る

ニ 午前八時五分 京城 井上公使へ左の電報を発す

可興附近 東学党の状況は昨日 電報したる如し 直に之を増加せんか他より動すべき兵員なし 一昨日 韓兵応援として仁川より水原に派遣せし一隊は同地方 顧慮するなくんば急行 可興に赴援すべきを命じたり

三 午前九時三十分 再び韓兵応援として仁川より水原府に派遣したる二分隊に其地へ赴援すべきを命ぜり 到着するは三十日ならんせ

五 午后二時十分 可興 福富大尉より左の電報あり

昨二十六日午前 安保支部東学党に突撃され苦戦防禦の後 遂に之を追ひ退けたり 同日忠州より安保に至る郵便脚夫は抜刀 敵を斬殺 敵中を横り行囊を全ふしたりと 忠州支部より報告あり 電線不通の原因も右の為めと信ず 今已に全通せり

六 午后二時二十五分 聞慶 出羽少佐より左の電報あり

昨日朝 東学党二千人余 安保支部を襲へり 守備兵 苦戦の末 漸く擊退せり 電信不通 昨夜 使者便にて報告を送りたれ共 延着すべきに付 重ねて概略 報告す

七 午后二時四十分 京城 吉見少佐より左の電報あり

音信不通の原因は安保附近にて東学党 線を断ち 又 水廻場、水安保間にて電柱を切りしに依る 大本営へは届け置けり

八 午后三時 京城 井上公使へ左の電報を発す

可興へ援兵派遣の事 了承 然るに今日午前十時 釜山への電信開通の報告あり 閣下もこれを知られしならん 依て推考するに 可興兵站司令官の為したる攻撃の為め離散したるものと信ず 今 問合せ中なり 故に更に兵を派遣するは暫く見合せ 今後の情況に依て決するも未だ遅しとせざるの見込なり 敢て閣下の意見を問ふ

九 午后三時五十五分 川上兵站総監へ左の電報を発す

昨二十六日午前十時半より可興以南 電信不通となれり 蓋し東学党の所為ならん 其後 可興司令部の報に二十五日夜 安保支部東学党の為め焼失したりと
東学党の事に付 二十五日報告以来の概況は左の如し
○去る二十四日 安保附近に東学党数千人 集合し 聞慶安保の守備兵 之を攻撃 散乱せしむ 二十五日 同党千人 可興司令部を襲はんとす 憲兵 守備兵 之を撃退し 宝?蜀?兵一名 之れに死す 忠州附近にも亦 同黨多党数 集合しあり 福富大尉は之を撃攘せんとし 援護を乞ひ来れるを以て 二十五日 水原に派遣したる二分隊へ 急行 可興に赴援べきを命ぜり

十 午后四時十分 川上兵站総監へ左の電報を発す

電線の不通は全く東学党の所為なる事 確報なり
又 安保支部は昨朝 東学党二千余人の襲擊を受け 寡少の守備兵 之を撃退せり 同支部の火災は訛伝なりし
又 更に水原に出したる守備兵は可興に向はしめたる事は今朝 已に報告せり 其 可興に着するは三十日ならん 是等の兵 達せば忠州附近は顧慮するに足らざるべし

十一 午后四時二十分 京城 井上公使へ左の電報を発す

電線の不通は全く東学党の所為なる事 確報あり
又 安保支部は昨朝 東学党二千人の襲擊を受け 寡少の守備兵 之を擊退せり
竜山より曩に竹山に向て派遣したる守備隊の半小隊は 昨日 利川を経て忠州へ向へたる報告あり 今日は可興に達するならん

十二 午后九時三十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり

本日 藤田大尉は吉田少尉三分隊を引率 尚刕に向ひ 午前八時二十三分開戦 同十一時迄戦ひ 城内に集合せる一千人許りの賊を撃退せり 我兵 死傷なし 賊の死者 五十名 傷者 詳ならず 分捕は馬数十頭 武器沢山なり 其数 追て報告す

十三 同時 釜山 今橋少佐より左の電報あり

川上兵站総監より電報あり 東学党に対する処置は厳烈なるを要す 向後 悉く殺戮すべしと
三浪津へは下士官より通知すべきやを伺ふ

十四 同時 京城 井上公使より左の電報あり

本日昼頃 朝鮮軍務大臣代理 態々 来館して 韓兵 竹山迄進んで駐屯の所 東学党 非常に多く 幾万との数 計られず 将に竹山を襲はんとせり 万一 竹山 陥らば 彼等 進んで龍仁を陥れ 遂に京城に迫る可し 仍而 応援として明日 更に兵二百を派遣する見込なり 然るに該地方に向ひたる日本援兵は 利川 可興等の兵站部 急なりとて其方面に転じたり 就ては竹山の方へ尚ほ援兵の差出方を依頼する旨 申し出でたり 依て考ふるに 此際 該地方に於ける東学党討伐の為め我援兵を派せんとするも 御承知の通り目下 京城の守備兵を分遣する事は頗る不得策に付 可成 貴官の御手許より派兵相成る事に致したし 右は先刻 電報の趣も有れども 前件 軍務大臣代理の申出もあり 其状景 稍 迫りし如く認むるに付 更に申し進む

十五 同時 聞慶 出羽少佐より左の電報あり

今朝六時頃 東学党二千人余 安保兵站支部を襲ひ 四方を囲みて所々に火を放ち劇しく砲撃し 今尚ほ進撃中なり 賊の為めに電線を截られ 報告出来ず 依て大本営へは直接に同文の報告を為し置けり 賊の死体十一名を見出したり 負傷者の数 分らず 我兵 死傷なし バラツク一棟 焼じたり 他は異状なし

十六 午后十一時三十分 大本営 陸軍参謀より左の電報あり 依て次の電報を発す

混成第十二旅団は已に出帆せしや 乗込むべき船は未だ到着せざるや 折返し返事 待つ

答 混成旅団の乗るべき船は昨夜より只今に域け三艘 来り 今 乗船しつゝあり 彼地の模様は川上総監に過刻 報じ置きたり

十七 同時 川上兵站総監へ左の電報を発す

本日午后五時 広島丸 当地に着く 監督将校 植田海軍少尉 報告の大要 左の如し

七日午後十時 仁川 伊藤兵站監 ○ 広島丸は他の運送船と共に二十三日午前八時 大同江を発し 二十四日未明 坎子底下 畢利河口の東 約二里の海岸に着 揚陸を始む 十六艘の内二三を除くの外は午后五時には揚陸を終りしなら 馬船 少き為め 馬の揚陸は大に遅延すべし 揚陸には一つも故障なく 陸戦隊 何も為す所なし 該地は頗る水に乏き様子 砲兵の一部は金家哨に進み 露営せし由 工兵は桟橋に着手す 又 大島丸 明石丸等は支那船十五艘を捕獲せり 此船には材木 臼砲等を積みありし由 二十六日午前六時には長門丸外 大同江に集合せるもの皆 該地に到着 総軍三千艘に内外す

十八 夜十二時 各地へ左の電報を発す

京城 井上公使へ

援軍派遣の事 了承 松坡鎮の守備兵中より凡そ四十名の兵を竜仁 陽智 竹山に向はしむる事を只今 命令せり 韓兵の出発は兎角 後れ勝にして 我兵をして空しく待たしむる如き事 屡々あり 自今は宜しく即決する様 該衙門へ照會せられたし 曩に申進したる如く 二中隊派遣の事は又も大本営に要求したり 右 申進す

釜山 今橋大佐へ

工兵隊は軽装を成し陸路を採り聞慶に至り 同地の兵站司令官と協議し 忠清道東学党を掃討し終れば仁川に来るを命ずべし 石工は雇を解き 便船次第 帰すべし

京城 吉見少佐へ

松坡鎮 宮崎大佐へ左の電報 急使を以て送付せられたし
○槐山 清安附近には東学党 大に集まり 已に一昨日 安保支部を襲ふ 可興附近にも亦 戦ひあり 皆 撃退す 彼れ漸く増加し 或は北に向はんとするものの如し 其地守備兵二分隊は道を竜仁 陽智 竹山に取り 左翼我が守備兵と連絡を謀り 劇烈の手段を尽すべし 一昨日 水原に向け一部隊を出す 此兵可興方面に向ふ事を更に命じ置きし 明日は陰竹附近に達するならん 若し之と合するを得ば 兵を合はして共に運動すべし
分隊は明二十八日午前に出発せしむべし

川上兵站総監へ

一昨日来 東学党の景況 危険の度を増し 已に安保支部を襲ひ 可興の守備兵も亦 戦ふ 目下 専ら兵站路の保護を旨とし 深く進撃するに遑あらず 思ふに 彼の主力は槐山 鎮川 附近にあり 或は北京城に向ふやも計る可らず 夫が為め一昨日来 水原に向て二分隊を派遣したる事は已に報ぜし如し 今日 井上公使よりの照會に 朝鮮官兵は竹山附近にあるも 若しも撃退せやるゝ時は竜仁も亦 危しとの事を以て 明日 更に兵二百を派遣する見込に付 又も此応援として我兵の派遣を乞へり 井上公使も亦 其求を容れ 守備兵派遣の事を申し来り 之に應応ずる見込なり 此の如き状况なるも 我現在の兵力を以ては迚も彼等を殲滅するに足らず 此際 一刀両断の処置を下すにあらずんば 迚も安全を期す可らず 一昨日も請求したる如く 二中隊派遣の事は大至急 断行せられん事 邦家の為め切望の至に堪へず 又 彼れ混成旅団の出発を聞けば 龍山の守備 減少するを察し 京城に向はんとするも計る可らずと雖ども 漢江を渡らしむる如きは断じて為さしめざる所なり

十九 本日 川上兵站総監より郵書を以て左の命令を受く

       命令

一 自今 電線架設枝隊を解散し 臨時南部兵站電信部を置き 陸軍工兵少佐 吉見精を其提理と為し 南部兵站監の管轄とす 其編制 別表の如し

ニ 電線管轄区域は従前の通とす

三 別紙 吉見少佐への命令は 貴官に於て承知の上 同官へ伝達すべし

   明治二十七年十月十九日
                    兵站総監 川上操六

二十 本日 守備隊大隊長 飯盛歩兵少佐 来着に付 仁川 平壌間 守備兵の配賦 及 守備隊長を以てする兵站司令官を左の通 決定す

  仁川 平壌間 守備隊配賦表

[表・備考 略]

十月二十八日     日曜 晴

一 午前七時 大本営陸軍参謀より左の電報あり

其地より第一回に上陸点に向て赴くべき船にて左の事を第二軍参謀長に伝へよ
第一軍は二十六日午前 九連城を掠取せり 敵は重もに毅字 及 明字 両軍にして 宋 及 劉 二氏 之を指揮せるものゝ如し 而して其大部分は安藤県の方位に退去せり 或は猶ほ続て旅順の方向に退去するやも計り難し 注意の為め通報す 右は本日 別に十二浦に通ずる電信にて貴官へ電報し置けり

