Ob-La-Di Oblako 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

【工事中】Supplementary Convention on the Abolition of Slavery, the Slave Trade, and Institutions and Practices Similar to Slavery 奴隷制と奴隷交易の、また奴隷同然の制度や慣行の廃止に関する補完国際条約

Supplementary Convention on the Abolition of Slavery, the Slave Trade, and Institutions and Practices Similar to Slavery

奴隷制と奴隷交易の、そして奴隷同然の制度や慣行の廃止に関する補完国際条約

ADOPTED
07 September 1956

BY
Conference of Plenipotentiaries convened by Economic and Social Council resolution 608(XXI) of 30 April 1956 and done at Geneva

1956 年 4 月 30 日の社会理事会決議 第 608 号(ⅩⅩⅠ 期)により招集され、ジュネーヴで開催された全権公使の会議により、1956 年 9 月 7 日に採択

Entry into force: 30 April 1957, in accordance with article 13

第 13 条に基づき 1956 年 4 月 30 日発効。

Preamble

前文

The States Parties to the present Covention,

本国際条約の締約国は、

Considering that freedom is the birthright of every human being,

自由があらゆる人間の生まれ持つ権利であることを考慮し、

Mindful that the peoples of the United Nations reaffirmed in the Charter their faith in the dignity and worth of the human person,

国際連合に加盟する諸国の人々が憲章において人格としての人間の尊厳と価値を信じると再確認したことを胸に刻み、

Considering that the Universal Declaration of Human Rights, proclaimed by the General Assembly of the United Nations as a common standard of achievement for all peoples and all nations, states that no one shall be held in slavery or servitude and that slavery and the slave trade shall be prohibited in all their forms,

すべての民族およびすべての国家が達成した共通の基準として国際連合総会により布告された世界人権宣言が、何人も奴隷にされたり苦役に服することはないものとし、いかなる形の奴隷制も奴隷交易も禁止すべきことを表明していることを考慮し、

Recognizing that, since the conclusion of the Slavery Convention signed at Geneva on 25 September 1926, which was designed to secure the abolition of slavery and of the slave trade, further progress has been made towards this end,

奴隷制と奴隷交易の廃止を保障するために考案され、1926 年 9 月 25 日に調印された奴隷制条約の締結以来、この目標に向かって格段の進歩が遂げられたことを認識し、

Having regard to the Forced Labour Convention of 1930 and to subsequent action by the International Labour Organisation in regard to forced or compulsory labour,

1930 年の強制労働条約を、また強制または賦役された労働に対する国際労働機関のその後の活動を踏まえ、

Being aware , however, that slavery, the slave trade and institutions and practices similar to slavery have not yet been eliminated in all parts of the world,

なおかつ奴隷制と奴隷交易、そして奴隷同然の制度や慣行が未だに世界のあらゆる所から根絶されるには至っていないことを知った上で、

Having decided , therefore, that the Convention of 1926, which remains operative, should now be augmented by the conclusion of a supplementary convention designed to intensify national as well as international efforts towards the abolition of slavery, the slave trade and institutions and practices similar to slavery,

それゆえ、1926 年の国際条約は依然として有効ではあるが、奴隷制と奴隷交易、そして奴隷同然の制度や慣行の廃止に向けた国民的および国際的取り組みをさらに徹底するために考案された補完国際条約の締結によって、今や増強されるべきであると決断して、

Have agreed as follows:

以下の通りに協定した。

Section I. − Institutions and practices similar to slavery

第一節 ― 奴隷同然の制度と慣行

Article 1

Each of the States Parties to this Convention shall take all practicable and necessary legislative and other measures to bring about progressively and as soon as possible the complete abolition or abandonment of the following institutions and practices, where they still exist and whether or not they are covered by the definition of slavery contained in article 1 of the Slavery Convention signed at Geneva on 25 September 1926:

第一条

この条約の各締約国は、以下の制度や慣行がまだ現存するところでは、また、それらが 1926 年 9 月 25 日にジュネーヴで調印された奴隷制条約の第一条の定義に当てはまるかどうかにかかわりなく、それらの完全な廃止と放棄を前進的かつできる限り速やかに成し遂げるために、あらゆる実行可能で必要不可決な立法その他の手段を講じるものとする。

a. Debt bondage, that is to say, the status or condition arising from a pledge by a debtor of his personal services or of those of a person under his control as security for a debt, if the value of those services as reasonably assessed is not applied towards the liquidation of the debt or the length and nature of those services are not respectively limited and defined;

a.債務束縛[債務奴隷]、すなわち、債務者が自分自身の役務または自分の統制下にある人のそれを債務の担保として差し出すのだが、それらの役務の価値が合理的に査定されて債務の弁済に充当されないか、それらの役務の期間と性質がそれぞれ限定され規定されていない場合に発生する地位や状態である。

b. Serfdom, that is to say, the condition or status of a tenant who is by law, custom or agreement bound to live and labour on land belonging to another person and to render some determinate service to such other person, whether for reward or not, and is not free to change his status;

b.農奴制、すなわち、別の人のものである土地に住んで労働し、報酬が有ろうが無かろうが、一定の役務をそうした別の人に提供することを法や慣習や協定によって義務づけられた借地者の状態や地位であり、借地者はその地位を自由に変更できない。

c. Any institution or practice whereby:

それらによる何らかの制度や慣習。

d. Any institution or practice whereby a child or young person under the age of 18 years, is delivered by either or both of his natural parents or by his guardian to another person, whether for reward or not, with a view to the exploitation of the child or young person or of his labour.

18 歳未満の子どもや年少者またはその労働を搾取することを予定して、その子どもや年少者を、生みの親と後見人のいずれかまたは双方から別の人に引き渡す何らかの制度や慣行。

Article 2

With a view to bringing to an end the institutions and practices mentioned in article 1 (c) of this Convention, the States Parties undertake to prescribe, where appropriate, suitable minimum ages of marriage, to encourage the use of facilities whereby the consent of both parties to a marriage may be freely expressed in the presence of a competent civil or religious authority, and to encourage the registration of marriages.

第二条

この一条 (c) 項で述べられている制度や慣行を終わりにすることを目指して、締約国はしかるべきところで適切な結婚の最低年齢を規定し、資格のある公民か宗教的権威者の立ち合いのもとに当事者双方から結婚への同意が自由に表現できる施設の使用を促進し、結婚に関する立法を促進することにとりかかる。

Section II. − The slave trade

第二節 ― 奴隷交易

Article 3

1. The act of conveying or attempting to convey slaves from one country to another by whatever means of transport, or of being accessory thereto, shall be a criminal offence under the laws of the States Parties to this Convention and persons convicted thereof shall be liable to very severe penalties.

2. a. The States Parties shall take all effective measures to prevent ships and aircraft authorized to fly their flags from conveying slaves and to punish persons guilty of such acts or of using national flags for that purpose.

b. The States Parties shall take all effective measures to ensure that their ports, airfields and coasts are not used for the conveyance of slaves. 3. The States Parties to this Convention shall exchange information in order to ensure the practical co-ordination of the measures taken by them in combating the slave trade and shall inform each other of every case of the slave trade, and of every attempt to commit this criminal offence, which comes to their notice.

Article 4

Any slave who takes refuge on board any vessel of a State Party to this Convention shall ipso facto be free.

Section III. - Slavery and institutions and practices similar to slavery

奴隷制ならびに奴隷同然の制度および慣行

Article 5

In a country where the abolition or abandonment of slavery, or of the institutions or practices mentioned in article 1 of this Convention, is not yet complete, the act of mutilating, branding or otherwise marking a slave or a person of servile status in order to indicate his status, or as a punishment, or for any other reason, or of being accessory thereto, shall be a criminal offence under the laws of the States Parties to this Convention and persons convicted thereof shall be liable to punishment.

Article 6

1. The act of enslaving another person or of inducing another person to give himself or a person dependent upon him into slavery, or of attempting these acts, or being accessory thereto, or being a party to a conspiracy to accomplish any such acts, shall be a criminal offence under the laws of the States Parties to this Convention and persons convicted thereof shall be liable to punishment.

2. Subject to the provisions of the introductory paragraph of article 1 of this Convention, the provisions of paragraph 1 of the present article shall also apply to the act of inducing another person to place himself or a person dependent upon him into the servile status resulting from any of the institutions or practices mentioned in article 1, to any attempt to perform such acts, to being accessory thereto, and to being a party to a conspiracy to accomplish any such acts.

Section IV. − definitions

第四部 定義

Article 7

For the purposes of the present Convention:

第七条

当国際条約の意図するところでは、

a. "Slavery" means, as defined in the Slavery Convention of 1926, the status or condition of a person over whom any or all of the powers attaching to the right of ownership are exercised, and "slave" means a person in such condition or status;

a.「奴隷制」 は、1926 年の奴隷制条約において定義された通り、所有権に付属するいずれかまたはすべての権力の行使を受ける人の地位や状態を意味し、「奴隷」 はそうした状態や地位にある人を意味する。

b.  "A person of servile status" means a person in the condition or status resulting from any of the institutions or practices mentioned in article 1 of this Convention;

b.「隷属的地位にある人」 はこの条約の第一条で述べられている制度や慣行のいずれかの結果として生じた状態や地位にある人を意味する。 

c. "Slave trade" means and includes all acts involved in the capture, acquisition or disposal of a person with intent to reduce him to slavery; all acts involved in the acquisition of a slave with a view to selling or exchanging him; all acts of disposal by sale or exchange of a person acquired with a view to being sold or exchanged; and, in general, every act of trade or transport in slaves by whatever means of conveyance.

c.「奴隷交易」 は奴隷状態に陥れる意図のもとに人を捕らえたり、取得したり、処分することに関わる一切の行為、売ったり交換する予定のもとに奴隷を取得することに関わる一切の行為、売ったり交換する予定のもとに取得した人を売却や交換によって処分する一切の行為、そして一般に運搬な手段のいかんにかかわらず奴隷を交易したり輸送するあらゆる行為を意味する。

Section V. - Cooperation between States Parties and of information

第八節 -締約国間の協力と情報交換

Article 8

1. The States Parties to this Convention undertake to co-operate with each other and with the United Nations to give effect to the foregoing provisions.

2. The Parties undertake to communicate to the Secretary-General of the United Nations copies of any laws, regulations and administrative measures enacted or put into effect to implement the provisions of this Convention.

