Ob-La-Di Облако 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

「(イ) 朝鮮における労務動員の方式 およそ徴用、官斡旋、勤労報国隊、出動隊のごとき四つの方式がある。……(ハ) 動員の実情 徴用は別として、その他いかなる方式によるも出動は全く拉致同様な状態である。それはもし事前においてこれを知らせば、みな逃亡するからである。そこで夜襲、誘出、その他各種の方策を講じて人質的略奪拉致の事例が多くなるのである。」 小暮泰用の復命書から 1944.7.31

    復命書

               嘱託 小暮泰用

 命に依り小職最近の朝鮮民情動向ならび邑面行政の状況調査のため朝鮮へ出張したるところ、調査状況別紙添付の通りにこれあり。右復命に及び候うなり。

   昭和十九年七月三十一日

  管理局長 竹内徳治殿

 

[中略]

 

七、朝鮮内における労務規則の状況ならびに学校報国隊の活動状況如何

 従来朝鮮内においては労務給源が比較的豊富であったために、支那事変勃発後も当初は何ら総合的計画なく労務動員は必要に応じてその都度行われた。ところがその後、動員の度数と員数が各種階級を通じて激増されるに従って、ほぼ大東亜戦争勃発ごろより本格的労務規制が行われる様になったのである。

 しかして今日においてはすでに労務動員はもはやほぼ頭打ちの状態に近づき、種々なる問題を露出しつつあり、動員の成績は概して予期の成果を納め得ない状態にある。今その重なる点を挙ぐれば次の様である。

(イ) 朝鮮における労務動員の方式

 およそ徴用、官斡旋、勤労報国隊、出動隊のごとき四つの方式がある。

 徴用は今日までのところ、極めて特別なる場合は別問題として、現員徴用(これも最近の事例に属す)以外は行われなかった。しかしながら今後は徴用の方法を大いに強化活用する必要に迫られ、かつそれが予期される事態に立ち到ったのである。

 官斡旋は従来、報国隊とともに最も多く採用された方式であって、朝鮮内における労務動員は大体この方法によってなされたのである。

 また出動隊は多く地元における土木工事、例えば増米用の溜池工事などへの参加の様な場合に採られつつある方式である。しかしながら動員を受くる民衆にとっては徴用と官斡旋、ときには出動隊も報国隊も全く同様に解されている状態である。

(ロ) 労務給源

 朝鮮内の労務給源はすでに頭打ちの状態にあるというのが実状であろうと思われる。

 今なお余裕があると見る向きも相当にあるが、しかしこれは頭数のみを見、人は男女ともに内地人男女と同等の能力を有するものという前提の下に立っている見解である。端的には労銀の想外の昂騰がその一つの証拠であり、また朝鮮人の婦女子は潜勢力としては存在するが、現実の家計収入をもたらすべき労働力としては一般に評価し得ない実状にある。かくのごとく観じてきたるときは、朝鮮内の労務給源は非常に逼迫を告げているというべきである。

 絶対的頭数の上から見て朝鮮の労務給源が今なお豊富であるという見解から、さらに男子を動員することは可能であるが、しかるときは婦女子のみが残ることとなり、朝鮮の特殊事情からその実質的労働力は実に薄弱なものとなるから、この点、深く実態の観察調査が必要であるものと思われる。

 一例を見ると、慶北安東郡のごときは総人口十七万人の内、農業労務者が六万人、一般労務者に登録されたのが九千九百二十九人となっている。この一般労務者約一万人からは、すでに昭和十四年以降内地へ供出したもの六千四百二十六人、北鮮地方へほぼ八百人、合計八千人近くすでに送出したのであるから、残有の労働力としては極めて僅少になっているにもかかわらず、今年さらに残留労務者数よりも多く内地送出を命ぜられてあるため、第一線における当局者および農村においては食料増産上多大なる影響を及ぼすものとして憂慮しある状態である。