二 午前十時 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり 依て次の返電を発す

賊の本営より取帰りたる書類を調べしに 各兵站部を襲ふの目的 判然せり 爾後 彼に対する所置は厳酷ならざる可らず 然るに今 報恩等の遠隔地に在る敵を攻撃するには兵員 不足す 若干の増兵を乞ふて報恩附近の賊を悉く殺戮の手段を実行致度候

答 竜山 及 仁川より守備兵 各二分隊を忠州方面へ派遣せり 竜山より出したるは既に忠州附近にあり 仁川より出したるは今日は可興に達するならん 攻撃の事に関しては福富に協議せよ
○分捕り駄馬は使用 差支なし 銃器 其他は焼き棄てよ
○彼に対し厳酷の処置は固より可なり

三 午後零時三十分 京城 井上公使より左の電報あり

韓兵一ヵ隊 今朝 既に発し 明朝 一小隊 発する趣なり

四 午后一時 川上兵站総監へ左の電報を発す

昨夜来の報告に依れば 利川 陽智 竹山 陰竹附近に出没する 最も多く 一は利川 可興等の司令部を襲ひ 一は京城を侵さんとするものゝ如し 増加兵の派遣 最も急を要す 至急 決行あらん事を切望す

五 午后一時四十分 可興 福富大尉へ左の電報を発す

今朝 松坡鎮より二分隊を龍仁 陽智 竹山に向け派遣し 其地附近の守備兵と連絡を謀り 劇烈の手段を尽すべき事を命じたり

六 午后二時 松坡鎮 宮崎へ左の電報を発す

其地のバラツク 及 工兵隊に渡すべき架橋材料 皆 仁川に送れ

七 午后六時三十五分 川上兵站総監より左の電報を受く

京城守備隊は三十日 出発の船にて派遣し 尚ほ亦 三中隊を便船次第 仁川に向け派遣する筈なり
駄馬四五十頭 京城附近に於て買ひ得らるゝや否や取調 至急 返電あれ

八 午后七時十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり

昨日 尚州に於て首領と覚しき者 二名を縛し来り 本日 色々 取調候得共 真を吐かず 言語 彼是を察するに首領とも思はれず 右様の者は当部に於て斬殺して然るべきや

答 東学党斬殺の事 貴官の意見通り実行すべし

九 午后八時五十分 京城井上公使へ左の電報を発す

昨夜来の情況 左の如し
○洛東の守備兵は尚州に向ひ 城内に集合せる一千人余 東学党を撃退し 五十名を斃し二名を捕縛せり
○利川の獄舎に繫ぎありし彼徒十名は 破獄逃亡を企てたるを以て 之を銃殺せり
○水原より可興へ向はしめたる一部は今朝 出発したり

十 午后九時廿五分 京城 井上公使より左の電報あり

三中隊は来る三十日出港の船にて京城に派遣し 猶又 三中隊を便船次第 派遣の筈なりと 総理大臣 并に参謀総長より電報ありたり

十一 本日 三等軍吏 鈴木郡一郎 着任す

十月二十九日     月曜 晴

一 午后一時 可興 福富大尉より左の電報あり 依て次の返電を発す

竜山方より到着せし一分隊を率ひ内倉 及 西倉の東学党を打払ひ 銃 槍 及び火薬 鉛等は悉く焼き払へり 亦 洛東の兵と両方より猛進し 報恩に集合し居る東学党を尽滅したし 就ては兵員不足故 援兵として二三分隊 至急 到着する様 願ひたし

答 仁川より派遣したる二分隊は昨夜 水原を発したり 遅くも明日は其地に着するならん

二 午后二時三十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり

昨夕 善山府に東学党 数千集合 洛東兵站部を襲ひ 尚州の讐を報ぜんとする趣の報知あり 早速 斥候を出し 其景況を察せしむるに 果して報告の如し 仍て二分隊を本日午前第二時 洛東出発 之を攻撃する事を命ぜしに 同六時 善山着 直ちに開戦 同九時 賊を尽く撃退せり 倉庫守衛 浜田寛有 戦死 兵卒一名 負傷 賊の死傷 并に分捕品等も数多なり 其数 追て報告す

三 午后六時 川上兵站総監へ左の電報を発す

曩に利川の獄舎に繫ぎ置きし東学党十名は 破獄逃亡ヲを謀りたるにより皆 之を銃殺したり
○二十八日 可興の守備兵は内倉、西倉の東学党を攘ひ 銃器、槍、火薬、鉛等の分捕品は直に之を焼き棄てたり
○洛東の報に東学党数千 善山に集合し 司令部を襲はんとするの状况に依り 進んで之を撃攘し 司令部雇員 浜田寛有 之に死すと
○報恩附近には多数集合し居るを以て之を撃攘せんとするも 各司令官は兵力少なきを顧慮し居れり 増加の守備隊 到着を待ち一挙に殲滅を謀らん
二十九日午后六時 伊藤兵站

四 午后十時 川上兵站総監へ左の電報を発す

釜山に集りし後備工兵中隊は本日 同地出発 陸路を取り 途中 東学党征伐を為しつゝ仁川に来る事を命じたり

五 午后十一時 洛東 飛鳥井少佐へ左の電報を発す

曩に釜山に背進したる工兵隊へ 東学党討伐の為め陸行 聞慶に来るを命令せり 途中 要するあらば大塚大尉と協議すべし 又 更に守備隊三中隊 増加の筈なり 此際 到着を待て一挙討滅を謀らん 其迠 兵站路の守備 電線の保護 厚く注意せよ

  十月三十日     火曜 晴

一 午前十一時 聞慶 出羽少佐へ左の電報を発す

曩に釜山に集りたる工兵隊へ 東学党討滅の為め聞慶迄来るを命令し 昨日出発したり 其地に着せば大塚大尉へ協議し 討滅の謀るべし 又 更に守備隊三中隊増加の筈なり 此隊 到着せば一挙 之を討滅せんとす 予め示し置く

二 同時 可興 福富大尉へ左の電報を発す

曩に釜山に集りたる工兵隊へ 東学党討滅の為め聞慶迄来るを命令し 昨日 出発したり 又 更に守備隊三中隊 増加の筈なり 此隊到着を待ち一挙 之を討滅せんとす 利川へも達せよ

五 午后二時 洛東 飛鳥井少佐より左の電報

増兵の事 謹承す 夫迄 線路の守備 電線の保護は小官 死力を尽すべし 目下 橋田大尉を台封に 藤田大尉を洛東に置き 海平 台封の守備兵を各二分隊 増加し 賊 善山 尚州 咸昌等に来らば速に攻撃 線路に近接せしめざるの手段を為し居れり 報恩攻撃の形勢を謀り 其機に臨み上申すべし

六 午后四時 大邱 田中大尉より左の電報あり 依て次の返電を発す

去る二十五日 星州にて縛したる八名の内 一名は東学党なることを自白せり(勢力者にあらず) 他の七名は該党の脅迫に依り使役せられし者にして該党にあらざることを認めたり 亦 他十三名は東学党の為めに縛せられし者にて同党に関係なきものなり 右は九月三十日 兵站監の御達により処分方を伺ふ

答 東学党なること自白せしならば監司に引渡し極刑に処せしめよ 其他の者は再び彼徒の使役に応ずるあらば厳刑に処せしむべきを説き示し放免すべし ○東学党討滅の為め釜山へ集りたる工兵隊へ聞慶迄来るべきを命令し 昨日 出発したり 途中 要するあらば大塚大尉へ協議すべし 又 更に守備隊三中隊 増加の筈なり 此隊 到着せば一挙 之を討滅せんとす 予め示し置く

七 午后八時 京城 吉見少佐より左の電報あり

京城 開城間 電線不通の原因は 高陽村に於て野火の為め電柱二 焼け 又 臨津江に於て断線しに依る 高陽は兵站部の直ぐ傍なるも 同指令部にては更に構はず 臨津には特に電線監守の兵卒あるにも係らず断線を知らざりし由 今後 電線には充分注意する様 各指令部へ訓令ありたし ○京城 平壤間の電線は極めて不充分の所 多し 故に明日より技手を平壌に向ひ検査修理の為め出発しめ 馬馳津にある技手にも平壌より南に向ひ検査修理を命じ置けり ○電線不通の原因 大本営へ報告す

  十月三十一日     木曜 晴

二 午后四時十分 洛東 飛鳥井少佐より左の電報あり

トウバク(咸昌縣西方一里)に賊あるを探知し台封守備兵を差向けしに 武器類を捨て戦はずして逃走せり 是れ尚州の敗兵ならん


f:id:ObladiOblako:20210208151301j:image

自明治27年10月5日 至 同11月9日
陣中日誌 南部兵站監部 第3号より(原文)
10月 https://www.jacar.archives.go.jp/das/image/C06062204300

  十月六日     土曜 晴

四 午后三時四十五分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ 仍テ次ノ返電ヲ為ス

安保ノ西方約五里ニ在ル槐山ニ於テ支那人四名捕縛シ 憲兵 守備隊 只今 皈着セリ 目下 取締中 取締済 何レヘ護送スルヤ 指揮ヲ乞フ

答 支那人ハ仁川ニ送レ

五 午后五時三十五分 利川司令官 田中中尉ヨリ左ノ電報アリ

本日利川発 午后七時長湖院ニ於テ支那人三名捕縛セリ 不敢取 報告ス 委細 後トヨリ

  十月八日     月曜 晴

二 午前九時四十分 可興ノ福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ 仍而 次ノ返電ヲ発ス

捕縛セシ支那人ノ携行品 武器ノ外 沢山アリ 皆 其地ヘ送ルヤ 又ハ当部ニ保管シ置クヤ 指揮ヲ待ツ

答 支那人ノ携行品 皆 当地ヘ送レ

  十月九日     火曜 晴

ニ 同時 利川 田中中尉ヨリ左ノ電報アリ

昨日 生捕リタル支那人三名 本日 利川ニ着セリ 明日 当地ヨリ仁川ニ向ケ輸送ス

五 午前十一時二十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ為ス

報恩ニテ支那人四名ヲ縛シタリ 如何處分スヘキヤ 詳細ハ後トヨリ

答 支那人ハ仁川ニ送レ

七 午后三時十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

甲 㞮羽ト打合セ丹陽ノ賊ヲ聞慶 安保ノ両道ヨリ攻擊ノ為メ藤田ハ明十日 鈴木ハ明後十一日 聞慶ニ向ケ㞮発ノ事ヲ命シタリ 右 上申ス

乙 報恩郡ハ東學黨ノ巢窟 支那人四十五名居ルコトヲ探知シ 憲兵 歩兵ヲ以テ捕縛手ヲ編成シ 鈴木大尉ニ二分隊ヲ引率セシメ該地ニ向ハセ置キシニ 支那人四名ヲ縛シ来レリ ○ 東学黨ハ今ハ集合シ居ラサレトモ 近傍 到ル処皆 東學黨ノ村落ナリ