3. The Secretary-General shall communicate the information received under paragraph 2 of this article to the other Parties and to the Economic and Social Council as part of the documentation for any discussion which the Council might undertake with a view to making further recommendations for the abolition of slavery, the slave trade or the institutions and practices which are the subject of this Convention.

Section VI - Final clauses

第六節-最終諸条項

Article 9

No reservations may be made to this Convention.

Article 10

Any dispute between States Parties to this Convention relating to its interpretation or application, which is not settled by negotiation, shall be referred to the International Court of Justice at the request of any one of the parties to the dispute, unless the parties concerned agree on another mode of settlement.

Article 11

1. This Convention shall be open until 1 July 1957 for signature by any State Member of the United Nations or of a specialized agency. It shall be subject to ratification by the signatory States, and the instruments of ratification shall be deposited with the Secretary-General of the United Nations, who shall inform each signatory and acceding State.

2. After 1 July 1957 this Convention shall be open for accession by any State Member of the United Nations or of a specialized agency, or by any other State to which an invitation to accede has been addressed by the General Assembly of the United Nations. Accession shall be effected by the deposit of a formal instrument with the Secretary-General of the United Nations, who shall inform each signatory and acceding State.

Article 12

1. This Convention shall apply to all non-self-governing trust, colonial and other non-metropolitan territories for the international relations of which any State Party is responsible; the Party concerned shall, subject to the provisions of paragraph 2 of this article, at the time of signature, ratification or accession declare the non-metropolitan territory or territories to which the Convention shall apply ipso facto as a result of such signature, ratification or accession.

2. In any case in which the previous consent of a non-metropolitan territory is required by the constitutional laws or practices of the Party or of the non-metropolitan territory, the Party concerned shall endeavour to secure the needed consent of the non-metropolitan territory within the period of twelve months from the date of signature of the Convention by the metropolitan State, and when such consent has been obtained the Party shall notify the Secretary-General. This Convention shall apply to the territory or territories named in such notification from the date of its receipt by the Secretary-General.

3. After the expiry of the twelve-month period mentioned in the preceding paragraph, the States Parties concerned shall inform the Secretary-General of the results of the consultations with those non-metropolitan territories for whose international relations they are responsible and whose consent to the application of this Convention may have been withheld.

Article 13

1. This Convention shall enter into force on the date on which two States have become Parties thereto. 2. It shall thereafter enter into force with respect to each State and territory on the date of deposit of the instrument of ratification or accession of that State or notification of application to that territory.

Article 14

1. The application of this Convention shall be divided into successive periods of three years, of which the first shall begin on the date of entry into force of the Convention in accordance with paragraph 1 of article 13.

2. Any State Party may denounce this Convention by a notice addressed by that State to the Secretary-General not less than six months before the expiration of the current three-year period. The Secretary-General shall notify all other Parties of each such notice and the date of the receipt thereof.

3. Denunciations shall take effect at the expiration of the current three-year period.

4. In cases where, in accordance with the provisions of article 12, this Convention has become applicable to a non-metropolitan territory of a Party, that Party may at any time thereafter, with the consent of the territory concerned, give notice to the Secretary-General of the United Nations denouncing this Convention separately in respect of that territory. The denunciation shall take effect one year after the date of the receipt of such notice by the Secretary-General, who shall notify all other Parties of such notice and the date of the receipt thereof.

Article 15

This Convention, of which the Chinese, English, French, Russian and Spanish texts are equally authentic, shall be deposited in the archives of the United Nations Secretariat. The Secretary-General shall prepare a certified copy thereof for communication to States Parties to this Convention, as well as to all other States Members of the United Nations and of the specialized agencies. In witness whereof the undersigned, being duly authorized thereto by their respective Governments, have signed this Convention on the date appearing opposite their respective signatures. Done at the European Office of the United Nations at Geneva, this seventh day of September one thousand nine hundred and fifty-six.

 

UNITED NATIONS HUMAN RIGHTS OFFICE OF THE HIGH COMMITIONER Human Rights Instruments UNIVERSAL INSTRUMENT Supplementary Convention on the Abolition of Slavery, the Slave Trade, and Institutions and Practices Similar to Slavery https://www.ohchr.org/en/instruments-mechanisms/instruments/supplementary-convention-abolition-slavery-slave-trade-and

閣議決定および拓務大臣上奏文  朝鮮人志願兵問題に関する件 1937. 12. 24

【第五号】

政務官
書記官 回付(執行前) 【閲 兵役】

審案筆記者【藤井】【陸軍省/13. 1. 17/29/整備課】

保存期限:永久
決済指定:【次官委任】
決行指定:【櫛渕】

受領番号:【陸軍省受領/密受第 74 号】
起源庁(課名):徴募課
件名:朝鮮人志願兵問題に関する件

大臣:【委】
次官:【梅津】

高級副官:【櫛渕】 主務副官:【柏□】【岩永】 主務局長:【師□】 主務課長:【柳田】 主務課員:【印】

連帶 局(部)長:軍務【田口】 兵務【飯田】 整備【印】 課長:補任 代【印】 軍事【印】 軍務【印】 兵務【飯田】

 

大臣より参謀総長教育総監および朝鮮軍司令官あて通牒案

陸密
朝鮮人志願兵問題等に関し、別紙第一の通り閣議においてこれを決定し、拓務大臣は総理大臣に代りて別紙第二の通り奏上せしにつき通牒す。

  陸密第 35 号 昭和拾参年壱月十八日【印】【印】

 

別紙第一 【極秘】

今後の朝鮮統治に関し昭和十二年十二月二十四日閣議において決定せる事項 写

 

 朝鮮人を同化融合し、皇国臣民たるの自覚を与へ、内鮮一体、東洋永遠の平和の基礎を固くするは朝鮮統治の大本にして、臣ら、夙夜恐惶として 聖旨に副ひ奉らむことを期しつつあり。

 然るに国威顕揚に伴ひ満洲事変を楔機として饂醸せられたる内鮮一体の気運は、今次の支那事変に際会し澎湃として全鮮に漲るに至れり。

 これひとへに歷世歴御稜威の賜にして、臣等まことに感激措ところを知らず。

 このときにあたり朝鮮統治の大本をさらに明徴にし、朝鮮人心指導の根本方針を闡明するの要、切なるものあるを思ひ、ここに左記の施策を議し、よってもって朝鮮の日本化を促進し、朝鮮併合の 聖慮に副ひ奉らむとす。

「朝鮮統治の現況に関しては別に朝鮮総督より上奏す。」

       記

一、朝鮮の学術教育を刷新し、半島在住国民をして皇国臣民たるの自覚と資質とを強化向上せしむ。

二、朝鮮人志願兵·生徒を採用し、内鮮一体の国防に寄与せしむ。
(ただしこれがため朝鮮人参政権を拡張するの意志を有せず。)

三、神社崇敬の念を涵養してわが国体観念を明徴ならしめ、旧来の陋習を改め内地の良俗を採り、国語を普及し進んで思想の善導を図るなど、皇国臣民たるの意識を培養す。

四、半島在住内地人の増加定着を図り、その他内鮮融合を強化するため諸般の施策を講ず。

 

別紙第二【極秘】

昭和十二年十二月二十四日の閣議決定に基く拓務大臣上奏文 写
    (昭和十三年一月十五日上奏)

 

 臣尊由、朝鮮人心指導の根本方針につき謹みて奏上す。

 朝鮮人を同化融合して、これに皇国臣民たるの自覚を与へ、内鮮一体、もって東洋永遠の平和の基礎を堅くすることは、朝鮮統治の大本にして、臣等、夙夜恐惶として常に 聖旨に副ひ奉らんことを期しつつあり。最近朝鮮における民心の動向は、国威の顕揚に伴ひますます静謐·堅実にして、ことに満洲事変を契機として醞醸せられたる内鮮一体の機運は、今次の支那事変に際しさらにその勢ひを加へ、朝鮮の蒼生はこぞって帝国の偉大なる実力とその世界における確固たる地位とを明かに認識し、ひとしく帝国臣民として愛国の誠を捧げ、多くの義挙美談を伝へ、銃後の熱意、内地に比し敢て遜色なく、今や真に内鮮渾然一体たるの実を具現しつつあるの状況なり。このことはひとへに 歴世御稜威の賜にして、臣ら、まことに感激措く能はざるところなり。

 このときにあたりこの傾向を善導し、さらにこれを助長することは、一面、朝鮮衆庶の廉寧を増進すると同時に、多面、彼ら衆庶の稟質賦能を発揮せしめ帝国の人的資源を強化する所以の途にして、刻下の時局に鑑み、まことに緊急の責務と信ず。

 よって朝鮮統治の大本をさらに明徴ににし、朝鮮人心指導の根本方針として次の方策を講じ、名実、朝鮮の日本化を促進し、朝鮮併合の 聖慮に副ひ奉らむとす。

一、朝鮮の学校教育を刷新して半島在住国民をして一層皇国臣民としての自覚と資質とを強化向上せしめんとす。

 そもそも朝鮮における教育の本旨は一視同仁の根本義に基き、教育に関する 勅語の趣旨を遵奉して忠良なる国民を養成し、もって国運の進展を期するにありて、内地人たると朝鮮人たるとにより区別あるなし。ただ時勢と民度とに立脚し、これに適応する教育を施し、その効果の万全を計りたるものにして、即ち国語を常用する者と国語を常用せざる者との教育は、その言語習俗を異にするに鑑み、普通敎育において教育機関を異にし、また教育の内容において若干の差異を設けたり。しかるに朝鮮の現状に鑑み現行の制度に必要なる改正を加へ、これらの差異を撤廃するとともに、朝鮮人に対し真に帝国臣民たるの自覚信念を確固不抜に涵養するの訓練教育を施すのほか、一面、時宜に応じ教育機関の拡充を行ひ、もって朝鮮人をして勉めて教養の機会を多からしめ、皇国臣民たるの資質能力を向上せしめんとす。

二、朝鮮人志願兵制度を採用し、これなはより皇国臣民たるの鍛錬を加へ、内鮮一体の国防に寄与せしめんとす。しかして朝鮮人志願兵制度の実施は一に朝鮮人心の指導·誘掖の一施策たるものにして、これをもって朝鮮人参政権拡張を云為することを許すものにはあらず。