(ハ) 動員の実情

 徴用は別として、その他いかなる方式によるも出動は全く拉致同様な状態である。

 それはもし事前においてこれを知らせばみな逃亡するからである。そこで夜襲、誘出、その他各種の方策を講じて人質的略奪拉致の事例が多くなるのである。何故に事前に知らせれば彼等は逃亡するか。要するにそこには彼らを精神的に惹き付ける何物もなかったことから生ずるものと思われる。内鮮を通じて労務管理の拙悪極まることは、往々にして彼らの身心を破壊することのみならず、残留家族の生活困難ないし破壊がしばしばあったからである。

 ことに西北朝鮮地方の労務管理は全く御話にならないほど惨酷である、故に彼らはむしろ軍関係の事業に徴用されるのを希望するほどである。

 かくて朝鮮内の労務規制は全く予期の成績を挙げていない。いかにして円満に出動させるか、いかにして逃亡を防止するかが、朝鮮内における労務規制の焦点となっている現状である。

(ニ) 労銀

 朝鮮の労働力も右の様にますます逼迫しているため、いかなる事業も請負人に労働者を官公署が斡旋するのでなければ到底事業遂行は不可能である。故に個人が自由契約により四苦八苦して労働者を雇い入れることになると、全く驚く程想外の高賃金を要求されるのである。

 これに反し官公署の事業は予算その他の関係にて右のごとく高い賃金は支払えない。そこで多くは部落連盟に請負でやらせる。故に朝鮮の部落民は官の事業にはほとんど賦役(強制奉仕)の心構えにて参加するという実情である。

(ホ) 学校報国隊の活動状況

 朝鮮も最近は勤労教育の強調に伴い学校報国隊の活動は文字通り予期以上の成績を挙げているが、しかしそこには簡単に見過ごし得ない種々の問題が惹起していることも事実である。すなわち、

1. 上司または一般に対する見物式の出動で実績の挙らざるものあること。

2. 学校によって勤務の時間、程度において著しき差別のあること。

3. 児童生徒の個々人の身心の状態を無視し一律に過重なる勤労を課し、全く身心疲労し切って親たちの憂慮惻々たるものあること。

 一般に朝鮮の地方農村には勤労過重なる場合が多く、極端な□になれば三食とも草根木皮の粥腹であるため体操の時間にすら貧血卒倒する頑是ない子供が、勇々しくも鍬や鎌を手にし文字通り身を粉にして勤労に従事しあるのを目睹し、一掬の涙なきを得ない実情である。

 朝鮮の労務規制の現状と学徒報国隊の活動状況は大略以上のごとくであって、端的にいえば悲観すべき点極めて多く、これをいかにして今後是正し円滑化させるかについて考えて見るに、労務管理の根本的革新が先決問題であることはいうまでもない。上欄にも少し述べてあるが、一体朝鮮には戦争に必要な物資も豊富であり、労働力も過剰する程にあったので、これを戦力化するか否かは一にかかって勤労管理の善否にあったのである。それが労務管理の根本対策が足らなかったために今日早や行き詰まりを示す悲観的状態に至ったことは、誠に残念と言わざるを得ないのである。

 朝鮮の労務者をして真に日本人としてのいわゆる玉砕的勤労をなさしむるためには、従来のごとき形式観念的勤労管理を捨て、まず日本人としての国体思想の自覚、戦争精神の興揚、特に彼らに対する後顧無憂の生活掩護、労力涵養の生活必需物資の充足など、精神的、生活的にわたる幾多の指導的条件が必要である。すなわち朝鮮の労務管理は思想管理、生活管理にまで及ぼさなければ万全を帰することは不可能であるものと思う。

 朝鮮における従来の労務管理がどうであったかについては、その現実の状況を要点だけ上欄に略述してあるが、今これを詳細にするには相当長文にもなるし、またもはや内外周知のことに属する故に、ここにあらためて蛇足を付するを避けるのであるが、しかし矛盾している二つの要点だけを指摘して速やかに改善したいのである。