十一 午后七時三十分 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

東学黨ニ關シ先日来 洛東附近 各兵站司令官ノ報告ニ仍ルニ 安東、醴泉 龍宮地方ハ先ツ鎭定ニ帰セシモ豊基、丹陽、報恩郡地方ハ猶ホ該黨ノ巢窟ニシテ 支那人数十名加ハリ居ル由 右 鎭壓ノ為メ目下 附近兵站地ヨリ憲兵 守備兵ヲ配置シツヽアリ 右ハ深ク顧慮スルニ足ラサルモ 察スルニ牙山残兵ノ煽動ニ依ルナラン 先日来 報恩地方其他ニテ支那人 合セテ十二名ヲ捕縛シ 今 仁川ヘ護送中ナリ 詳細ハ後日

  十月十日     水曜 晴

二 正午 釜山今橋少佐ヨリ左ノ電報アリ

全羅道ニ在ル眞ノ東學黨 追々 蔓延ノ萌シアリ 守備兵配賦変換ノ㕝 早ク着手シタシ 然ルニ洛東ノ両司令官ハ一日モ早ク暴民擊退ノ所置ヲ為ス様 御命シ被下度シ

五 午后三時三十分 各地ヘ左ノ電報ヲ発ス

釜山 今橋少佐ヘ ○ 鈴木 藤田ノ隊ハ速ニ任務ヲ果スコトヲ計リ 終レハ洛東ニ集メ 貴官ノ指揮ヲ受ケ進退セシムル様 飛鳥井ニ命シタリ 又 各兵站司令官ヘモ本日 守備配賦変換ヲ通報シ置ケリ 都合次苐 貴官ヨリ直ニ司令官ニ申送リ実行スヘシ

洛東 飛鳥井少佐ヘ ○ 守備兵配賦ノ変換ヲ成ルヘク早ク実行スル必要ヲ生セリ 鈴木 藤田隊ハ速ニ其任務ヲ果スコトヲ計リ 終レハ洛東ニ集メ 今橋ニ通知シ 該隊ハ同官ノ指揮ヲ受ケ進退セシムヘシ

亀浦 松坡鎭間 各司令官ヘ ○ 各兵站地守備兵ノ配賦ヲ近日変換スル筈ナリ 今橋少佐ヨリ通知アレハ実行スヘシ

  十月十一日     木曜 晴

ニ 同時 釜山 今橋少佐ヨリ左ノ電報アリ

全羅道ノ東學黨 来ル廿二三日頃 慶尚道金海ノ方向ニ進ムコトヲ決シタル由 領事ヨリ通報アリ 又 此事ニ關シ領事ヨリ相談モアリ 兵力ヲ要スルニ至ル哉モ知レス 就テハ目下 援兵トシテ大邱司令部ニアル苐四中隊ノ一小隊ヲ直ニ釜山ヘ返スヘキ旨 馬屋原少佐ヘ御命令相成タシ 今ヨリ出発セシムルモ五六日ヲ要スルユヘ 早キ方ヲ希望ス 大邱府ニテハ目下 差支ハアルマイト考ル

五 午前七時三十分 大邱 馬屋原少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

全羅道金海方向 東學黨ヲ打攘ノ為メ 在釜山ノ兵ニテハ稍 不足ナリ 故ニ曩ニ其地ニ派遣セシ苐四中隊ノ一隊ヲ至急 釜山ニ廻セ

十五 午后三時 釜山 今橋少佐ヨリ左ノ電報アリ 依テ左ノ返電ヲ為ス

川上兵站総监ヨリ電報ニテ 室田領事ト協議シ 全羅道河東府ニアル東学黨擊破ノ命アリ 苐四中隊歸着セハ之ニ当地守備兵ノ一部ヲ合シ派遣スルノ見込 河東附近ニ逹スルハ来ル二十日頃トナルヘシ 又 塲合ニ依リ大邱府以南ニアル守備兵ノ幾分ヲ下官ノ見込ニテ臨機使用スルコトヲ豫メ許可アリタシ

答 守備兵臨機使用ノ㕝 許可ス 片岡少佐ヘモ通知セヨ ○ 苐四中隊ノ一小隊ヲ今朝 釜山ヘ向ケ㞮発セシ旨 飛鳥井ヨリ報アリ

  十月十二日     金曜 晴

五 午后二時四十分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

忠刕司令部宛ノ電報答ヘ 槐山ニ於テ支那人捕縛ノ際 憲兵隊 及ヒ守備兵ニテ韓人三名 傷付ケタルニ相違ナシ

  十月十三日     土曜 晴

一 午前零時三十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ發ス

丹陽附近ノ探偵モ出来 時機モ宜シ 又 当部ヨリ西ニテ松面ト云フ所ニ一千名モ集マリ 韓暦二十日ニ聞慶ヲ襲フト云フ風説アリ 旁ニ付 兵ヲ五六十名 急ニ御差㞮ハ㞮来間敷哉ト㞮羽ヨリ申越シタリ 今橋ノ命令ニテ四中隊ハ既ニ㞮発 釜山ニ皈レリ 三中隊 未タ当地ニアリ之ヲ差向クヘキヤ

答 彼是應援ノ為メ兵ヲ出スハ 後来トモ貴官ノ專行ニ任ス 但 其地ノ守備ハ相当ニ準備シ置クコトハ勿論ナリ

六 午后三時十分 聞慶 㞮羽少佐ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

稍 確カナル探偵ニ依レハ 当地ヨリ八里西 松面ト云フ所ニ東學黨千名餘 集リ 韓暦二十日ニ当聞慶ヲ襲フ様子ナリ 之ニ先ンシテ是ヨリ攻擊ヲ致シ度ニ就テハ 洛東ヨリ兵ヲ当地ヘ差シ向ケル様 飛鳥井ヘ御命令アリタシ

答 東學黨攻擊ノ為メ兵ヲ要セハ 飛鳥井ニ要求シ臨機 事ヲ處スヘシ 総テ貴官ノ專行ニ任ス 飛鳥井ハ既ニ承知ノ筈ナリ ○ 忠刕ノ守備兵 槐山ニテ稍ヤ粗暴ノ擧動アリシ由 聞及ヘリ 不都合ナキ様 注意セヨ

  十月十四日     日曜 晴

五 同時 川上兵站総监ヨリ左ノ電報ヲ受ク

忠清道ニ東学黨起リ 將ニ京城ニ進入セントスルノ㔟ヒアル由ニテ 軍隊派遣ノ㕝ヲ大鳥公使ヲ経テ請求アリ 仍テ大鳥公使ヘ兵ノ必要アレハ仁川兵站监部ヘ請求スヘキ旨ヲ通シ置キタリ 請求アレハ相当ノ兵力ヲ派遣スヘシ

六 午后十時 京城 大鳥公使ヘ左ノ電報ヲ発ス

忠清道ノ東學黨ニ對シ㔟ヒ要スレハ軍隊派遣ノ㕝ヲ貴官ヲ経テ大本営ヘ請求アリ 大本営ハ貴官ヨリ下官ニ通知アレハ之ニ應スヘキ旨ヲ令セリ 此頃中 聞慶兵站司令官ヨリ槐山附近ニ東学黨千名程モ集マリ 聞慶ヲ襲ハントスルノ報告アリ 夛少不隱ノ㕝ハ承知スレトモ 詳細ノ㕝ハ未タ了知セス 以後 平壌以南ノ㕝ニ就テハ下官ヘモ報道ヲ煩ハサンコトヲ望ム

七 午后十時三十分 松坡鎭 利川 可興各司令官ヘ左ノ電報ヲ発ス

忠清道ノ東學黨 稍ヤ不隱ノ由 聞キ及ヘリ 注意セヨ 何カ異ルコトアレハ報告スヘシ 此㕝ヲ支部ヘモ傳ヘヨ

  十月十五日     月曜 晴

ニ 午后零時廿五分 京城 大鳥公使ヨリ左ノ電報ヲ受ク 依テ次ノ返電ヲ発ス

東學黨鎭壓ノ為メ韓兵ノ應援トシテ貴官御配下ノ后備兵ヲ京畿道安城 竹山ノ両地ヘ派遣相成様致シタシ 右ニ付 只今 貴官宛郵便差立置キタレトモ 派遣シ得ラルヘキ兵数 前以テ承知致シ度ニ付 御取調 御報ヲ乞フ

答 竜山守備隊ノ内ヨリ安城 竹山ノ両地ヘ一小隊ツヽ派遣ノ見込ナリ

三 午后二時二十分 竜山守備隊長 中山中尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

東學黨鎭壓ノ為メ韓兵ノ應援トシテ其中隊ヨリ二小隊ヲ京畿道安城 竹山ノ両地ヘ派遣スル筈ニ付 㞮発ノ諸準備ヲ整へ後命ヲ待テ 糧食ノ㕝ハ竜山 曽田少佐ト恊議セヨ

四 同時 竜山 曽田少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

東學黨鎭壓ノ為メ竜山守備隊ノ内ヨリ二小隊ヲ京畿道安城 竹山ノ両地ヘ派遣スル見込ナリ 中隊長ト恊議シ 豫メ糧食供給ノ方法ヲ立テ 其用意ヲ為セ ○ 其地ヘ軍吏雇員ヲ送ルコトハ姑ク延引ス

五 午后三時四十分 三浪津 片岡少佐ヨリ左ノ電報アリ

去ル十三日 密陽附近ニ暴民千五六百集合シ 府使 及 轉運使ニ訴フル所アラントシ 竹槍ヲ運ヒ白旗ヲ立テ 其㔟 殆ント密陽府ヲ蹂躙セントス 府使 狼狽 差シ置ク所ヲ知ラス 轉運使 鄭秉夏 密陽支部ニ援助ヲ求メ来ルニ依リ 之ニ應シ鎭撫ニ尽力スレトモ暴民 聞カズ 衆ヲ恃ンテ府内ニ入ラントスルニヨリ 止ムヲ得ス一時 擊チテ退ケ 八名ヲ斃シ 十名ヲ傷ク 死者ハ府使ニ渡シ 傷者ハ軍医ヲシテ一時施療セシメ 府使ヨリ其親戚ニ渡サシメタリ 報告ス 委細郵便