三、朝鮮人に対し神社崇敬の念を涵養し、わが国体観念を明徴にし、旧来の陋習を改め内地の良俗を採り、国語を普及し進んで思想の善導を図らんとす。

四、一視同仁の 聖旨を奉じ内鮮融和の実を完からしめ同化を促進せしむるため、内地人の半島定着を増加せしめんとするものにして、これがため交通、文化、衛生等の施設の拡充、普及、産業各般の発展振興と相俟ち、内地人の知能、技術、労務をますます活用するの施策を実行し、ことに国防の強化に寄与する方途として除隊兵の現地就職につき適当なる措置を講ぜんとす。

 朝鮮人心指導に関する大綱につき謹みて 聖聞に達す。なほ朝鮮統治の現況および本大綱の稍細目に関しては朝鮮総督より奏上せしむ。

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 1/13

【第五號】

政務官
書記官 囘付(執行前) 【閲兵役】

審案筆記者【藤井】【陸軍省/13. 1. 17/29/整備課】

保存期限:永久
決済指定:【次官委任】
決行指定:【櫛渕】

受領番号:【陸軍省受領/密受第七四號】
起源廳(課名):徴募課
件名:朝鮮人志願兵問題ニ関スル件

大臣:【委】
次官:【梅津】

高級副官:【櫛渕】 主務副官:【柏□】【岩永】 主務局長:【師□】 主務課長:【柳田】 主務課員:【印】

連帶 局(部)長:軍務【田口】 兵務【飯田】 整備【印】 課長:補任 代【印】 軍事【印】 軍務【印】 兵務【飯田】

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 2/13

大臣ヨリ参謀總長、敎育總監 及 朝鮮軍司令官宛 通牒案

陸密
朝鮮人志願兵問題等ニ関シ別紙第一ノ通閣議ニ於テ之ヲ決定シ 拓務大臣ハ總理大臣ニ代リテ 別紙第二ノ通 奏上セシニ付 通牒ス

  陸密第三五號 昭和拾參年壹月十八日【印】【印】

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 3/13

別紙第一 【極秘】

 今後ノ朝鮮統治ニ關シ昭和十二年十二月二十四日
  閣議ニ於テ決定セル事項 寫

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 4/13

朝鮮人ヲ同化融合シ皇國臣民タルノ自覺ヲ與へ内鮮一體東洋永遠ノ平和ノ基礎ヲ固クスルハ朝鮮統治ノ大本ニシテ 臣等 夙夜恐惶トシテ 聖旨ニ副ヒ奉ラムコトヲ期シツツアリ

然ルニ國威顯揚ニ伴ヒ滿洲事變ヲ楔機トシテ饂釀セラレタル内鮮一體ノ氣運ハ今次ノ支那事變ニ際會シ澎湃トシテ全鮮ニ漲ルニ至レリ

是レ偏ニ歷世御稜威ノ賜ニシテ 臣等洵ニ感激措クトコロヲ知ラズ

此ノ秋ニ方リ朝鮮統治ノ大本ヲ更ニ明徴ニシ朝鮮人心指導ノ根本方針ヲ闡明スルノ要切ナルモノアルヲ思ヒ茲ニ左記ノ施策ヲ議シ依テ以テ朝鮮ノ日本化ヲ促進シ朝鮮併合ノ 聖慮ニ副ヒ奉ラムトス

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 5/13

「朝鮮統治ノ現況ニ關シテハ別ニ朝鮮總督ヨリ上奏ス」

     記

一、朝鮮ノ學術敎育ヲ刷新シ半島在住國民ヲシテ皇國臣民タルノ自覺ト資質トヲ強化向上セシム

二、朝鮮人志願兵生徒ヲ採用シ内鮮一體ノ國防ニ寄與セシム
(但シ之カ爲朝鮮人ノ參政權ヲシテ擴張スルノ意志ヲ有セス)

三、神社崇敬ノ念ヲ涵養シテ我カ國體觀念ヲ明徴ナラシメ舊來ノ陋習ヲ改メ内地ノ良俗ヲ採リ國語ヲ普及シ進ンテ思想ノ善導ヲ圖ル等皇國臣民タルノ意識ヲ培養ス

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 6/13

四、半島在住内地人ノ增加定着ヲ圖リ其ノ他内鮮ノ融合ヲ強化スル爲諸般ノ施策ヲ講ス

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 7/13

別紙第二【極秘】

昭和十二年十二月二十四日ノ閣議決定ニ基ク
   拓務大臣上奏文寫
    (昭和十三年一月十五日上奏)

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 8/13

臣尊由 朝鮮人心指導ノ根本方針ニ付謹ミテ奏上ス

朝鮮人ヲ同化融合シテ、之ニ皇國臣民タルノ自覺ヲ與ヘ、内鮮一體以テ東洋永遠ノ平和ノ基礎ヲ堅クスルコトハ朝鮮統治ノ大本ニシテ、臣等 夙夜恐惶トシテ常ニ 聖旨ニ副ヒ奉ランコトヲ期シツツアリ。最近朝鮮ニ於ケル民心ノ動向ハ國威ノ顯揚ニ伴ヒ益々靜謐堅實ニシテ、殊ニ滿洲事變ヲ楔機トシテ、醞釀セラレタル内鮮一體ノ機運ハ今次ノ支那事變ニ際シ更ニ其ノ勢ヲ加ヘ朝鮮ノ蒼生ハ擧ツテ帝國ノ偉大ナル實力ト其ノ世界ニ於ケル確固タル地位トヲ明カニ認識シ均シク帝國臣民トシテ愛國ノ誠ヲ捧げ多クノ義擧美談ヲ傳ヘ銃後ノ熱

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 9/13

意内地ニ比シ敢テ遜色ナク今ヤ眞ニ内鮮渾然一體タルノ實ヲ具現シツツアルノ狀況ナリ。此ノ事ハ偏ニ 歷世御稜威ノ賜ニシテ 臣等 誠ニ感激措ク能ハザル所ナリ。

此ノ秋ニ方リ此ノ傾向ヲ善導シ、更ニ之ヲ助長スルコトハ一面朝鮮衆庶ノ廉寧ヲ增進スルト同時ニ多面彼等衆庶ノ稟質賦能ヲ發揮セシメ帝國ノ人的資源ヲ強化スル所以ノ途ニシテ刻下ノ時局ニ鑑ミ洵ニ緊急ノ責務ト信ズ。

仍テ朝鮮統治ノ大本ヲ更ニ明徴ニシ朝鮮人心指導ノ根本方針トシテ次ノ方策ヲ講ジ名實朝鮮ノ日本化ヲ促進シ、朝鮮併合ノ 聖慮ニ副

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 10/13

ヒ奉ラムトス。

一、朝鮮ノ學校敎育ヲ刷新シテ半島在住國民ヲシテ一層皇國臣民トシテノ自覺ト資質トヲ強化向上セシメントス

抑モ朝鮮ニ於ケル敎育ノ本旨ハ一視同仁ノ根本義ニ基キ敎育ニ關スル 勅語ノ趣旨ヲ遵奉シテ忠良ナル國民ヲ養成シ以テ國運ノ進展ヲ期スルニアリテ内地人タルト朝鮮人タルトニ依リ区別アルナシ、唯時勢ト民度トニ立脚シ之ニ適應スル敎育ヲ施シ其ノ效果ノ萬全ヲ計リタルモノニシテ卽チ國語ヲ常用スル者ト國語ヲ常用セザル者トノ敎育ハ其ノ言語習俗ヲ異ニスルニ鑑ミ普通敎育ニ於テ敎

 

ttps://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 11/13

育機關ヲ異ニシ又敎育ノ内容ニ於テ若干ノ差異ヲ設ケタリ、然ルニ朝鮮ノ現狀ニ鑑ミ現行ノ制度ニ必要ナル改正ヲ加ヘ此等ノ差異ヲ撤廢スルト共ニ朝鮮人ニ對シ眞ニ帝國臣民タルノ自覺信念ヲ確固不拔ニ涵養スルノ訓練敎育ヲ施スノ外一面時宜ニ應ジ敎育機關ノ擴充ヲ行ヒ以テ朝鮮人ヲシテ勉メテ敎養ノ機會ヲ多カラシメ皇國臣民タルノ資質能力ヲ向上セシメントス

二、朝鮮人志願兵制度ヲ採用シ之ニ依リ皇國臣民タルノ鍛錬ヲ加ヘ内鮮一體ノ國防ニ寄與セシメントス、而シテ朝鮮人志願兵制度ノ實施ハ一ニ朝鮮人心ノ指導誘掖ノ一施策タルモノニシテ之ヲ以テ朝

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 12/13

鮮人ニ參政權擴張ヲ云爲スルコトヲ許スモノニハ非ズ。

三、朝鮮人ニ對シ神社崇敬ノ念ヲ涵養シ我國體觀念ヲ明徴ニシ舊來ノ陋習ヲ改メ内地ノ良俗ヲ採リ國語ヲ普及シ進ンデ思想ノ善導ヲ圖ラントス。

四、一視同仁ノ 聖旨ヲ奉ジ内鮮融和ノ實ヲ完カラシメ同化ヲ促進セシムル爲内地人ノ半島定着ヲ增加セシメントスルモノニシテ之ガ爲交通、文化、衞生等ノ施設ノ擴充、普及、產業各般ノ發展振興ト相俟チ内地人ノ智能、技術、勞務ヲ益々活用スルノ施策ヲ實行シ殊ニ國防ノ強化ニ寄與スル方途トシテ除隊兵ノ現地就

 

ttps://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C01004411500 13/13

職ニ付適當ナル措置ヲ講ゼントス。

朝鮮人心指導ニ關スル大綱ニ付謹ミテ 聖聞ニ達ス尚朝鮮統治ノ現況及本大綱ノ稍細目ニ關シテハ朝鮮總督ヨリ奏上セシム

 

朝鮮人志願兵問題に関する件」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C01004411500、密大日記 第2冊 昭和13年(防衛省防衛研究所 陸軍省-密大日記-S13-2-9) https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C01004411500