 第一はいまだ朝鮮にはあらゆる部門にわたり資本利潤の確保とその増進を図る目的の下に行われていること。

 第二は自由主義者ないしはマルクス理論を肯定しかねない、すなわち反資本主義的インテリーによって組織せられていることの多いことである。そうしてこの二つの精神要点は必然的に相矛盾し、朝鮮の労務管理担当者は常にこの矛盾の中に苦悩しつつあることである。

 そこへ最近特に大東亜戦争勃発以後急に湧発された国体主義的大勢の前に、朝鮮人は官民上下ほとんど戸惑いしつつ、それぞれ異なった思想と考え方を内包しつつ、表面的に形の上でとにかく大勢に順応してきた様に見えることも事実であるが、しかし本当のことをいうと勢い朝鮮人の国体観念、戦争挺身は多く形式的ならざるを得ないのであり、従って幾多の内在的困難を生じてきている。

 さらに最近に至り非職業労務、すなわち徴用、学徒、女子挺身隊のごときものが混入され、朝鮮における勤労管理はその困難性をますます加重して来た感がする。

 要するに朝鮮における労務管理問題の根本対策としては、まず今までの様な官の斡旋とか一般募集のごとき方法をやめていわゆる皇国的制度を強化し、国民皆兵としての指導精神の下に日本的給与、国体的勤労管理に戻らなければならない。すなわち徴用をもっと強化し、一応等しく赤子としての報国性、いわゆる同一の資格と同一の重要性に、家族主義を融合したる絶対標準の保証を原則とし、これに内鮮間における特殊事情や勤労者個人の歴史的地位、能力、知識、技術、勤怠、労務量を加算条件とすることである。要するに原則としては全家族を養い、各員をして各々その性能に応じて尽忠報国をなし得るまでの向上をなさしめ得ることの絶対保証を速やかに実践しなければならないと思われる。

 以上をもって簡単ながら上司より内命を受けた調査事項の復命を終わることにする。

                    以上

 

 

    復命書

               嘱託 小暮泰用

依命小職最近の朝鮮民情動向並邑面行政の状況調査の為朝鮮へ出張したる処調査状況別紙添付の通に有之右及復命候也

   昭和十九年七月三十一日

  管理局長 竹内徳治殿

 

[中略]

 

七、朝鮮内に於ける労務規則の状況並に学校報国隊の活動状況如何

 従来朝鮮内に於ては労務給源が比較的豊富であつた為に支那事変勃発後も当初は何等総合的計画なく労務動員は必要に応じて其の都度行はれた、所が其の後動員の度数と員数が各種階級を通じて激増されるに従つて略大東亜戦争勃発頃より本格的労務規制が行はれる様になつたのである

 而して今日に於ては既に労務動員は最早略頭打の状態に近つき種々なる問題を露出しつつあり動員の成績は概して予期の成果を納め得ない状態にある、今其の重なる点を挙ぐれば次の様である

(イ)、朝鮮に於ける労務動員の方式

 凡そ徴用、官斡旋、勤労報国隊、出動隊の如き四つの方式がある

 徴用は今日迄の所極めて特別なる場合は別問題として現員徴用(之も最近の事例に属す)以外は行はれなかつた、然し乍ら今後は徴用の方法を大いに強化活用する必要に迫られ且つ其れが予期される事態に立到つたのである

 官斡旋は従来報国隊と共に最も多く採用された方式であつて朝鮮内に於ける労務動員は大体此の方法に依つて為されたのである

 又出動隊は多く地元に於ける土木工事例へば増米用の溜池工事等への参加の様な場合に採られつつある方式である、然し乍ら動員を受くる民衆にとつては徴用と官斡旋時には出動隊も報国隊も全く同様に解されて居る状態である