六 午后六時 川上兵站総監ヘ左ノ電報ヲ発ス

忠清道東学黨ノ為メ大鳥公使ヨリ請求ノ件 敬承 忠清道東学黨ニ就テハ未タ兵站司令官ヨリ確実ナル報告ニ接セス 目下穿鑿中ナリ 必要ニ際セハ竜山守備隊ヨリ二小隊ヲ派遣スル見込ナルコトヲ大鳥公使ヘ返㕝シ置ケリ

七 午后六時十分 京城 大鳥公使ヨリ左ノ電報ヲ受ク 依テ次ノ返電ヲ発ス

安城 竹山ヘ一隊ツヽ派遣ノ見込ノ旨 承知セリ 就テハ該隊長ト少時 打合セヲ為シ度ニ付 明日 当舘ヘ㞮頭スル様 御逹被下度シ

答 明日 竜山守備隊長ヲ貴舘ヘ打合セノ為メ出スコトハ逹シ置ケリ ○ 隊長ヘ命令ヲ下ス都合アリ 忠清道東学黨ノ㕝情ヲ御通知アレ

八 同時 竜山守備隊長 中山中尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

守備隊派遣ニ係ハリ大鳥公使ヨリ打合セノ件アル由ニ付 明日 京城公使舘ニ行キ 委細承ハレ

九 午后八時三十分 京城 大鳥公使ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

安城 竹山ヘノ派兵ハ可成 明後日㞮発ノ都合ニ致度ニ付 此段 御協議ニ及フ

答 東学黨擊攘トシテ派遣セル二小隊ハ 明後十七日出発ノ㕝ヲ命セリ

十 午后九時 竜山 曽田少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

竜山守備兵二小隊 東学黨擊攘ノ為メ明後十七日出発セシムヘシ ○ 守備隊長ニ告ク 大鳥公使ヘ面議ノ㕝ハ 過刻電報セシメシ如クナスヘシ

十二 午后十時四十五分 京城 大鳥公使ヨリ左ノ電報ヲ受ク

忠清道ノ東学黨ハ各所ニ集リ 其頭アリテ互ニ相連絡シ 支那ノ敗兵モ亦 其内ニ交ハリ居リ 追々京城方面ニ向テ蔓延ノ㔟アルトテ 各地方官ヨリ頻リニ急報来ルニ依リ 政府ハ大ニ恐レ 外國人モ夛少恐懼セリ 目下 収穫ニ際スレハ 当政府ハ収納前ニ之ヲ鎭定センコトヲ希望セリ 但シ兵力ヲ実地ニ使用セル様ノ㕝ナカルヘシト考フ

十五 昨日 可興ヨリ護送シ来レル支那人四名 嫌疑ナキヲ以テ英國領㕝ヘ引渡ス

  十月十六日     火曜 晴

三 正午 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

忠清道東學黨ノ情况ニ関シ 附近兵站司令官ヨリ未タ何等ノ報告ナキモ 大鳥公使ノ通報ニ依レハ 該黨ハ各所ニ集マリ 互ニ連絡シ 支那敗兵モ其内ニ加ハリ 追々京城方向ニ蔓延スル㔟ヒアル旨 各地方官ヨリ頻リニ急報アリ 朝鮮政府ヨリ既ニ㞮兵ヲ命シタル由ナリ 且ツ公使ヨリ援兵派遣ノ㕝ヲ請取ニ依リ 竜山守備兵ノ内二隊ヲ明十七日安城 竹山ニ向ケ出発セシメ 其任務ニ関シテハ猶ホ隊長ヨリ大鳥公使ヘ委細 打合ハサシム 右 報告ス

八 同時 可興 福冨大尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

新谷憲兵上等兵ハ当分 当地ニ止ム ○ 忠清道東學黨ノ様子如何 報告セヨ

九 午后十時廿五分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

一昨日 忠刕支部ヨリ下士二名 兵卒二名ヲ出シ「タンゲツ」ニ於テ東学党ノ首領「リンシヤクゲン」以下三名ヲ捕獲シタリ 又 昨日 同支部ヨリ下士以下九名 軍夫七名 韓人七名ヲ以テ清風附近域内ノ東学党巢窟ヲ襲ヒ 仝地ノ首領「セイトカン」ヲ斃シ 四名ヲ捕縛シ 賊ノ即死約三十名 彼カ所持セシ小銃二十挺 其他 火薬等 残ラス焼捨テタリ 但し上等兵一名 為メニ負傷ス 委細郵便

十 夜十二時 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

答 可興ノ西南約四里「ヲサ」村ト云フ地ニ東学黨集合ノ由 確報アリ 今朝 憲兵曹長ニ同兵三名ト守備兵八名ヲ附シ 制壓ノ為メ出張サセタル後ヘ 又 利川ヨリ仝黨蜂起ノ急報アリ 直ク司令部付曹長ニ守備兵十名ヲ附シ赴援セシメタル後ヘ 又 忠刕ヨリ曩ニ電報セシ七名ノ捕縛者ヲ送リ来リ人数少く三方ノ㕝ニ應シ兼子困却セリ

  十月十七日     水曜 晴

一 午前十一時四十分 可興 福冨大尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

東学黨ノ情况報告 承知ス 鎭壓の為メ充分 力ヲ尽セ ○ 忠清道安城 竹山ノ両地ヘ朝鮮政府ヨリ㞮兵ス 捕縛者ハ之ニ引渡セ 又 之カ応援トシテ竜山守備隊ヨリ二小隊ヲ本日 同地ヘ向ケ派遣ス 此㕝ヲ利川ヘモ通セヨ

二 同時 松坡鎭 宮嵜少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

東学黨ノ情况報告 承知ス 鎭壓ノ為メ充分 力ヲ尽セ ○ 忠清道安城 竹山ノ両地ヘ朝鮮政府ヨリ㞮兵シ 又 之カ應援トシテ竜山守備隊ヨリ二小隊ヲ本日 同地ヘ派遣ス

三 午後四時十五分 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

曩ニ報告シ置キタル捕縛ノ支那人十二名ノ内 八名ハ当地ニ着手ス 取調ヲ為サシメタルニ眞ノ商人ニシテ 東學黨煽動ノ如キ全ク關係ナキモノト認メ 本邦領事ヲ経テ英国領事ニ照會シ 本国ヘ送還ノ保証ヲ為サシメ 同領事ヘ引渡シタリ 右 報告ス

曩ニ報告シ置キタル捕縛ノ支那人十二名ノ内 八名ハ当地ニ着ス

六 午後七時四十分 在昆池岩 田中中尉ヨリ左ノ電報アリ

昨日 昆池岩附近ニ於テ東学黨蜂起ノ報知ヲ得 利川ヨリ昆池岩ニ来リテ其鎭定ニ着手セシニ 実際 東学黨ニアラサル如キモ巨魁ト覚シキ者二名ヲ
捕縛シ 槍一、火縄銃二、刀二 及 衣類ハ若干分捕リタリ 又 生捕リノ二名ハ只今取調中 右 報告ス

七 午后八時五十分 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

昨夜ノ報二依レハ 去ル十四日 忠刕支部ノ守備兵ハ「タンゲツ」(位置不明)ニテ東学党三名ヲ捕ヘ 又 十五日夜 清風附近ノ東学党ヲ攻擊シ 首領ヲ斃シ 四名ヲ捕ヘ 賊ノ即死 約三十名 彼ノ所持スル小銃二千挺 火薬等 皆焼キ棄テタリ ○ 可興 利川 鳥蜆?附近ニモ東学党集合ノ報アリ 目下 鎭壓ノ為メ憲兵 守備兵派遣中ナリ ○ 安城 竹山ヘ派遣ノ守備隊ハ本日午后 㞮発セリ

  十月十八日     木曜 

三 午前十時四十分 聞慶 㞮羽少佐ヨリ左ノ電報アリ

藤田大尉ニ小隊ヲ引カシメ 偵察トシテ松面ニ遣リタルニ 賊徒 逃ケ去リタルニ依リ 無㕝ニ皈部ス 藤田ノ隊ハ洛東ニ皈セリ

四 午后一時四十分 利川 田中大尉ヨリ左ノ電報アリ

東学党ト称シ 本日 忠清道竹山縣ニ四百名程集合シ 我諸兵站部ヲ襲ハントスル事ヲ聞ケリ 其巨魁ハ馬某ト称ス

六 午后七時三十分 松坡鎭 宮嵜少尉ヨリ左ノ電報アリ

東学党ノ首領 徐相轍 今十八日 昆池岩附近ニ来ルコト探知シタリ 注意セヨト利川 田中中尉ヨリ報シ来リ 不取敢 報ス

八 本日午后三時 竜山守備隊ノ内 二隊 東学党擊壊ノ為メ安城 竹山ヘ向ケ㞮発ス

  十月十九日     金曜 晴

一 午前八時五十分 京城公使舘 杉村書記官ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

近頃 清風附近ニテ東学党ヲ攻擊シタル由 詳細 電報アリタシ

答 去ル十四日 忠刕支部ノ守備兵ハ「タンゲツ」ニテ東学黨ノ首領三名ヲ捕ヘ 十五日夜 清風附近ニテ東学党ヲ攻擊シ 首領ヲ斃シ 四名ヲ捕ヘ 賊ノ即死 約三十名 彼ノ所持スル小銃二千挺 火薬等モ皆 焼キ棄テタリ 十六日 昆池岩附近ニテ首領ラシキ者二名ヲ捕ヘ 槍一、火縄銃二、刀二、及 衣類若干ヲ分捕リタリ 十八日 東学黨ノ首領 徐相轍ハ昆池岩附近ニ来ルヲ探知シ 捕縛ニ着手中ナリ

ニ 午前十一時 利川 田中中尉ヨリ左ノ電報アリ

昆池岩ニテ昨日捕縛セシ二名トモ東学党ナルコトヲ白状セリ 猶ホ軍隊ノ為メ東学党ノ居ル所ヘ案内スルトノコト故 暫ク利川ヘ捕ヘ置クナリ 但シ其内一名ハ昨日捕縛ノ際 受ケシ傷ニテ生命危篤ナリ ○ 東学党ニ關スル大切ナル報告 書面ニテ貴部ヘ出シタ