【工事中】歩兵第二百二十四連隊第二大隊 晋中第一期作戦 戦闘詳報 1940. 8. 23 ~ 9. 15

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111304900 1/2

軍事極秘
  戦詳第拾八号
   自 昭和十五年八月二十三日
   至 昭和十五年九月  十 五 日

 晋中第一期作戦 戦闘詳報

        歩兵第二百二十四連隊
        第  二  大  隊

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111304900 2/2

 晋  中  第 一 期 作 戦(自八月三十日
           至九月  八  日)

 晋中第一期復行作戦(自九月  九  日
           至九月十五日)

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305000 1/6

   目  次

第一節、戦闘前に於ける彼我形勢の概要

 其の一、敵情
  附図第一、石太線南方地区敵情要図

 其の二、普中第一期作戦指導要領
  附図第二、普中第一期作戦指導要領

 其の三、晋中第一期復行作戦指導要領
  附図第三、晋中第一期復行作戦指導要領要図

第二節、作戦準備[略]

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305000 2/6

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305000 3/6

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305000 4/6

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305000 5/6

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305000 6/6

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305100 1/5

第一節 戦闘前に於ける彼我形勢の概要(独立混成第旧九旅団長より指示せられたる処に依る)

   其一、敵情

一、我が数次に亘る作戦行動に依り敵八路軍百二十九師は相当大なる損傷を蒙りたるものゝ如きも今尚其の主力は石太線南方地区一帯に分散駐留し在りて我が攻撃を逃避しつゝ鋭意戦力の補備増強に努力しつゝあり

二、七月下旬以来敵は我が守備兵力の寡少なるを知り常に我が周辺を窺ひつゝあるものゝ如く八月上旬に至り正太線及同蒲鉄路に進出して鉄路の破壊橋梁の爆破等を企図し八路軍としては稀に見る執拗なる反復攻撃を企図せり

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305100 2/5

三、敵八路軍は晋南地区ニ蟠踞しある中央諸軍と連繋し後方主要なる兵站交通路線を破壊して晋南地区に進駐しある我が軍の広報撹乱を行ひ以て該地に於ける日本軍の駐兵駐留を困難ならしむる意図をゆうしあるものゝ如く判断せらる

四、軍は山西省の治安確立の為め敵策謀の根拠を剿滅して敵をして将来生存し能はざるに至らしめ以て其の禍根を一掃し其の行動を完封すべく晋南作戦を実施して敵を大岳山脈中に包囲殲滅するに決す

五、敵情附図第一の如し

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305100 3/5

附図第一
正太線南方地区敵情要図
 (於八月二十七日)

 

一部拡大

晋察冀辺区軍 兵力を集結しつゝあり

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 1/9

   其二、晋中第一期作戦指導要綱

一、作戦指導方針

独立混成第九旅団は独混第四旅団と密に協力し八月中旬以来石太線全線に亘り攻撃を執りつゝある八路軍第一二九師主力を其の退却の好機を制し之を捕捉殲滅す

各支隊の作戦行動開始を規正するも石太線沿線近く蠢動しある敵の退却動揺の色あるときは其の機を逸することなく神速を第一とし逐次に戦闘に加入す

二、作戦指導要領

1.  作戦一般の目標線は松塔鎮 ー 馬抗鎮を連ぬる線とす

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 2/9

2. 各支隊は努めて進路両側地区所在の敵を撃破し執拗に之を追撃すると共に迅速に其の退路を遮断して敵を随所に捕捉撃滅することに努む

3. 目標線進出後の反転して行ふ作戦に於ては徹底的に敵根拠地を燼滅掃討し敵をして将来生存し能はざるに至らしむ

4. 軍の進撃に方りては進路の両側に退避し帰路を掩撃せんとする共産軍戦法の特性に鑑み特に各支隊の戦闘地峡を設定せず各支隊は進路両側に退避せる敵に対しては徹底的に索出して之を剿滅す

之が為め一時進路を変更し或は各支隊行進交差をなすも妨げなし

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305100 4/5

5. 共産軍戦法の特性に鑑み吉野支隊は高家山に到着せば駐留討伐し其の他は所要に応じ一時一地に駐兵し広く附近一帯の剿滅を敢行することあり

その細部に関しては臨機別に示す

三、軍隊区分

本作線に直接参加する兵力は旅団の一部 及

1.  吉野支隊

長 独歩三六長 吉野中佐
独歩三六の保歩兵約二中隊(各中隊機関銃一小隊含む)
独歩三六の歩兵砲一分隊
三号無線一分隊

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305100 5/5

独立輜重兵第一連隊第一中隊の半小隊
第一患者収容隊(独歩三六に於 て編成)

2.  白方支隊

長 白方歩兵少佐
第四十一師団集成歩兵一大隊
 (平射一小(一分欠)MG一中、一小欠)
同 山砲兵一中隊(一分隊欠)
同 三号無線一分隊
同 衛生隊の一部
同輜重兵中隊

3.  鳴海支隊

長 鳴海歩兵少佐
第三十六師団歩兵半大隊
第三十六師団山砲兵一中隊
三号無線一分隊

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 3/9

独立輜重兵第一連隊第一中隊半小隊
第三十六師団衛生隊の一部

4.  永野支隊

長 長野歩兵中佐
第三十六師団歩兵一大隊
第三十六師団山砲兵一大隊(二中隊一小隊欠)
三号無線一分隊
独立輜重兵第一連隊第一中隊(二小隊欠)
第三十六師団戦闘救護群一

5.  旅団直轄部隊

独歩三八堤中隊(機関銃一分隊含む)
独混九通信隊
兵站自動車第八十八中隊の一小隊
独混九臨時編成衛生機関

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 4/9

四、各支隊の行動予定

1.  各支隊の集合及行動を予定すること附図第三の如し

右は図上に於ける予想作戦経過にして実際作戦に方りては素より本予想と異る結果をしょうずべく特に進路の両側に退避せる敵を徹底的に索出撃滅する場合に於て然りとす

各支隊は現地の状況及敵情に適応し本作戦全般の構図に大変化せしめざる範囲に於て適宜独断処置するを要す
然れども作戦全般の関係上作戦目標には必ず一度は進出するものとす

2.  反転作戦に方りて将来敵の生存し能はざら

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 5/9

しむる為燼滅掃蕩を要する敵根拠地区は松塔鎮 ー 馬坑鎮 ー 油房溝 ー 慶城村 ― 潤郊鎮 ー 西草生(盧家庄当方約八粁) ― 松塔鎮を連ぬる線内とす
其の他の地区に於ては止むを得ざるものゝ外燼滅掃蕩を実施せざるものとす

3.  各部隊の集合に関し附図に示さざるものは適時別に各支隊に指示す

4.  各支隊の翌日の行動要旨は旅団命令を以て無電に依り日々電命するも電命を受け得ざる場合は別命を待たず行動予定に基き独断行動すふものとす

各支隊は行動戦果を適時夕刻迄に戦

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 6/9

闘指令所に無電報告すると共に敵情其の他行動予定に影響を及ぼす自己並に友軍の状況は密に連絡し且翌日に関する電命を受領する如く積極的連絡に努むるものとす

無電普通の場合は飛行機の通信投下に依り命令を伝達することあるべきを予想するを以て空地連絡特に注意するを要す

5.  戦闘経過中爆撃の必要を予想する場合は事前に戰鬪指令所に要求するものとす

要求に依り又は飛行隊の独断に依り爆撃する場合各支隊は自隊の表示を適切にするを要す。

6.  旅団戦闘指令所は八月二十九日楡次に前進する予定なり

五、晋中作戦指導要領要図別紙附図第二の如し

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 8/9

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305200 9/9

附図第二
晋中作戦指導要領要図
自昭和十五年八月二十九日
至同   年九月  七日

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 1/9

其三、晋中第一期復行作戦指導要領

一、作戦指導方針

1.  旅団は軍の企図に基き此の際九仞の功を一箕に欠かざる如く更に執拗なる作戦を復行して飽くまで敵を撃滅し諸地区に於ける共産軍の禍根を一掃戦とするに在り

2.  各支隊を某期間一地に駐留せしめ其の担任地域内に分散蟄伏しある敵を索出して撃滅すると共に従来の敵根拠地並に将来の根拠地と目せらるゝ各部落の徹底的燼滅を敢行す

二、作戦指導要領

1.  作戦一般目標線たる松塔鎮 ー 馬坑鎮を連ぬる

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 2/9

線(含む)以西、長凝鎮 ― 范村鎮を連ぬる線(含む)以東の地区及范村鎮南方地区内にある要点に各支隊を駐留して敵の策出剿滅地区を付与す

2.  各支隊長は其の討伐期間内に於て担任地域内の敵情に即応し計画的又は機に投ずる作戦を敢行し分散蟄居しある敵の索出剿滅並に燼滅を敢行す

3.  索出剿滅地区を設定するも各支隊は一度び敵を索出したる場合担任地域に拘泥することなく果敢に追撃し随所に之を捕捉殲滅す

三、第一期晋中復行作戦指導要領要図別紙附図第三の如し

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 4/9

第一期晋中復行作戦指導要領要図
(自昭和十五年九月 六日
 至同   年九月十四日)

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 5/9

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 6/9

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 7/9

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 8/9

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111305300 5/9

備考

一、◎は第一期晋中復行作戦発起点

二、◯は各支隊駐留討伐地点

三、ー×ー× は各支隊の剿滅担任地域の境界

四、-----→ は各支隊の中流地点への進路

五、――→ は中流地点の移動進路

六、中流間は各支隊長の計画する所に基き毎日覆滅を敢行するものとす

七、進撃に方りては主要道路を中心として概ね歩兵中隊を基幹と数縦隊を以て前進するものとす

八、Xは九月九日とす

九、〇は燼滅を要する部落

一〇、ーーー→  は反転帰還進路

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111308500 1/2

第六節 戦闘後に於ける彼我形勢概要

一、石太線及同蒲線に対し大規模且執拗なる攻勢破壊を企図せる共産八路軍に対し徹底的撲滅と其根拠地を掃蕩燼滅し該地区に於ける行動を不可能ならしむる目的を以て実施せられたる今次晋中第一期作戦並に其の復行作戦は敵に対し敵に対し甚大なる打撃を与へ概ね所期の目的を達したるものと信ず

然れ共 敵共産八路軍の呪力は大岳山脈の嶮と無数の谷地、地隙等を利用し巧みに我と決戦を避けて分散踏[韜?]晦せるを以て未だ完全に其戦力を喪失するにいたらず将来我作戦行動の間断を窺ひ再び蠢動することあるべく不断の警戒を要す