(ロ)、労務給源

 朝鮮内の労務給源は既に頭打の状態にあると云ふのが実状であらうと思はれる

 今尚余裕があると見る向も相当にあるが然し之れは頭数のみを見、人は男女共に内地人男女と同等の能力を有するものと云ふ前提の下に立つてゐる見解である、端的には労銀の想外の昂騰が其の一つの証拠であり又朝鮮人の婦女子は潜勢力としては存在するが現実の家計収入をもたらすべき労働力としては一般に評価し得ない実状にある、斯の如く観じて来るときは朝鮮内の労務給源は非常に逼迫を告げてゐると云ふべきである

 絶対的頭数の上から見て朝鮮の労務給源が今尚豊富であると云ふ見解から更に男子を動員することは可能であるが、然る時は婦女子のみが残ることとなり朝鮮の特殊事情から其の実質的労働力は実に薄弱なものとなるから此の点深く実態の観察調査が必要であるものと思はれる

 一例を見ると慶北安東郡の如きは総人口十七万人の内農業労務者が六万人、一般労務者に登録されたのが九千九百二十九人となつて居る、此の一般労務者約一万人からは既に昭和十四年以降内地へ供出したもの六千四百二十六人、北鮮地方へ略八百人合計八千人近く既に送出したのであるから残有の労働力としては極めて僅少になつて居るにも拘らず今年更に残留労務者数よりも多く内地送出を命ぜられてある為め第一線に於ける当局者及農村に於ては食料増産上多大なる影響を及ぼすものとして憂慮しある状態である

(ハ)、動員の実情

 徴用は別として其の他如何なる方式に依るも出動は全く拉致同様な状態である

 其れは若し事前に於て之を知らせば皆逃亡するからである、そこで夜襲、誘出、其の他各種の方策を講じて人質的略奪拉致の事例が多くなるのである、何故に事前に知らせれば彼等は逃亡するか、要するにそこには彼らを精神的に惹付ける何物もなかつたことから生ずるものと思はれる、内鮮を通じて労務管理の拙悪極まることは往々にして彼等の身心を破壊することのみならず残留家族の生活困難乃至破壊が屢々あつたからである

 殊に西北朝鮮地方の労務管理は全く御話にならない程惨酷である、故に彼等は寧ろ軍関係の事業に徴用されるのを希望する程である

 斯くて朝鮮内の労務規制は全く予期の成績を挙げてゐない、如何にして円満に出動させるか、如何にして逃亡を防止するかが朝鮮内に於ける労務規制の焦点となつてゐる現状である

(ニ)、労銀

 朝鮮の労働力も右の様に益々逼迫してゐる為如何なる事業も請負人に労働者を官公署が斡旋するのでなければ到底事業遂行は不可能である、故に個人が自由契約に依り四苦八苦して労働者を雇い入れることになると全く驚く程想外の高賃金を要求されるのである

 反之官公署の事業は予算其の他の関係にて右の如く高い賃金は支払へない、そこで多くは部落連盟に請負でやらせる、故に朝鮮の部落民は官の事業には殆んど賦役(強制奉仕)の心構にて参加すると云ふ実情である

(ホ)、学校報国隊の活動状況

 朝鮮も最近は勤労教育の強調に伴ひ学校報国隊の活動は文字通り予期以上の成績を挙げてゐるが然しそこには簡単に見過し得ない種々の問題が惹起してゐることも事実である、即ち

1. 上司又は一般に対する見物式の出動で実績の挙らざるものあること

2. 学校に依つて勤務の時間、程度に於いて著しき差別のあること

3. 児童生徒の個々人の身心の状態を無視し一律に過重なる勤労を課し全く身心疲労し切つて親達の憂慮惻々たるものあること

 一般に朝鮮の地方農村には勤労過重なる場合が多く極端な□になれば三食とも草根木皮の粥腹である為め体操の時間にすら貧血卒倒する頑是ない子供が勇々しくも鍬や鎌を手にし文字通り身を粉にして勤労に従事しあるのを目睹し一掬の涙なきを得ない実情である