三 午后九時三十分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

忠刕附近 不隱ノ報アリ 小官 今ヨリ出張ス 委細 後報ス

四 本日 洛東ヨリ支那人捕虜 孫雨田、李順方、趙明湖、劉長生ノ四名ヲ護送シ来ル

六 本日 各兵站司令官ヘ左ノ訓令ヲ発ス

     訓令

慶尚 全羅 忠清 三道ノ東學党 頃日各地ニ集合ス 其目的トスル所 我軍ニ妨害ヲ加ヘ 或ハ日ヲ期シテ兵站地ヲ襲ハントスルモノヽ如シ 此等草賊ノ暴擧 素ヨリ敢テ深ク顧慮スルニ足ラスト雖モ 若シ夫レ我軍用電線ニ妨害ヲ試ル者アランカ 為メニ全軍ノ命脈タル通信ノ途 忽チ断絶シ 其害ノ繫ル所 蓋 尠少ナラサルヘシ 是レ本官カ大ニ憂慮シ措ク能ハサル所ナリ 抑モ朝鮮国内ニ架設スル軍用電線ノ保護ヲ確實ニシ 軍事通信上 毫モ障碍ナカラシムルハ 我兵站部ノ一大責任タルヲ以テ 監守ノ嚴密ヲ惴ルハ實ニ目下ノ最大急務タリ 機ニ臨ミ変ニ應シ 萬遺算ナキヲ期スルハ身ヲ以テ責ニ任スルニ在リ 特ニ茲二各官ヲ戒飭ス

 明治廿七年十月十九日
            南部兵站監 伊藤祐義

  十月二十日     土曜 晴

二 午前九時二十分 大邱 馬屋原少佐ヨリ左ノ電報アリ

昨夜 左ノ事ヲ夛冨兵站支部ヨリ報告アリ 夛冨ヨリ西一里半 「パンシユン」村ヘ暴民二十名 入込ミ 金穀ヲ畧奪セシノ報知ヲ得 偵察トシテ上等兵以下三名 其地ニ向ヒシニ 抵抗セントスルヲ以テ東学黨ト認メ 之ヲ打拂ヒタリト 右ノ報告 畧ニシテ 未タ死傷ノ数知レス 不取敢 報告ス

七 午后九時三十五分 大本営副官ヨリ左ノ電報アリ

衆議院ハ全會一致ヲ以テ政府ノ提出ニ係ル軍㕝費一億五千万円ヲ可決セリ

八 同時 大本営陸軍参謀ヨリ左ノ電報アリ

竜山ニ在ル守備隊ハ此度 貴官ト大鳥公使ト恊議シ 東学黨鎭壓ノ為メ派遣スル二小隊ヲ除キ 幾何アルヤ

  十月二十一日     日曜 晴

一 午前八時 大本営陸軍参謀ヘ左ノ電報ヲ発ス

答 竜山守備兵派遣ニ付 残余ハ目下一小隊ナリ 尤モ今 守備隊ノ配賦ヲ変換シツヽアリ 完成ノ上ハ二中隊(一小隊ト三分隊 欠)トスル豫定ナリ

二 午前八時五十分 竜山 曽田少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

東学黨ノ巨魁 徐相轍ハ京城附近ニ居ルノ報アリ 偵察 捕縛ニ勉メヨ

  十月廿二日     月曜 晴

七 午后一時 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

全羅道ヨリ侵入シタル東学党ハ目下 晋刕附近ニ在リテ 漸次 金海地方ニ向フ 鎭壓ノ為メ守備兵一中隊ニ朝鮮巡査ヲ附シ派遣セリ

十二 午后七時五十五分 参謀総長ヨリ左ノ電報ヲ受ク

衆議院ハ国民ヲ代表シテ左ノ謹謝表ヲ西鄕陸海軍大臣ニ呈セリ

我帝国ノ忠勇ナル陸海軍隊ノ具サニ遠征ノ艱苦ヲ嘗メ 平壌黄海ニ大捷ヲ奏?シ 帝國ノ威武ヲ宣揚セルハ国民ノ深ク感激スル所ナリ 衆議院ハ茲ニ誠実ニ国民ノ意志ヲ表彰ス

十八 午后十一時 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

九月中旬ヨリ京城 釜山間 兵站路ニ於テ東学党 屡々起リ 我軍ニ妨害ヲ加フルヲ以テ今猶 兵站守備兵ヲシテ鎮壓ニ従㕝セシメツヽアルハ既ニ報告セシ如シ 然ルニ該党ノ擧動出没 常ナク 之ヲ一方ニ制スレハ更ニ他方ニ現レ際限アルナク 実ニ守備兵ハ目下 東西奔走ニ苦ムノミ 殊ニ去十五日 大鳥公使ノ要求ニ依リ竜山守備兵ノ大部分ヲ忠清道ニ派遣セリ 而シテ全羅 慶尚道モ亦 頗ル不隱ノ景况ヨリ要スルニ 兵站事務ハ常ニ東学黨ノ為メ脳マサレ 我軍作戦上 至大ノ関係ヲ有スル軍用電線モ亦 或ハ安全ナルヲ保シ難シ 是レ本官ノ甚タ憂慮スル所ナリ 依テ思フニ此際 更ニ守備兵二中隊ヲ増シ 專ラ東学党ノ擊攘ニ任シ 至ル所 賊ヲ殲滅セシムルハ 一挙ニシテ將来ノ禍根ヲ鋤去スルヲ得ヘシ 而シテ之カ為メ朝鮮南部国民ノ感情ヲ害センカ 我軍全般ノ利益ヲ計ルト其軽重 比ス可ラス 此等ノ事実ヲ賢察セラレ 速ニ守備兵増加ノ御詮議アランコトヲ切望ス

  十月廿三日     火曜 晴

一 午前一時四十分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ 依テ返電ヲ発ス

東学党一万余 利川府ノ東北約束四千米ノ地ニ集合シ 將ニ当部ヲ襲ヒ其㔟ニ乗シ忠刕ヲ襲ハントス 御注意アレト 利川 田中中尉ヨリ急報アリ 然ルニ当部守備兵ハ各所ヘ應援トシテ派遣中ナレハ 病兵以下六名ノミ 念ノ為メ通知ス

答 兵力不足ニテ顧慮スルアラハ 安城 竹山ヘ派遣ノ守備隊ト恊議セヨ

六 午后四時五十分 兵站総监ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

東学党討滅ノ為メ歩兵二中隊増加派遣ノ件 承知 近日派遣スル筈 ○ 此兵ハ何レノ地ニ送ルヘキヤ 又 今橋少佐ノ令下ニ属セシムヘキヤ 或ハ貴官ノ直轄ト為スヘキヤ 直ク申シ来レ

答 増加歩兵二中隊ハ下官ノ直轄トシ 仁川ニ送ラレタシ 此隊ニハ大隊長 及ヒ成シ得レハ有為ノ中隊長ヲ撰ミ 附属セラレンコトヲ望ム 是レ中隊ヲ独立シテ使用スルコト夛カランヲ顧慮スルヲ以テナリ

七 午后六時三十五分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

忠刕ヨリ当部ヘ應援ヲ乞フコト頻リナリ 洛東ニアル藤田ノ隊ヨリ應援致ス様 御下命相成度シ

十 同時 可興 福冨大尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

洛東ヘ忠刕支部應援ノコトハ命セリ ○ 曩ニ電報セシ通リ 安城 竹山ノ守備隊ヘモ照會シ 忠刕方面ヘ向フコトヲ告示スへシ

十一 同時 洛東 飛鳥井少佐ヘ今ノ電報ヲ發ス

福冨大尉ヨリ忠刕支部ヘ應援兵ノ派遣ヲ乞ヘリ 其地守備隊ヨリ相当ノ兵員ヲ派遣セヨ

  十月廿四日     水曜 晴

一 午前六時 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

東学黨 凡ソ四千 丹陽ニ集合シ 府使ノ宅ニ侵入 婦女ヲ殺傷シ 兵器ヲ奪ヒ去レリ 丹陽府使ハ逃ケテ所在知レス 賊ハ丹陽ヨリ東四里許リノ処ニ聚合セリトノ報知ヲ得 之ヲ攻擊セント計画中ノ処 忠刕援兵ノ御命令アリ 依テ福冨ト恊議シ 早速 該地ヘ一分隊ヲ差向ケ 尚ホニ分隊ヲ橋田少尉ニ引卒セシメ聞慶ヨリ丹陽ニ向ケ進行セシムル積リニ候

三 午前十一時四十分 竜山 曽田少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

安城 竹山ヘ派遣ノ二小隊ヲ引卒セシ士官ハ誰ナルヤ ○ 未タ到着済ノ報告ナキヤ 若シ無ケレハ至急報告ヲ促セ

  十月廿五日     木曜 晴

一 午前十一時五十分 釜山 今橋少佐ヨリ左ノ電報アリ

当地ノ商人二名ハ兼テ全羅道咸悦縣ニ至リ居リシカ東学黨ノ為メ脅迫暴行ニ遇ヒ 僅ニ虎口ヲ遁レ 此頃還リ来ル 東徒ノ首領ハ扶安縣古阜郡辺ニアリテ 各地ノ黨員ヲ集メ京城ニ進ムノ計画ヲ為セリト 又 其目的ハ大院君ニ意見ヲ述ヘ 日本人ヲ擊チ攘フニアリト聲言シ居レリト云フ ○ 晋刕ニ㞮シタル我兵ヨリ未タ報告ナシ 今日ハ晋刕ニ達セシナラン

二 午后七時十分 大邱 田中大尉ヨリ左ノ電報アリ

昨日 星刕ニ下士以下拾名 偵察トシテ派遣シタルモノ 今日午后四時十分 皈リ 左ノ報告ヲ為ス 今朝六時 星刕ニ東学黨ヲ擊退シ 馬四 火縄銃五 劍一 喇叭一 天幕一 旗一ヲ分捕セリ 敵ノ死者一 我ニハ死傷ナシ 捕縛セシ者拾一名 内三名ハ東学党ニ捕ハレ居リシ者 又 東学党ハ三十餘名ニシテ 目下 集合ノ模様ナシ 星刕人民ハ日本兵ノ派遣ヲ撰慕フ者ノ如シ 右 不取敢 報告ス 委細ハ後トヨリ書面ニテ

三 午后九時四十分 川上兵站総监ヘ電報ヲ発ス

井上公使 只今 来着セリ 各地ノ東学黨一刀両断ノ所置 頗ル同意 派遣ノ二中隊ハ都合次苐 早キヲ乞フ

四 午后十時 川上兵站総监ヨリ左ノ電報ヲ受ク

㞮兵派遣ニ付 更ニ申㞮ノ件 承知ス 然ルニ京城守備隊ハ近日派遣ノ筈 此兵ハ必要ノ時ハ其一部ヲ京城外ノ使用ニ供セシムル見込ナリ 故ニ之ト貴官直轄歩兵隊ノ一部トヲ以テセハ 江原 忠清地方ノ東学黨ヲ鎭壓スルニハ充分ナラン 之ニ反シテ慶尚 全羅ノ地方ハ 目下ノ兵力ニテハ或ハ不足ナラン 兎ニ角 今後ノ状况ニ依リ更ニ意見申㞮スヘシ ○ 仁川 京城間ニ敷設ノ鉄道ハ本式ノ鉄道ニシテ 近日着手ノ筈 但 此㕝ハ極メテ秘密ナリ ○ 中路 及 竜山ノ各兵站地ニ格納シタル糧秣ハ約六ヶ月ノ供給ニ足ルノ数量ヲ残シテ他ハ冬季前ニ釜山 及 仁川ニ出スコトヲ努メヨ 但 竜山ニハ臨時ノ為メ貯蔵シ置クヲ要ス ○ 後備工兵隊ハ仁川ニ招致シ貴官ノ使用ニ供スヘシ 石工ハ不要ナレハ解雇セヨ