二、馬坑鎮を中心とせる敵主要なる根拠地を焼却燼滅せるは

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/image-j/C11111308500 2/2

敵の該地区に於ける駐兵を不可能ならしめ、且 隠匿せる兵器糧秣の鹵獲棄却は其補給を困難ならしめ 敵の蒙れる打撃甚大なるもの在りと思惟せらる 又同地区内広範囲に於ける電線の切断撤収は将来敵の迅速なる連絡をふのうにし 其の補修整備には相当長時日と多量の材料とを必用とし 其の損失大なるものあり

三、要するに今回の作戦に於ては相当大なる成果を収むるを得たるも、未だ敵主力を徹底的に殲滅するに至らざりしを以て 将来 尚 引続き厳密なる索敵警戒に依り機先を制して敵の撃滅に努め 以て今次作戦の成果を完からしむるを要するものと判定す

 

https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C11111304900 JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111304900、

https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C11111305000 JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111305000、

https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C11111305100 JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111305100、

https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C11111305200 JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111305200、

https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C11111305300 JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111305300、

https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C11111308500 JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111308500、

歩兵第224連隊第2大隊 晋中第1期作戦戦闘詳報 昭和15年8月23日~昭和15年9月15日(防衛省防衛研究所 支那-支那事変北支-459)

研究論文 第二次世界大戦期のハワイにおける軍隊と性 ーーホテル・ストリートの繁盛が意味するものーー 島田法子 より

1.  ホノルルにおける赤線地区の繁栄

 第一次世界大戦後に軍事基地の急速な拡大が図られていたホノルルでは,早くも 1928 年頃から軍によって兵士の性病対策と士気高揚のために管理売買春システムが構築され始めた。すなわち兵士を相手にする娼家では,性病感染源調査,性交直後の娼婦による性病感染防止処置,娼婦の定期的身体検査が軍の主導下に導入されていった。娼婦·娼家の管理は,軍の医療部隊や,憲兵隊,沿岸警備隊との協力の下に,ホノルル市警察の風俗取締班にまかされた。7)   すなわちハワイでは開戦前から軍事的管理売買春の原形がすでにできあがっていたのである。軍隊と性の問題に関し,平時と戦時とで線を引くことはできない。

  1941 年 12 月 7 日の日本海軍による真珠湾奇襲直後に,準州知事ジョゼフ・B・ポインデクスターは政権を軍に明け渡し,ハワイは戒厳令下におかれた。戦前から繁栄していた赤線地区の娼家は一時的に閉鎖されたものの,数週間後には軍事政権の下で軍当局によって再開され,ホノルル警察の風俗取締班は憲兵隊長フランク・スティア少佐の指揮下に置かれることになった。陸海軍基地が急激に拡張されるにともなって,アメリカ本土からの兵士と軍事労働者が急増したために男性人口が圧倒的に多くなり,確かな統計はないもののハワイ人口の男女比は 500 対 1 にまでなったといわれる。8)   この男女比の大きな相違が一因となり,ホノルルはアメリカ最大の売買春センターとなった。

 売買春は軍政当局の大きな関心事であった。民政復活を求めてハワイ軍指令部と闘ったハワイ準州司法長官J・ガーナー・アンソニーの記録によると,軍は特に売買春に関する司法権を握り続けることに固執した。アンソニーは,  「ハワイの軍当局が,売買春にかかわる犯罪の裁判権と,売買春そのものの管理にかかわる管轄権を保持することにいかに固執したかは奇異なことである。売買春が軍事上の安全とは無関係であることは確かなのに,ハワイで指揮権をふるう彼等の目には,この問題が大問題であると写っていた。」 と述べている。9)   軍隊の維持のために娼家制度は必要とされ,結局軍政が 1944 年秋に民政移管される間際まで,娼家の営業は軍の管理下で公然と続いたのである。

 ホノルルにおける売買春の実態はベイリーとファーバーの研究が詳しい。他の資料を補いつつ考察を加えながら短くまとめておこう。10)   軍隊相手の娼婦はカリフォルニアからハワイに出稼ぎに渡ってきた白人女性が多

       ー 107 ー

 

かった。娼家への娼婦の手配には地下組織が絡んでいたが,彼女たちはハワイに強制的に連れて来られたわけではなく,また 「廃業の自由」 もあった。しかし,彼女たちに対する警察の管理は威圧と暴力による専制であった。ホノルル市警察が長年にわたり白人娼婦に強制した管理上の差別的慣行とは以下のようなものである。まず彼女たちが本土から到着すると,まるで囚人のように港からホノルル警察に連れていかれた。そこでは指紋を採られ,写真を撮られて,登録させられた。警察における手続きが済むと,保険所で 3 回の淋病の塗抹標本検査と梅毒の血清学的検査を受けさせられ,5 日目に検査結果が陰性なら営業が許可になった。営業が始まると,風俗取締班の警官は日々巡回してまわり,管理下にある娼家のマダム (女将) から巨額の不正利得を徴収した (ある証言によれば,戦争中警察は娼婦 1 人につき毎月 50 ドル,一時は値上げして 100 ドルを徴収したという)。11)   警察は娼婦を厳格に管理するために人権を無視した 「娼婦の守るべき慣行」 をみっちりと 「教育」 した。例えばワイキキビーチに行ってはならない,どこのバーにも高級カフェにも行ってはならない,不動産や自動車を所有してはならない,軍関係者と結婚してはならない,ダンスに行ってはならない,タクシーの前部座席に座ったり,男性と一緒に後部座席に座ってはならない,所属娼家を変えてはならない等々。また娼婦は民間アパートには住めず,マダムに部屋代を払って娼家内に住まなければならない慣行であった。警察は娼婦の私生活が地元民 (特に白人支配層) の目に触れないように細心の注意を払い,娼婦はいわば 「見えない存在」 にされていた。

 ホノルルの赤線地区は,リヴァー,ベレタニア,ヌアヌ,そしてホテル・ストリートに囲まれた数ブロックの狭い地区で,第二次世界大戦下この 「ホテル・ストリート地区」 には兵士専用の 20 軒ほどの娼家が集中していた。警察に登録された娼婦は約 250 人で,マダムが経営している娼家に所属する者と,娼家内の部屋を 1 日 25 ドルから 75 ドルで借りて個人営業する者とがいた。娼婦は 「エンターテイナー」 として警察に登録され,ライセンス代に年 1 ドルを支払い,収入を報告してその額に対して税金を支払った。娼家前には毎日 2 時間待ちの兵士の行列ができ,毎月 25 万人近くの軍関係者が娼家を利用した。売春業は一大産業となり,その総売り上げは年 1 千万ドルから 1 千 5 百万ドルにも達し,戦前のホノルルの観光業の総売り上げに匹敵した。料金は 1 回が 3 分間で 3 ドル。そのうち 1 ドルがマダムの取り分であった。ほとんどの娼家ではマダムが娼婦に月 20 日以上の労働と 1 日に 100 人の相手をするという割り当てを課したという。12)   娼婦の平均年

       ー 108 ー

 

収は 2 万 5 千ドルから 4 万ドル,マダムの年収は約 15 万ドルにもなった。13)   当時の最高給で働く女性の年収が 2,000 ドル位であったから売春がいかに高収益であったかが分かる。しかし長く続けられる仕事ではなかった。辛い仕事だったので,娼婦を長時間働かせるためにモルヒネ等の麻薬を与えるマダムがいたことが指摘されている。14)   たとえこの職業が女性の 「自由選択」 であったとしても,軍専用娼家制の基盤は性暴力であり,娼婦は軍,警察,保険所,マダムに管理され従属と従順を強いられていたのである。

7) Eric A. Fennel, "Venereal Disease Control: A Bedtime Story," Hawaii Medical Journal (November-December 1942), 68-9.

8) Bailey and Farber, The First Strange Place, 43. Cf. Honolulu Star-Bulletin, September 26, 1941.

9) J. Garner Anthony, Hawaii under Army Rule (Stanford: Stanford University Press, 1955), 23.

10) Bailey and Farber, The First Strange Place, 100-9.

11) Joe Rossi, "An Interview with Harriet Kuwamoto, "April 1 and 8, 1992, An Era of Change (Honolulu: Center for Oral History, University of Hawai'i, 1994), I,335; Jean O'Hara, My Life as a Honolulu Prostitute, mimeographed (Honolulu; self-published, 1944), 27.

12) Vivien Lee, "An Interview with Adeline Naniole, "March 2, 1979, Women Workers in Hawaii's Pineapple Industry, (Honolulu; Ethnic Studies Oral HistoryProject, University of Hawai'i, 1979), II, 770.

13) Honolulu Council, "Prostitution in Honolulu," 3.

14) O'Hara, My Life, 20-21; Bailey and Farber, The First Strange Place, 107

 

2.  ホノルルにおける性病管理

 ではなぜハワイではアメリカ本土と違って,売買春が公然と営業され続けたのであろうか。ハワイの売買春事情には本土とは異なる様相がいくつかあるが,その一つ,ハワイにおける性病管理について考察を加えよう。売買春容認の鍵となった背景として当時ハワイ防衛地区では軍隊内の性病感染率が全米で最も低かったという事実と,ハワイの性病感染率が低いのは管理された売買春制度のおかげであるという 「常識」 とがあった。ハワイ準州の性病部長であった医師サミュエル・アリソンのように,この 「常識」 は誤っていると主張する人もいたが,ホノルルでは少数派であった。

 性病がうまく抑制されている以上,将軍も提督も太平洋戦線に出ていく兵士の士気高揚に役立つとされた娼家の閉鎖を必要とは考えなかった。15)   アリソンは売買春に反対の立場から次のように証言している。「開戦後,軍政の下では性病管理は軍医総監の責任となったが,軍は国の方針を無視し,かえって売買春抑制を妨害した。しかし他方で軍は性病管理に関しては非常に協力的だった。軍医の多くは娼婦が兵士の士気のために必要だと思い,ハワイの性病感染率が低いうちは売買春抑制は必要ないと考えたのである」。16)