 朝鮮の労務規制の現状と学徒報国隊の活動状況は大略以上の如くであつて端的に云へば悲観すべき点極めて多く之を如何にして今後是正し円滑化させるかに付て考へて見るに労務管理の根本的革新が先決問題であることは云ふ迄もない、上欄にも少し述べてあるが一体朝鮮には戦争に必要な物資も豊富であり労働力も過剰する程にあつたので、之を戦力化するか否かは一にかかつて勤労管理の善否にあつたのである、其れが労務管理の根本対策が足らなかつた為めに今日早や行詰りを示す悲観的状態に至つたことは誠に残念と言はざるを得ないのである

 朝鮮の労務者をして真に日本人としての所謂玉砕的勤労をなさしむる為には従来の如き形式観念的勤労管理を捨て先つ日本人としての国体思想の自覚、戦争精神の興揚、特に彼等に対する後顧無憂の生活掩護、労力涵養の生活必需物資の充足等精神的生活的に亘る幾多の指導的条件が必要である、即ち朝鮮の労務管理は思想管理、生活管理に迄及ぼさなければ万全を帰することは不可能であるものと思ふ

 朝鮮に於ける従来の労務管理が如何であつたかに就ては其の現実の状況を要点だけ上欄に略述してあるが、今之れを詳細にするには相当長文にもなるし、又最早や内外周知のことに属する故に、茲に更めて蛇足を付するを避けるのであるが、然し矛盾してゐる二つの要点丈を指摘して速に改善したいのである

 第一は未だ朝鮮にはあらゆる部門に亘り資本利潤の確保と其の増進を図る目的の下に行はれて居ること

 第二は自由主義者乃至はマルクス理論を肯定しかねない即反資本主義的インテリーに依つて組織せられて居ることの多いことである、そうして此の二つの精神要点は必然的に相矛盾し、朝鮮の労務管理担当者は常に此の矛盾の中に苦悩しつつあることである

 そこへ最近特に大東亜戦争勃発以後急に湧発された国体主義的大勢の前に朝鮮人は官民上下殆んど戸惑ひしつつそれぞれ異つた思想と考へ方を内包しつつ表面的に形の上では兎に角大勢に順応して来た様に見えることも事実であるが然し本当のことを云ふと勢ひ朝鮮人の国体観念戦争挺身は多く形式的ならざるを得ないのであり、従つて幾多の内在的困難を生じて来て居る

 更に最近に至り非職業労務、即ち徴用、学徒、女子挺身隊の如きものが混入され朝鮮に於ける勤労管理は其の困難性を益々加重して来た感がする

 要するに朝鮮に於ける労務管理問題の根本対策としては先つ今迄の様な官の斡旋とか一般募集の如き方法をやめて所謂皇国的制度を強化し国民皆兵としての指導精神の下に日本的給与、国体的勤労管理に戻らなければならない、即ち徴用をもつと強化し一応等しく赤子としての報国性所謂同一の資格と同一の重要性に、家族主義を融合したる絶対標準の保証を原則とし、之れに内鮮間に於ける特殊事情や勤労者個人の歴史的地位、能力、知識、技術、勤怠、労務量を加算条件とすることである、要するに原則としては全家族を養ひ、各員をして各々其の性能に応じて尽忠報国を為し得る迄の向上を為さしめ得ることの絶対保証を速に実践しなければならないと思はれる

 以上を以て簡単乍ら上司より内命を受けた調査事項の復命を終ることにする

                    以上

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image/B02031286700

JACAR(アジア歴史資料センター)

Ref.B02031286700、

本邦内政関係雑纂/植民地関係 第二巻

8.復命書及意見集/1 復命書及意見集の1(A-5-0-0-1_1_002)(外務省外交史料館