五 同時川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

曩ニ朝鮮兵ノ應援トシテ派遣シタル守備隊 途中ニテ東学黨ノ巨魁一人ヲ捕へ水原府ヘ預ケ置キタルニ 東学黨ハ之ヲ奪ハンタメ其牢屋ヲ劫セリトノ報アリタル為メ朝鮮政府ハ兵ヲ派セントシ 外務大臣ヨリ我兵ノ援ヲ乞ヒタル趣ニテ 杉村臨時公使代理ヨリ㞮兵ノ照會アリ 依テ本日午后五時 当地守備隊ヨリ二分隊ヲ水原府ヘ派遣セリ ○ 曩ニ派遣シアル守備隊ハ公使ノ要求アリ 一ハ水原 牙山ヲ経テ定山迠 一ハ竹山 鎭川ヲ経テ忠刕ニ至ルノ豫定ナリ ○ 全羅道感悦 扶安 古阜 慶尚道開寧 星刕等ニモ同黨集合ノ報告アリ

六 午后十時三十分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

東學黨千人 当部ヲ襲ハントシ 可興ノ東方 牧溪右岸迠来襲セリ 依テ守備兵ヲ連レ之ヲ擊退セリ 憲兵一名 之ニ死ス 委細ハ後トヨリ

七 本日午后四時 臨時代理公使 杉村澤 左ノ電報ヲ持参シ出兵ヲ要請ス

京城 日本公使館ヨリ在仁川 杉村代理公使ヘ電報

我兵 曩ニ東学党ノ巨魁一人ヲ捕ヒ 皈往ノ時迠 水原府ニ拘留シ預ケ置タルニ 東学党ハ之ヲ取リ返サンカ為メ其牢屋ヲ劫セリ 依テ朝鮮政府ハ直ク兵ヲ派スルニ就テハ我兵ノ援ケヲ乞フ旨 貴官ヘ電報スル様 金外務大臣ヨリ依頼アリ 右ハ直ク龍山兵站部ヘ照會スヘキヤ 又ハ不取敢 武久ノ巡査ニテモ送ルヘキカ直ク返㕝待ツ

八 右請求ニ依リ仁川守備隊ノ内ヨリ先ツ半小隊ヲ派遣スルコトニ決シ 左ノ命令ヲ下ス

     命令 十月廿五日午后五時
        於 仁川兵站监部

一 人員未詳ノ東学党 水原ノ監獄ヲ劫シ朝鮮政府ニ於テ同地ニ拘留スル該党ノ巨魁ヲ掠主セントス 朝鮮政府ハ直ニ出兵スル筈ナリ

ニ 貴官ハ半小隊ヲ率ヒ即時出発 本夜仁川ニ宿営シ明廿六日 安陽ヲ経テ水原府ニ至リ 韓兵ヲ應援スヘシ

三 糧食五日分ヲ携行スヘシ 之カ為メ駄馬五頭ヲ附與ス

            南部兵站监 伊藤祐義
   陸軍歩兵少尉 原田常八殿

     内訓

一 東学黨ヲ所分スルコトニ就テハ 彼レ朝鮮官吏 及 兵隊ノ所分ニ任セ 應援ノ趣旨ヲ守ルヘシ
時機 乗スヘキアレハ 進テ酷烈ノ所置ヲ実施シ 敢而 仮借スル所ナカルヘシ
水原府ノ所置終レハ仁川ニ皈ルヘシ 其他 臨機ノ進退ハ今 訓示スヘキナレ 責ニ任シ進退スル勿論ナリ 但シ深ク進入スルニ及ハス

            南部兵站監 伊藤祐義

十 本日 可興ニ於テ東学党擊攘ノ際 憲兵上等兵南海為三郎 戦死ス

  十月廿六日     金曜 晴

一 午前九時 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

京城ノ守備兵三中隊ハ常置トシテ他ニ使用セサルコト緊要ナリ 東学党ニ對スル二中隊 別ニ派遣ノ㕝 更ニ請求ス 速ニ決行セラレンコトヲ望ム

二 午前十時五十分 利川 田中中尉ヨリ左ノ電報アリ

利川付近ノ東学党 廿四日ヨリ忠刕ヘ向ヘリ 昆池岩附近ニハ尚ホ集合セリ、竜山ノ分遣隊ノ一部 今日 当地ヨリ忠刕ニ向ヒ行ケリ

三 午前十一時三十分 可興 福冨大尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

電信ノ不通ハ東学党ノ所為ナラン 護衛兵ヲ派シ 速ニ開通セシメヨ

五 同時 京城 日本公使館ヘ左ノ電報ヲ発ス

我兵ハ昨夜 仁川府ニ宿営シ 本日午前五時 水原府ニ向ヒ出発セリ 朝鮮兵ハ何時出発セシヤ 返事アレ

六 午后十時五分 京城 吉見少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

海底電線二哩半 今日 有明丸ニテ来ル 明日 渙隱洞ニ向テ送付スル筈 同地ニ電線ノ達スルコトノ早カランコトヲ御尽力望ム ○可興以南電線不通ノ原因ハ已ニ分カリシヤ如何

七 午后十時二十分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

昨夜 安保兵站東学党ノ為メニ燒失セリト 蓋シ夫レ等ノ原因ヨリシテ電信不通ニナリシカ 未タ確報ヲ得ス 東学黨ハ忠刕附近ニ次苐ニ其数ヲ増ス 忠刕ヨリ東方約四里ノ所 西倉ト云フ地ニ二万、報恩ニモ亦 数万ノ同黨アリ 不日 忠刕ヲ襲ハントス 又 当地ノ南方約一里半ノ内倉ニモ同党集合シ 將ニ当部ヲ襲フト唱ヘ 人心 穩カナラス 本日 竜山ノ援兵来着セシヲ以テ 明日 先ツ内倉ノ賊ヲ拂ヒ 然ル後 忠刕ニ赴援セントス 但 兵員 未タ充分ナラス 尚 若干ノ援兵ヲ洛東 若クハ竜山ヨリ派遣セラレンコトヲ望ム

八 午后十一時 昨夜 水原ニ向ヒ出発セル原田歩兵少尉ヘ命令ヲ與フ

   命令 十月廿六日午后十一時
      於 仁川兵站监部

一 本日 可興兵站司令官 福冨大尉ノ報告ニ依ルニ 忠刕 安保附近ニ東学黨集合シ 我兵站部ヲ襲擊セルモノヽ如シ

ニ 貴官ハ尓今 水原ノ賊ニ對シテハ深ク顧慮スルヲ要セス 該地ノ情况妨ケナケレハ可興ニ向ヒ急行シ 忠刕 安保附近ニ動作スル我兵ヲ赴援スヘシ

三 此命令ヲ傳フルタメ明廿七日早朝 乗馬歩兵 下士官等 兵二名ハ憲兵一名 変装韓人一名ヲ派遣シ 貴官ニ属セシム 貴官ハ此人員ヲ適当ニ使用スヘシ

            南部兵站监 伊藤祐義

九 午后十一十一時 京城 井上公使ヘ左ノ電報ヲ発ス

只今 可興司令官 福冨大尉ヨリ左ノ報告アリ ○ 昨夜 安保兵站東学党ノ為メニ燒失セリト 蓋シ夫等ノ原因ヨリシテ電信不通ナリシカ 未タ確報ヲ得ス 東学党ハ忠刕附近ニ次苐ニ其数ヲ増ス 忠刕東方約四里ノ所 西倉ト云フ地ニ二万 報恩ニモ又ハ数万ノ同党アリ 不日 忠刕ヲ襲ハントスト 又 同地ノ南方約一里半ノ南倉ニモ同党集合シ 將ニ当部ヲ襲フト唱ヘ 人心穩カナラス 本日 竜山ノ援兵来着セシヲ以テ明日 先ツ南倉ノ賊ヲ拂ヒ 然ル後 忠刕ニ赴援セントス 但 兵員 未タ充分ナラス 尚ホ若干ノ援兵ヲ洛東 若クハ竜山ヨリ派遣セラレンコトヲ望ム

  十月廿七日     土曜 晴

一 午前四時五十五分 平壌 苐一軍兵站监部ヨリ左ノ電報アリ 直ニ川上兵站総监 及 井上公使ヘ電報ス

軍司令官ヨリ左ノ電報アリ ○ 昨二十五日未明ヨリ鴨緑江ヲ渡リ 虎山附近ニ於テ劇戦ノ後 敵ヲ擊退シ 遂ニ靉江岸ノ髙地ヲ占領ス 本日モ亦 未明ヨリ九連城ニ向ヒ進擊セシニ 敵ハ毫モ抵抗スルコトナク遁逃セリ 兵器 弾薬 分捕品 夛数ナリ 軍司令部ハ午前行テ九連城ニ至ル

ニ 午前八時五分 京城 井上公使ヘ左ノ電報ヲ発ス

可興附近 東学党ノ状况ハ昨日 電報シタル如シ 直ニ之ヲ増加センカ他ヨリ動スヘキ兵員ナシ 一昨日 韓兵應援トシテ仁川ヨリ水原ニ派遣セシ一隊ハ同地方 顧慮スルナクンハ急行 可興ニ赴援スヘキヲ命シタリ

三 午前九時三十分 再ヒ韓兵應援トシテ仁川ヨリ水原府ニ派遣シタル二分隊ニ其地ヘ赴援スヘキヲ命セリ 到着スルハ三十日ナラン

五 午后二時十分 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ

昨二十六日午前 安保支部東学党ニ突擊サレ苦戦防禦ノ後 遂ニ之ヲ追ヒ退ケタリ 同日忠刕ヨリ安保ニ至ル郵便脚夫ハ抜刀 敵ヲ斬殺 敵中ヲ横リ行囊ヲ全フシタリト 忠刕支部ヨリ報告アリ 電線不通ノ原因モ右ノ為メト信ス 今已ニ全通セリ