 軍の視点からは,最重要課題は性病の管理であり,感染源の摘発であった。ハワイではここ独特の感染防止対策がとられた。第 1 は,徹底した感染源の調査のために,軍,準州性病部,保険所,民間医療機関,娼家マダムの緊密な協力システムをつくることであった。第 2 は,感染源調査に協力してもらうために,兵士に対してだけでなく娼婦やマダムに対しても,懲罰的対応をとらないことであった。しかし以下に述べるように,娼婦を抑圧して兵士を保護しようとする構図に変わりがなかったことを忘れてはならない。

 感染源調査は準州性病部の重要な機能であった。性病部長アリソンが民

       ー 109 ー

 

間の責任者で,その下に性病看護婦と感染源調査官が配置されていた。 1937 年から戦中にかけて準州の性病看護婦として働いたハリエット・クワモトの証言が残っているので検証しておこう。17)   その証言からは,軍への協力が優先され,娼婦の人権への配慮はなかったことが窺える。患者 (主として軍人) が出たという報告を受けると感染源調査が始まった。流しの街娼から感染した場合には,その兵士が娼婦をひろったという場所へ出向き,娼婦を特定し,検査を受けさせなければならなかった。娼婦が集まるバーへの対策も行った。クワモトは,  「戦争中は性病の分野で軍と緊密な協力をしました。軍は娼婦がひろえるバーを全部取り払いたがっていました。…私は軍の懲戒班の会議によく招かれて,ある特定のバーから感染した民間人の患者があるかどうか,我々の情報を報告しました。すると軍はそのバーを軍人立ち入り禁止にしまた。…立ち入り禁止になった場所が沢山ありました。立ち入り禁止措置になると,軍人が中に入れないように歩哨が立ちました。それは[軍が]兵士を性病から守る方法の一つでした。」 と述べている。18)   それに対して娼家で働く娼婦に関してはマダムが調査の当事者になった。クワモトの記憶によると,  「私はマダムに電話して,名前は分からないがそこの娼婦の 1 人が感染源に挙げられたと連絡しました。その情報源の男性は娼婦の外見を,金髪,黒髪,背が低い等々というのです。」 するとマダムたちは大変に協力的で,外見が該当する 5・6 人の娼婦を医者にみせたという。19)   「マダムは一般に女たちをできる限り清潔に保とうと努めていました。それが自分たちの利益でもありました」。 20)   また性病は報告義務のある病気だったので,民間の開業医も感染者を発見したら報告を義務づけられていた。 兵士はアメリカ本土と同様に政府の保護の対象だった。軍は性病感染予防のためにホテル・ストリート地区に 5・6 箇所の洗浄消毒センターを公然と設置し,無料で事後の処置が受けられる体制をつくった。各センターは 1942 年には毎月平均 5 万人の男性を処置している。21)   また軍は娼家内にポスターを張り,娼婦と接触した兵士はすぐに洗浄消毒センターに駆けこんで処置を受けるように呼びかけた。感染発病した兵士を罰することもなく,むしろどこの娼婦から感染したのか等々を隠さずに報告させて感染源調査に協力させた。そして感染した兵士は,軍医が配属されている診療所で無料で治療を受けた。22)    結局抑圧されたのは娼婦であった。アメリカ本土におけるような娼婦たちの逮捕・拘留といった懲罰的な取り締まりはなかったものの,定期的な

       ー 110 ー

 

毎週の淋病塗抹標本検査と,3 ヵ月毎の梅毒の血清学的検査とが義務づけられていた。検査に医学的価値があるかどうかは疑問視されていたが,娼婦たちの費用負担で続けられた。23)   感染源とされた娼婦は強制入院させられた。これも感染予防手段の 1 つであった。「安全な性」 を兵士に提供するために,あらゆる方法で娼婦をコントロールしたのである。

 戦時中は民間人で感染した人は,娼婦を含めて全てクアキニ病院に入院させられたという。これは旧 「日本人病院」 であるが,戦争勃発により軍に接収されて名称変更させられたものである。ハワイの日本人移民の健康を支えてきた病院で,戦争中もその全患者の 90 % が日系人であった。24)   クワモトの証言によると,  「感染した患者は全員入院しなければなりませんでした。なぜならペニシリンが出たばかりで,病院でしか扱っていなかったからです。患者はクアキニ病院に隔離されました。そこは軍に接収され管理されていて,安全でした。患者はみな民間人です。…娼婦もそうでない人も,当時感染者はみなクアキニに入院しました。」 という。25)   軍が管理するのに便利であったためもあろうが,日本人の病院が一般から蔑まれ 「見えない存在」 であるはずの娼婦の性病治療施設に指定されたことは,人種差別の側面からも興味深い。

 アメリカ本土とは異なり,兵士とつきあう地元の 「ローカル 社会の女性たちが 「潜在的な性病感染者」 として逮捕されるというような事態は起きなかった。もちろんハワイの娘たちが性的に禁欲であったということではない。事実,様々の性的問題が起きた。娼婦ジーン・オハラは,多くのローカルの娘たちが大金に魅せられて,あるいは好奇心から,あるいは斡旋人の甘言にのせられて,売春 (娼家以外の場所で) を始めたことを証言している。26)   またローカルの娘たちが社交上手な白人兵士に誘われてデートを楽しみ始めたため,自分たちの女性を奪われたローカルのアジア系男性と白人兵士とのいざこざがおきたり,娘たちと兵士とのあいだに多くの私生児が生まれたりした。27)   共同体の規制が強くて性的自由が最も限定されていた日系の娘たちの間でさえ,多くの私生児が生まれた。クアキニ病院の看護婦の証言によると,  「私が気付いた大きなことで明らかに社会問題だと思うことは,ここで生まれる私生児の大変な増加ぶりです。ときには一遍にこのフロアの出産の 25 % までが私生児になります。…私生児のケースのほとんどは母親が日系人のウェイトレスかメイドで,父親が白人の軍事労働者か兵士です。」 という状況であった。28)   ハワイ系の社会では私生児は伝統的拡大家族制度 「オハナ」 によって大切に受け入れられた。また日

       ー 111 ー

 

系社会でも一世が若い娘の 「性的奔放」 に苦言を呈することはあっても,敵性外国人である一世はもはや二世を規制することはできなかった。このようにハワイでは,人手不足から社会進出した女性たちはもちろんのこと,性的に自由に振る舞った女性たちをも,警察や公衆衛生官吏が抑圧することはなかった。ハワイでは,ローカルの女性と外部から来た娼婦との間で線引きがなされ,娼婦だけが管理抑圧されたのである。

15) Costello, Virtue under Fire, 216.

16) Samuel D. Allison, "The Honolulu Myth," Soclal Protection in Hawaii:  How the City of Honolulu Closed Its Red-Light District, The American Social Hygiene Association Publication No. A-661 (Honolulu, u.d.), 17. RASRL.

17) Rossi, "An Interview, "333-38.

18) Ibid., 333.

19) Ibid., 334.

20) Ibid., 337.

21) Costello, Virtue under Fire, 216.

22) Rossi, "An Interview," 345.

23) Femel, "Venereal Disease Control," 70.

24) Mrs. Lam, "An Interview with a Nurse at the Obstetrical Dept. of Kuakini Hospital," March 16, 1943. RASRL.

25) Rossi, "An Interview," 356.

26) O'Hara, My Life, 10.27) H.E. Hasty, "An Interview with Miss B.E.M., a Public Health Nurse," July 18,1943. RASRL.

28) Lam, "An Interview."

 

3. 娼婦の 「人権」 と女性による売買春 「支配」 の意味

 ハワイの状況を,性病感染率の低さだけでは説明しきれない。確かに,アメリカ本土でも性病さえ抑制できるなら売買春を認めてよいとする世論があったように,性病感染率の低さは売買春容認の大きな要因である。しかし総力戦体制下のハワイにおいては,軍はただ単に売買春を容認するにとどまらず,地元社会の抵抗を振り切って,娼婦を戦争のための有用なある種の 「軍事労働者」 として保護することになった。なぜそのようなことが起こり得たのであろうか。地元社会はどのように対応したであろうか。ここではまずそのプロセスを検証し,次いでその意味するところに考察を加えたい。

 真珠湾奇襲後に起こった娼婦と軍と警察の 3 者をめぐる興味深い力関係は,ハワイ以外のアメリカでは起こりえないことであった。この問題を取り上げているベイリーとファーバーの論文によると,事のなりゆきは以下のようである。29)   上述のように,開戦とともに軍政下に憲兵隊長スティア少佐が娼家・娼婦を管理する権限を握った。彼は地元社会の人種関係や慣行に関心が無く,娼婦をホノルル警察の規制から解放し,ホテル・ストリート地区できちんと娼婦として働く限り住居や行動を制限することをやめてしまったのである。その結果 「自由な市民」 として解放された娼婦はホノルル中で自分の家を買い,盛んにパーティーをして自由を満喫した。このように白人娼婦が公衆の目に触れるようになったので,ハワイの白人支配層が主張する 「白人の道徳的優越性やハワイの多数を占める有色民族を統治するある種の『自然な』権利」 という欺瞞が暴かれたのであった。30)   このような娼婦の 「解放」 に納得がいかないのはホノルル警察であった。警察は,白人支配の構造を保持したいという地元白人社会の利益を代弁していた。軍と警察が娼婦をめぐって対立する構図となった。警察署長ウィリアム・A・ゲイブリエルソンは軍に対する不満を隠そうとせず,風俗取締班の警官に赤線地区の監督から一切手を引くように命令を出した。こうなれば

       ー 112 ー

 

軍は赤線閉鎖を命令するほかなくなる。しかし,ゲイブリエルソンが予期したように,エモンズ将軍は閉鎖を望まず,ホノルル警察に以前のように赤線地区の管理を行うことを命令した。ゲイブイエルソンは喜んで管理を再開した。しかし今度は元の状態に戻ることを拒否した娼婦がストライキに訴,約3週間ホノルル警察の前でピケを張るという前代未聞の事態となった。彼女たちは住居と行動の自由を 「市民としての十分な権利」 として要求したのである。結局エモンズ将軍の働きかけで妥協が成立し,娼婦の 「住居の自由」 と 「外出の自由」 を認めること,その代わり面倒な娼婦の性病管理と娼家の衛生管理は軍が引き受けること,警察は他の規則を執行する権利を持つことで決着したのである。娼婦は歓声をあげてストライキを終えた。地元の新聞はこの騒ぎを一切報道せず,無視した。戦争中も地元社会は娼婦を 「見える存在」 として認めることを拒み続けたのである。