六 午后二時二十五分 聞慶 出羽少佐ヨリ左ノ電報アリ

昨日朝 東学党二千人余 安保支部ヲ襲ヘリ 守備兵 苦戦ノ末 漸ク擊退セリ 電信不通 昨夜 使者便ニテ報告ヲ送リタレ共 延着スヘキニ付 重ネテ槪畧 報告ス

七 午后二時四十分 京城 吉見少佐ヨリ左ノ電報アリ

音信不通ノ原因ハ安保附近ニテ東学党 線ヲ断チ 又 水廻塲、水安保間ニテ電柱ヲ切リシニ依ル 大本営ヘハ届ケ置ケリ

八 午后三時 京城 井上公使ヘ左ノ電報ヲ發ス

可興ヘ援兵派遣ノ事 了承 然ルニ今日午前十時 釜山ヘノ電信開通ノ報告アリ 閣下モコレヲ知ラレシナラン 依テ推考スルニ 可興兵站司令官ノ為シタル攻擊ノ為メ離散シタルモノト信ス 今 問合セ中ナリ 故ニ更ニ兵ヲ派遣スルハ暫ク見合セ 今後ノ情况ニ依テ決スルモ未タ遅シトセサルノ見込ナリ 敢テ閣下ノ意見ヲ問フ

九 午后三時五十五分 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

昨二十六日午前十時半ヨリ可興以南 電信不通トナレリ 蓋シ東学党ノ所為ナラン 其後 可興司令部ノ報ニ廿五日夜 安保支部東学党ノ為メ燒失シタリト ○ 東学党ノ㕝ニ付 二十五日報告以来ノ槪况ハ左ノ如シ ○ 去ル廿四日 安保附近ニ東学党数千人 集合シ 聞慶安保ノ守備兵 之ヲ攻擊 散乱セシム 廿五日 同党千人 可興司令部ヲ襲ハントス 憲兵 守備兵 之ヲ擊退シ 憲兵一名 之レニ死ス 忠刕附近ニモ亦 同黨多数 集合シアリ 福冨大尉ハ之ヲ擊攘セントシ 援護ヲ乞ヒ来レルヲ以テ 廿五日 水原ニ派遣シタル二分隊ヘ急行 可興ニ赴援スヘキヲ命セリ

十 午后四時十分 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ發ス

電線ノ不通ハ全ク東学黨ノ所為ナルコト確報ナリ」又 安保支部ハ昨朝 東学党二千余人ノ襲擊ヲ受ケ 寡少ノ守備兵 之ヲ擊退セリ 同支部ノ火災ハ訛傳ナリシ」又 更ニ水原ニ㞮シタル守備兵ハ可興ニ向ハシメタル事ハ今朝 已ニ報告セリ 其可興ニ着スルハ卅日ナラン 是等ノ兵 達セハ忠刕附近ハ顧慮スルニ足ラサルベシ

十一 午后四時二十分 京城 井上公使ヘ左ノ電報ヲ発ス

電線ノ不通ハ全ク東学党ノ所為ナルコト確報アリ」又 安保支部ハ昨朝 東学党二千人ノ襲擊ヲ受ケ 寡少ノ守備兵 之ヲ擊退セリ」竜山ヨリ曩ニ竹山ニ向テ派遣シタル守備隊ノ半小隊ハ昨日 利川ヲ経テ忠刕ヘ向ヘタル報告アリ 今日ハ可興ニ達スルナラン

十二 午后九時三十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

本日 藤田大尉ハ吉田少尉三分隊ヲ引卒 尚刕ニ向ヒ 午前八時廿三分開戰 仝十一時迠戦ヒ 城内ニ集合セル一千人許リノ賊ヲ擊退セリ 我兵 死傷ナシ 賊ノ死者 五十名 傷者 詳ナラス 分捕ハ馬数十頭 武器沢山ナリ 其数 追テ報告ス

十三 同時 釜山 今橋少佐ヨリ左ノ電報アリ

川上兵站総监ヨリ電報アリ 東学黨ニ對スル處置ハ嚴烈ナルヲ要ス 向後 悉ク殺戮スヘシト ○ 三浪津ヘハ下官ヨリ通知スヘキヤヲ伺フ

十四 同時 京城 井上公使ヨリ左ノ電報アリ

本日晝頃 朝鮮軍務大臣代理 態々 来館シテ 韓兵 竹山迠進ンテ駐屯ノ所 東学党 非常ニ夛ク 幾万トノ数 計ラレス 將ニ竹山ヲ襲ハントセリ 萬一 竹山 陥ラハ彼等 進ンテ龍仁ヲ陥レ 遂ニ京城ニ迫ル可シ 仍而 應援トシテ明日 更ニ兵二百ヲ派遣スル見込ナリ 然ルニ該地方ニ向ヒタル日本援兵ハ 利川 可興等ノ兵站部 急ナリトテ其方面ニ轉シタリ 就テハ竹山ノ方ヘ尚ホ援兵ノ差出方ヲ依頼スル旨 申シ出テタリ 依テ考フルニ 此際 該地方ニ於ケル東学党討伐ノ為メ我援兵ヲ派セントスルモ 御承知ノ通リ目下 京城ノ守備兵ヲ分遣スル㕝ハ頗ル不得策ニ付 可成 貴官ノ御手許ヨリ派兵相成ル事ニ致シタシ 右ハ先刻 電報ノ趣モ有レトモ 前件 軍務大臣代理ノ申出モアリ 其状景 稍 迫リシ如ク認ムルニ付 更ニ申シ進ム

十五 同時 聞慶 出羽少佐ヨリ左ノ電報アリ

今朝六時頃 東学黨二千人餘 安保兵站支部ヲ襲ヒ 四方ヲ囲ミテ所々ニ火ヲ放チ劇シク砲擊シ 今尚ホ進擊中ナリ 賊ノ為メニ電線ヲ截ラレ 報告出来ズ 依テ大本営ヘハ直接ニ同文ノ報告ヲ為シ置ケリ 賊ノ死体十一名ヲ見出シタリ 負傷者ノ数 分ラズ 我兵 死傷ナシ バラツク一棟 燒シタリ 他ハ異状ナシ

十八 夜十二時 各地ヘ左ノ電報ヲ発ス

京城 井上公使ヘ 援軍派遣ノ事 了承 松坡鎭ノ守備兵中ヨリ凡ソ四十名ノ兵ヲ竜仁 陽智 竹山ニ向ハシムル事ヲ只今 命令セリ 韓兵ノ出発ハ兎角 後レ勝ニシテ 我兵ヲシテ空シク待タシムル如キ事 屡々アリ 自今ハ宜シク即決スル様 該衙門ヘ照會セラレタシ 曩ニ申進シタル如ク 二中隊派遣ノ事ハ又モ大本営ニ要求シタリ 右 申進ス

釜山 今橋大佐ヘ 工兵隊ハ軽装ヲ成シ陸路ヲ採リ聞慶ニ至リ 同地ノ兵站司令官ト協議シ 忠清道東学党ヲ掃討シ終レハ仁川ニ来ルヲ命スヘシ 石工ハ雇ヲ解キ 便舩次苐 帰スベシ

京城 吉見少佐ヘ 松坡鎭 宮㟢大佐ヘ左ノ電報 急使ヲ以テ送付セラレタシ ○ 槐山 清安附近ニハ東学党 大ニ集マリ 已ニ一昨日 安保支部ヲ襲フ 可興附近ニモ亦 戦ヒアリ 皆 擊退ス 彼レ漸ク増加シ 或ハ北ニ向ハントスルモノノ如シ 其地守備兵二分隊ハ道ヲ竜仁 陽智 竹山ニ取リ 左翼我カ守備兵ト連絡ヲ謀リ 劇烈ノ手段ヲ尽スヘシ 一昨日 水原ニ向ケ一部隊ヲ㞮ス 此兵可興方面ニ向フ叓ヲ更ニ命シ置キシ 明日ハ隂竹附近ニ達スルナラン 若シ之ト合スルヲ得ハ 兵ヲ合ハシテ共ニ運動スヘシ」二分隊ハ明廿八日午前ニ出発セシムヘシ

川上兵站総监ヘ 一昨日来 東学党ノ景况 危險ノ度ヲ増シ 已ニ安保支部ヲ襲ヒ 可興ノ守備兵モ亦 戰フ 目下 專ラ兵站路ノ保護ヲ旨トシ 深ク進擊スルニ暇アラス 思フニ 彼ノ主力ハ槐山 鎭川 附近ニアリ 或ハ北京城ニ向フヤモ計ル可ラス 夫カ為メ一昨日来 水原ニ向テ二分隊ヲ派遣シタルコトハ已ニ報セシ如シ 今日 井上公使ヨリノ照會ニ 朝鮮官兵ハ竹山附近ニアルモ 若シモ擊退セラルヽ時ハ竜仁モ亦 危シトノ事ヲ以テ 明日 更ニ兵二百ヲ派遣スル見込ニ付 又モ此應援トシテ我兵ノ派遣ヲ乞ヘリ 井上公使モ亦 其求ヲ容レ 守備兵派遣ノ㕝ヲ申シ来リ 之ニ應スル見込ナリ 此ノ如キ状况ナルモ 我現在ノ兵力ヲ以テハ迚モ彼等ヲ殲滅スルニ足ラス 此際 一刀両断ノ處置ヲ下スニアラスンバ迚モ安全ヲ期ス可ラス 一昨日モ請求シタル如ク 二中隊派遣ノ事ハ大至急 断行セラレン事 邦家ノ為メ切望ノ至ニ堪ヘス 又 彼レ混成旅團ノ㞮発ヲ聞ケハ 龍山ノ守備 減少スルヲ察シ 京城ニ向ハントスルモ計ル可ラスト虽トモ 漢江ヲ渡ラシムル如キハ断シテ為サシメサル所ナリ

  十月二十八日     日曜 晴

一 午前七時 大本営陸軍参謀ヨリ左ノ電報アリ

其地ヨリ苐一囬ニ上陸点ニ向テ赴クヘキ舩ニテ左ノ事ヲ苐二軍参謀長ニ傳ヘヨ 苐一軍ハ廿六日午前 九連城ヲ掠取セリ 敵ハ重モニ毅字 及 明字 両軍ニシテ 宋 及 劉 二氏 之ヲ指揮セルモノヽ如シ 而シテ其大部分ハ安藤縣ノ方位ニ退去セリ 或ハ猶ホ続テ旅順ノ方向ニ退去スルヤモ計リ難シ 注意ノ為メ通報ス 右ハ本日 別ニ十二浦ニ通スル電信ニテ貴官ヘ電報シ置ケリ

二 午前十時 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

賊ノ本営ヨリ取皈リタル書類ヲ調ヘシニ 各兵站部ヲ襲フノ目的 判然セリ 爾後 彼ニ對スル所置ハ嚴酷ナラサル可ラス 然ルニ今 報恩等ノ遠隔地ニ在ル敵ヲ攻擊スルニハ兵員 不足ス 若干ノ増兵ヲ乞フテ報恩附近ノ賊ヲ悉ク殺戮ノ手段ヲ実行致度候

答 竜山 及 仁川ヨリ守備兵 各二分隊ヲ忠刕方面ヘ派遣セリ 竜山ヨリ出シタルハ既ニ忠刕附近ニアリ 仁川ヨリ出シタルハ今日ハ可興ニ達スルナラン 攻擊ノ㕝ニ關シテハ福冨ニ協議セヨ ○ 分捕リ駄馬ハ使用 差支ナシ 銃器 其他ハ燒キ棄テヨ ○彼ニ對シ嚴酷ノ處置ハ固ヨリ可ナリ

三 午後零時三十分 京城 井上公使ヨリ左ノ電報アリ

韓兵一ヵ隊 今朝 既ニ発シ 明朝 一小隊 発スル趣ナリ

四 午后一時 川上兵站総監ヘ左ノ電報ヲ発ス

昨夜来ノ報告ニ依レハ 利川 陽智 竹山 陰竹附近ニ㞮没スル 最モ夛ク 一ハ利川 可興等ノ司令部ヲ襲ヒ 一ハ京城ヲ侵サントスルモノヽ如シ 増加兵ノ派遣 最モ急ヲ要ス 至急 決行アランコトヲ切望ス

五 午后一時四十分 可興 福冨大尉ヘ左ノ電報ヲ発ス

今朝 松坡鎭ヨリ二分隊ヲ龍仁 陽智 竹山ニ向ケ派遣シ 其地附近ノ守備兵ト連絡ヲ謀リ 劇烈ノ手段ヲ尽スヘキ事ヲ命シタリ

七 午后六時三十五分 川上兵站総监ヨリ左ノ電報ヲ受ク

京城守備隊ハ三十日 出発ノ船ニテ派遣シ 尚ホ亦 三中隊ヲ便舩次苐 仁川ニ向ケ派遣スル筈ナリ」駄馬四五十頭 京城附近ニ於テ買ヒ得ラルヽヤ否ヤ取調 至急 返電アレ

八 午后七時十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

昨日 尚刕ニ於テ首領ト覚シキ者 二名ヲ縛シ来リ 本日 色々 取調候得共 真ヲ吐カズ 言語 彼是ヲ察スルニ首領トモ思ハレス 右様ノ者ハ当部ニ於テ斬殺シテ然ルヘキヤ

答 東学党斬殺ノ事 貴官ノ意見通リ実行スヘシ

九 午后八時五十分 京城井上公使ヘ左ノ電報ヲ発ス

昨夜来ノ情况 左ノ如シ ○ 洛東ノ守備兵ハ尚刕ニ向ヒ城内ニ集合セル一千人餘 東学党ヲ擊退シ 五十名ヲ斃シ二名ヲ捕縛セリ ○ 利川ノ獄舎ニ繫キアリシ彼徒十名ハ 破獄逃亡ヲ企テタルヲ以テ 之ヲ銃殺セリ ○ 水原ヨリ可興ヘ向ハシメタル一部ハ今朝 㞮發シタリ

十 午后九時廿五分 京城 井上公使ヨリ左ノ電報アリ

三中隊ハ来ル三十日㞮港ノ舩ニテ京城ニ派遣シ 猶又 三中隊ヲ便舩次苐 派遣ノ筈ナリト 総理大臣 并ニ参謀総長ヨリ電報アリタリ

十一 本日 三等軍吏 鈴木郡一郎 着任ス

  十月廿九日     月曜 晴

一 午后一時 可興 福冨大尉ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

竜山方ヨリ到着セシ一分隊ヲ率ヒ内倉 及 西倉ノ東学黨ヲ打拂ヒ 銃 槍 及ヒ火薬 鉛等ハ悉ク燒キ拂ヘリ 亦 洛東ノ兵ト両方ヨリ猛進シ 報恩ニ集合シ居ル東学党ヲ盡滅シタシ 就テハ兵員不足故 援兵トシテ二三分隊 至急 到着スル様 願ヒタシ

答 仁川ヨリ派遣シタル二分隊ハ昨夜 水原ヲ発シタリ 遅クモ明日ハ其地ニ着スルナラン

二 午后二時三十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

昨夕 善山府ニ東学党 数千集合 洛東兵站部ヲ襲ヒ 尚刕ノ讎ヲ報セントスル趣ノ報知アリ 早速 斥候ヲ出シ 其景况ヲ察セシムルニ 果シテ報告ノ如シ 仍テ二分隊ヲ本日午前苐二時 洛東出発 之ヲ攻擊スルコトヲ命セシニ 同六時 善山着 直チニ開戦 同九時 賊ヲ尽ク擊退セリ 倉庫守衛 濵田寛有 戦死 兵卒一名 負傷 賊ノ死傷 并ニ分捕品等モ数夛ナリ 其数 追テ報告ス

三 午后六時 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

曩ニ利川ノ獄舎ニ繫キ置キシ東学党十名ハ 破獄逃亡ヲ謀リタルニヨリ皆 之ヲ銃殺シタリ ○ 廿八日 可興ノ守備兵ハ内倉、西倉ノ東学党ヲ攘ヒ 銃器、槍、火薬、鉛等ノ分捕品ハ直ニ之ヲ燒キ棄テタリ ○ 洛東ノ報ニ東学党数千 善山ニ集合シ 司令部ヲ襲ハントスルノ状况ニ依リ 進ンテ之ヲ擊攘シ 司令部雇員 濱田寛有 之ニ死スト ○ 報恩附近ニハ多数集合シ居ルヲ以テ之ヲ擊攘セントスルモ 各司令官ハ兵力少ナキヲ顧慮シ居レリ 増加ノ守備隊 到着ヲ待チ 一挙ニ殲滅ヲ謀ラン 廿九日午后六時 伊藤兵站

四 午后十時 川上兵站総监ヘ左ノ電報ヲ発ス

釜山ニ集リシ後備工兵中隊ハ本日 同地出発 陸路ヲ取リ 途中 東学党征伐ヲ為シツヽ仁川ニ来ル事ヲ命シタリ

五 午后十一時 洛東 飛鳥井少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

曩ニ釜山ニ背進シタル工兵隊ヘ 東学党討伐ノ為メ陸行 聞慶ニ来ルヲ命令セリ 途中 要スルアラハ大塚大尉ト協議スヘシ 又 更ニ守備隊三中隊 増加ノ筈ナリ 此際 到着ヲ待テ一挙討滅ヲ謀ラン 其迠 兵站路ノ守備 電線ノ保護 厚ク注意セヨ

  十月三十日     火曜 晴

一 午前十一時 聞慶 出羽少佐ヘ左ノ電報ヲ発ス

曩ニ釜山ニ集リタル工兵隊ヘ 東学党討滅ノ為メ聞慶迠来ルヲ命令シ 昨日出發シタリ 其地ニ着セハ大塚大尉ヘ恊議シ 討滅ノ㕝ヲ謀ルヘシ 又 更ニ守備隊三中隊増加ノ筈ナリ 此隊到着セハ一挙 之ヲ討滅セントス 豫メ示シ置ク

二 同時 可興 福冨大尉ヘ左ノ電報ヲ發ス

曩ニ釜山ニ集リタル工兵隊ヘ 東学党討滅ノ為メ聞慶迠来ルヲ命令シ 昨日㞮発シタリ 又 更ニ守備隊三中隊増加ノ筈ナリ 此隊到着ヲ待チ一挙之ヲ討滅セントス 予メ示シ置ク 利川ヘモ達セヨ

五 午后二時 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

増兵ノ㕝 謹承ス 夫迠 線路ノ守備 電線ノ保護ハ小官 死力ヲ尽スヘシ 目下 橋田大尉ヲ台封ニ 藤田大尉ヲ洛東ニ置キ 海平 台封ノ守備兵ヲ各二分隊増加シ 賊 善山 尚刕 咸昌等ニ来ラハ速ニ攻擊 線路ニ近接セシメサルノ手段ヲ為シ居レリ 報恩攻擊ノ形㔟ヲ謀リ 其機ニ臨ミ上申スヘシ

六 午后四時 大邱 田中大尉ヨリ左ノ電報アリ 依テ次ノ返電ヲ発ス

去ル二十五日 星州ニテ縛シタル八名ノ内 一名ハ東学党ナルコトヲ自白セリ(㔟力者ニアラス) 他ノ七名ハ該黨ノ脅迫ニ依リ使役セラレシ者ニシテ該黨ニアラサルコトヲ認メタリ 亦 他十三名ハ東学党ノ為メニ縛セラレシ者ニテ同党ニ關係ナキモノナリ 右ハ九月三十日 兵站监ノ御達ニヨリ處分方ヲ伺フ

答 東学党ナルコト自白セシナラハ监司ニ引渡シ極刑ニ處セシメヨ 其他ノ者ハ再ヒ彼徒ノ使役ニ應スルアラハ嚴刑ニ處セシムヘキヲ説キ示シ放免スヘシ ○ 東学党討滅ノ為メ釜山ヘ集リタル工兵隊ヘ聞慶迠来ルヘキヲ命令シ 昨日 出発シタリ 途中 要スルアラハ大塚大尉ヘ恊議スヘシ 又 更ニ守備隊三中隊 増加ノ筈ナリ 此隊 到着セハ一挙 之ヲ討滅セントス 豫メ示シ置ク

七 午后八時 京城 吉見少佐ヨリ左ノ電報アリ

京城 開城間 電線不通ノ原因ハ 髙陽村ニ於テ野火ノ為メ電柱二 燒ケ 又 臨津江ニ於テ断線セシニ依ル 髙陽ハ兵站部ノ直ク傍ナルモ同指令部ニテハ更ニ構ハス 臨津ニハ特ニ電線監守ノ兵卒アルニモ係ラス断線ヲ知ラサリシ由 今後 電線ニハ充分注意スル様 各指令部ヘ訓令アリタシ ○ 京城 平壤間ノ電線ハ極メテ不充分ノ所 夛シ 故ニ明日ヨリ技手ヲ平壤ニ向ヒ検査修理ノ為メ出発セシメ 馬馳津ニアル技手ニモ平壤ヨリ南ニ向ヒ検査修理ヲ命シ置ケリ ○ 電線不通ノ原因 大本営ヘ報告ス

  十月三十一日     木曜 晴

二 午后四時十分 洛東 飛鳥井少佐ヨリ左ノ電報アリ

トウバク(咸昌縣西方一里)ニ賊アルヲ探知シ台封守備兵ヲ差向ケシニ 武器類ヲ捨テ戰ハスシテ逃走セリ 是レ尚刕ノ敗兵ナラン

 

↑自明治27年10月5日 至 同11月9日
陣中日誌 南部兵站監部 第3号
https://www.jacar.archives.go.jp/das/image/C06062204200