 娼婦たちが手にした 「市民としての権利」 は,総力戦体制下で娼婦の有用性が軍に認知されたために起こり得たというベイリーとファーバーの解釈は正当である。しかしベイリーとファーバーのように娼婦の 「権利」 を強調することには疑問が残る。むしろ継続する娼婦差別こそ強調されるべきであろう。なぜなら警察力によって女性の体をコントロールし,それによって兵士の性欲の結果である性病感染をコントロールした力の構図に変わりはなかったからである。娼婦が手にいれた 「市民としての権利」 はあくまでも括弧つきの限定的なものであった。一般の女性が,あるいは黒人やアジア系などの少数民族の男性が,総力戦下に職場や軍隊に進出し,軍事労働者あるいは市民として社会的に認知され徐々に主流社会に受け入れられていったことと並行した点があるものの,ホノルルの娼婦の場合は社会的に認知されることはなく,あくまでも非合法で 「見えない存在」 として扱われた点では根本的に異なるのである。それを実証するのが娼婦オハラである。1944 年初頭に廃業したオハラは,同年 8 月に警察の横暴と暴行を告発する手記を公表した。彼女は強い納税者意識を持ち,堂々とした権利の主張をした。例えば警察署長に 「私は自分がしたいことをするわ。私は市民で納税者よ」 と言い返し,警官に向かって 「私が市民で納税者である以上,どこに住もうと勝手でしょ」 と言う。31)   彼女も戦争中は高級住宅地に住んでホテル・ストリートに出勤する自由を得た。しかし決して市民として社会的に認知されたのではない。警察は市民としての権利を主張して警察に対抗するオハラを追い回し,彼女を無実の嫌疑で逮捕し,オハラが盗難にあっても相手にしてくれなかった。32)

       ー 113 ー

 

またベイリーとファーバーのように女性によるホテル・ストリート売春の 「支配」 を強調するなら,女性が支配さえすれば基地売買春は是認されるのかという疑義を招く。また真の支配構造を見落とすことになる。ベイリーとファーバーは,戦時中の売買春が完全な売手市場であったことを,そして行儀の悪い男性や酔っ払いは娼家への立ち入りを入口で拒絶され,性病の兆候のある男性は娼婦に拒否されたことを指摘し,娼家の所有,管理,運営に関して全面的に女性の支配下にあったことを強調する。「女性の体は商品であった。しかしシステムが,女性による男性支配を強調する仕組になっていた。[男性は]行列に並び,入口番[女性]にチェックされ,その日の 100 人という割り当ての無名の行為に加わる。このような経験は男性の力とか支配の感覚を強めるのにまったく役立たなかった。…大戦中のホテル・ストリートでは,支配を手にしたのは女性であった」 と。33) しかし,むしろ娼婦による「支配」は表面のみであったことを強調する必要があろう。売手市場で性の供給側の女性が個々の兵士より優位に立っているように見えても,その真の買手は独占的に軍隊であり,この市場自体は完全に軍の支配下にあったことを忘れてはならない。すなわち外見上の女性(娼婦とマダム)の優位は軍隊に裏書きされた脆いものに過ぎなかったのである。軍政当局が売買春をめぐる司法権や管轄権に固執したことが示すように,軍隊が売買春を必要と考えたので存続が許されたのである。さらに,娼婦とマダムを 「女性」 として一括することも誤りである。ベイリーとファーバーの論文は,娼婦とマダムの間に,対立関係ではないにせよ支配関係があったことを隠してしまっている。マダムは性病感染予防のシステムの一端を担い,麻薬で娼婦を支配し,日に 100 人の兵士を相手にすることを課し,  「怠け者」 に圧力をかけた。娼婦が客を支配したと考えるのには無理がある。V・ブーローとB・ブーローが主張するように,娼婦は社会的地位を失うことによって,つまり一定の市民としての権利を放棄して主流社会から外れることによって収入を得てきたのであり,ハワイの大戦中の娼婦も例外ではなく,警察の監視と定期的性病検査の辱めを受け,性病と麻薬中毒に脅かされつつ,稼げるだけ稼いだにすぎない。34)   そして,たとえ娼婦が大金を手にしたとしても,最大の受益者が軍隊であったことに変わりはない。娼婦オハラが手記の冒頭と結論で若い女性たちにこの商売につかないように警告を発していることは象徴的である。35)

       ー 114 ー

29) Bailey and Farber, "Hotel Street," 64-68.

30) Ibid., 64.

31) O'Hara, My Life, 30, 45.

32) Ibid., 45.

33) Bailey and Farber, "Hotel Street," 63.

34) Bullough and Bullough, Women and Prostitution, 293.

35) O'Hara, "Dedication" and "Conclusion," My Life.

 

 

【工事中】ラディカ・クーマラスワミ 戦時の軍事性奴隷制の問題に関する朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国と日本への任務派遣の報告 Report on the mission to the Democratic People's Republic of Korea, the Republic of Korea and Japan on the issue of military sexual slavery in wartime 1996. 1. 4 

UNITED NATIONS         E
Economic and Social Council

国連経済社会理事会        経

       Distr.
       GENERAL

       配布先:一般

       E/CN.4/1996/53/Add. 1
       4 January 1996

       1996 年 1 月 4 日

       Original: ENGLISH
       原文:英語

COMMISSION ON HUMAN RIGHTS
Fifty-second session
Item 9 (a) of the provisional agenda

人権委員会
第五十二回定例会
臨時協議事項 第 9 (a)

FURTHER PROMOTION AND ENCOURAGEMENT OF HUMAN RIGHTS AND FUNDAMENTAL FREEDOMS, INCLUDING THE QUESTION OF THE PROGRAMME AND METHODS OF WORK OF THE COMMISSION

委員会の仕事の綱領と方法の問題を含む、人権と基本的自由のさらなる促進と奨励

ALTERNATIVE APPROACHES AND WAYS AND MEANS WITHIN THE UNITED NATIONS SYSTEM FOR IMPROVING THE EFFECTIVE ENJOYMENT OF HUMAN RIGHTS AND FUNDAMENTAL FREEDOMS

人権と基本的自由の有効な享受を向上させるための国連組織内部の新たな働きかけと方法と手段

Addendum

Report of the Special Rapporteur on violence against women, its causes and consequences, Ms. Radhika Coomaraswamy, in accordance with Commission on Human Rights resolution 1994/45

人権委員会 1994 年 第 45 号決議による委任に従った、特別調査員 ラディカ·クマラスワミさんの、女性に対する暴力、その原因と結果に関する報告を補足する

Report on the mission to the Democratic People's Republic of Korea, the Republic of Korea and Japan on the issue of military sexual slavery in wartime

戦時の軍事性奴隷制の関する朝鮮民主主義人民共和国と韓国と日本への任務派遣の報告

           Paragraphs/Page

段落/ページ

Introduction .................................. 1-5/3

序言

I.  DEFINITION ............................ 6-10/4

一、定義

II.  HISTORICAL BACKGROUND          ................. 11-44/5

二、歴史的背景

 A.  General ............................ 11-22/5

 A.総論

 B.  Recruitment ..................... 23-31/7

 B.徴募

 C.  Conditions in the comfort stations         ..................... 32-44/9

 C.慰安所内における状態

          GE.96-10123 (E)

 

E/CN.4/1996/53/Add.1
page 2

         Paragraphs/Page

III.  WORKING METHODS AND ACTIVITIES OF THE ) SPECIAL RAPPORTEUR ......................... 45-51/12

三、作業方法

IV.  TESTIMONIES .................. 52-65/13

四、証言集

V.  POSITION OF THE GOVERNMENT OF THE DEMOCRATIC PEOPLE'S REPUBLIC OF KOREA ............................... 66-76/18

五、朝鮮民主主義人民共和国政府の立場

VI.  POSITION OF THE GOVERNMENT OF THE REPUBLIC OF KOREA         ................... 77-90/20

六、大韓民国政府の立場

VII.  POSITION OF THE GOVERNMENT OF JAPAN ............................. 91-124/22

七、日本政府の立場

VIII.  MORAL RESPONSIBILITY        .................. 125-135/28

八、道義的責任

IX.  RECOMMENDATIONS        .................. 136-140/31

九、勧告

 A.  At the national level ......... 137/31

 A.国民的地平において

 B.  At the international level          ........... 138-140/32

 B.国際的地平において

Annex:  List of principal persons/organizations the Special Rapporteur consulted during her mission

付録:特別調査員が派遣中に対話した主要な人物と組織の一覧

 

E/CN.4/1996/53/Add.1
page 2

   Introduction

   序言

1.  At the invitation of the Governments of the Republic of Korea and Japan, the Special Rapporteur on violence against women visited Seoul from 18 to 22 July 1995 and Tokyo from 22 to 27 July 1995 to study in depth the issue of military sexual slavery in wartime, within the wider framework of violence against women, its causes and consequences.  On the proposal and at the invitation of the Government of the Democratic People's Republic of Korea, the Special Rapporteur was also scheduled to visit Pyongyang from 15 to 18 July 1995, on the same matter.  However, as the Special Rapporteur communicated to the Government in a letter dated 25 July 1995, the Special Rapporteur conveyed her sincere apologies and deepest regrets for her inability to visit the Democratic People's Republic of Korea due to a delay in the flight connection.

1.  大韓民国と日本の両国政府に招かれて、女性に対する暴力の特別調査員は、戦時の軍用性奴隷の問題を、女性に対する暴力、その原因と結果というより広い枠組みの中で深く研究するため、1995 年 7 月 18 ~ 22 日に大韓民国を、1995 年 7 月 22 ~ 25 日に日本を訪れた。朝鮮民主主義人民共和国の申し出と招きにより、特別調査員は 1995 年 7 月 15 ~ 18 日にピョンヤンもまた同じ要件で訪れる予定を組んでいた。しかしながら、特別調査員が 1995 年 7 月 25 日付の手紙で同国政府に通知したとおり、航空便の接続の遅れのせいで自分が朝鮮民主主義人民共和国を訪れることができなかったことについて、特別調査員は心からのお詫びと極めて深い遺憾の意を胸に旅をした。

2. By way of the same letter, the Special Rapporteur further assured His Excellency Mr. Kim Yong Nam, Minister for Foreign Affairs of the Democratic People's Republic of Korea, that she had full confidence in the representatives of the Centre for Human Rights, who visited Pyongyang as scheduled from 15 to 18 July 1995 and transmitted to her in detail all information, materials and documentation received on behalf of the Special Rapporteur.  The Special Rapporteur also indicated her willingness to visit the Democratic People's Republic of Korea at a mutually convenient time in the future.  In this regard, the Special Rapporteur greatly appreciates the flexibility and cooperation of the Government of the Democratic People's Republic of Korea which informed the Special Rapporteur in a letter dated 16 August 1995 that the Government would be grateful if the Special Rapporteur were to study carefully and take into account in the preparation of her report the information, materials and documentation provided to the representatives of the Centre for Human Rights during their visit to the Democratic People's Republic of Korea.

2.  同じ手紙でさらに特別報告者は、朝鮮民主主義人民共和国外務大臣、キム·ヨンナム閣下に、人権センターの代表団を完全に信頼していることを確認した。彼らは特別調査員に代わって受け取った一切の情報と資料と文書記録を詳細に伝達してくれたのである。特別調査員はまた、将来、互いに都合のよい時に朝鮮民主主義人民共和国を訪れる意志があることを表明した。この点で、特別調査員は朝鮮民主主義人民共和国政府の柔軟性と協力姿勢に大変感謝している。朝鮮民主主義人民共和国を訪れている間に人権センターの代表団に提供された情報と資料と文書記録を、特別調査員が注意深く調査し、報告書の準備で考慮に入れてくれたら、政府は有難く思うだろうと、彼らは1995 年 8 月 16 日付の手紙で特別調査員に伝えてきた。

3.  The Special Rapporteur wishes also to express her appreciation for the cooperation and assistance extended by the Governments of the Republic of Korea and Japan, enabling the Special Rapporteur to enter into dialogue with relevant sectors of society and to obtain all information and documentation needed to report to the Commission on Human Rights in an objective and impartial manner.

3.  特別報告者は大韓民国と日本の政府から受けた協力と援助にもまた謝意を表したい。そのお蔭で特別調査員は社会のなかの関係する分野人々に会って対話をすることができたし、客観的で公平な仕方で人権委員会に報告をするのに必要な一切の情報と文書記録を得ることができた。

4.  The visits, and the high quality of discussions during both consultations with representatives of governmental and non-governmental organizations, as well as interviews with women victims of military sexual slavery duringwartime, allowed the Special Rapporteur to gain insight into the demands of the victims and the positions of the Governments concerned.  It also enabled the Special Rapporteur to better understand which issues still remain unresolved and which measures are being taken at present in relation to the matter at hand.

4.  政府機関と非政府組織の両方の代表者を訪れて

5.  The Special Rapporteur wishes to underline that the discussion of the subject-matter of the present report should be applied to all cases of former "comfort women" victims, and not only to those on the Korean peninsula.  The Special Rapporteur regrets that due to financial and time constraints it has not been possible for her to visit surviving women in all countries concerned.

 

E/CN.4/1996/53/Add.1
page 2

   I. DEFINITION

   一、定義

6.  The Special Rapporteur would like to clarify at the outset of this report that she considers the case of women forced to render sexual services in wartime by and/or for the use of armed forces a practice of military sexual slavery.

6.  特別調査員はこの報告書の始めに、戦時に武装勢力によって、かつ/または武装勢力の要求により、性奉仕の提供を強制される女たちの事例を、軍用性奴隷制の慣行と考えていることを明らかにしておきたい。

7.  In this connection, the Special Rapporteur is aware of the position of the Government of Japan conveyed to her during her visit to Tokyo, which states that the application of the term "slavery" defined as "the status or condition of a person over whom any or all of the powers attaching to the right of ownership are exercised" in accordance with article 1 (1) of the 1926 Slavery Convention, is inaccurate in the case of "comfort women" under existing provisions of international law.

7.  この点で特別調査員は東京訪問中に伝えられた日本政府の立場のことを承知している。 1926 年奴隷条約の第一条第一項に従って、「所有権に付属するいずれかのまたはすべての権力の行使を受ける人の状態または地位」 と定義される 「奴隷」 という用語を適用するのは、現行の国際法の規定のもとで、 「慰安婦」 の場合には不正確であると日本政府は言明している。

8.  The Special Rapporteur, however, holds the opinion that the practice of "comfort women" should be considered a clear case of sexual slavery and a slavery-like practice in accordance with the approach adopted by relevant international human rights bodies and mechanisms.  In this connection, the Special Rapporteur wishes to underline that the Sub-Commission on Prevention of Discrimination and Protection of Minorities, in its resolution 1993/24 of 15 August 1993, noting information transmitted to it by the Working Group on Contemporary Forms of Slavery concerning the sexual exploitation of women and other forms of forced labour during wartime, entrusted one of its experts to undertake an in-depth study on the situation of systematic rape, sexual slavery and slavery-like practices during wartime.  The Sub-Commission further requested the expert in the preparation of this study to take into account information, including on "comfort women", which had been submitted to the Special Rapporteur on the right to restitution, compensation and rehabilitation of victims of gross violations of human rights.

8.  特別調査員は、それでもやはり、「慰安婦」 の慣行を性奴隷制奴隷制に似た慣行の明瞭な事例と考えるべきであるという意見を保持する点で、関係する国際人権諸団体および諸機構の姿勢と一致する 。これに関連して特別調査員が強調したいのは、差別防止と弱者保護の小委員会が、その 1993 年 8 月 15 日の 1993 年 第 24 号決議のなかで、戦時下の女性の性的搾取やその他の形態の強制労働に関して奴隷制の今日的形態に関する作業部会から寄せられた情報に注意を促しつつ、戦時中の組織的強姦と性奴隷制奴隷制に似た慣行の詳細な研究を小委員会の専門家の一人に委ね、これに着手させたことである。同小委員会はさらに、人権の全般的な侵害の犠牲者が復旧と賠償と名誉回復を受ける権利に関して特別調査員に提出された情報を、「慰安婦」 に関するものを含めて、研究の準備に当たって考慮に入れる様にその専門家に要請した。

9. Furthermore, the Special Rapporteur notes that the Working Group on Contemporary Forms of Slavery, at its twentieth session, welcomed information received from the Government of Japan on the issue of "women sex slaves during the Second World War" and recommended that such practices as "treatment akin to slavery" be settled through the establishment of a Japanese administrative tribunal.

さらにまた特別調査員は、奴隷制の今日的形態に関する作業部会が、その第二十期会合において、日本政府から受け取った 「第二次世界大戦中の女の性奴隷」 の問題に関する情報を歓迎し、「奴隷に近似した待遇」 の様な慣行を日本の行政裁判所の設立を通じて解決することを推奨したことにも注意を促したい。

10.  Finally, for the purpose of terminology, the Special Rapporteur concurs entirely with the view held by members of the Working Group on Contemporary Forms of Slavery, as well as by representatives of non-governmental organizations and some academics, that the phrase "comfort women" does not in the least reflect the suffering, such as multiple rapes on an everyday basis and severe physical abuse, that women victims had to endure during their forced prostitution and sexual subjugation and abuse in wartime.  The Special Rapporteur, therefore, considers with conviction that the phrase "military sexual slaves" represents a much more accurate and appropriate terminology.

10.  最後に、この用語を採用する目的において特別調査員は、奴隷制の今日的形態に関する作業部会の委員たちだけでなく、非政府組織の代表者たちや、何人かの学者たちにも保持されている以下の見方に完全に同意する。すなわち、 「慰安婦」 という語句は、毎日幾も繰り返される強姦と深刻な肉体的虐待という様な、戦時の強制売春と性的服従・虐待が続く限り犠牲者の女たちが堪え忍ばなければならなかった苦痛を、ほんの少しも反映していないのである。特別調査官は、それゆえ、  「軍用性奴隷」 の語句の方がはるかに正確で相応しい用語となっていると確信を持って考える。

 

Body:  CHR
Session:  52nd
Date:  04/01/1996
Symbol:  E/CN.4/1996/53/Add.1
Title:  Report of the Special Rapporteur on violence against women, its causes and consequences:  mission to the Democratic People's Republic of Korea, the Republic of Korea and Japon on the issue of military sexual slavery in wartime

https://ap.ohchr.org/documents/alldocs.aspx?doc_id=720

【工事中】大韓帝国ハーグ勅使委任状、李瑋鍾の『韓国のための嘆願』 1907. 4. 20

大韓帝國特派委貟前議政府叅賛李相卨前平理院檢事李儁前駐俄公使舘叅書官李瑋鍾委任状

大皇帝勅曰我國之自主獨立乃天下列邦之所共認也朕向與列邦締約修好使盖相望凢屬烈邦會議理應派貟徃叅在一千九百五年十一月十八日日本對我國違背公法藉行非理脅勍立約強奪我外交大權斷絶我烈邦友誼不寧維是日本之欺陵侵侮又無所不至其乖戻公理違悖人道者有不可勝記朕念及此實庸痛恨茲特派従二品前議政府叅賛李相卨前平理院檢事李儁前駐俄公使舘叅書官李瑋鍾前徃荷蘭海牙府平和會議備将本國諸般苦難事情一陳于議席囘復我外交大權復修我列邦友誼朕念此臣䒭素性忠實可堪是任冝其幹辧妥適無墜朕命欽哉

大韓光武十一年四月二十日於漢陽京城慶運宮親署押鈴寳

  大皇帝 花押 【皇帝御璽】 

 

大韓帝国特派委員 前議政府参賛 李相卨、前平理院検事 李儁、前駐ロシア公使館参書官 李瑋鍾への委任状

 大皇帝の勅してのたまうに、わが国の自主独立はすなわち天下列邦の共に認める所である。朕は列邦と向かい約を締し、よしみを修めている。どうして使者が相対しないことがあろうか。およそ列邦会議に属する者は員を派し往きて参ずるが理の当然である。一千九百五年十一月十八日に日本はわが国に対して公法に違背し、非理を行して立約を脅し、わが外交大権を強奪し、わが烈邦との友誼を断絶した。寧[やす]らかならざるとはこれまさに日本の欺陵侵侮にして、またもやその公理に乖戻し人道に違悖すること至らない所がない。朕の念およびこの実庸なる痛恨はとても言葉に記しつくせぬものがある。ここに従二品 前議政府参賛 李相卨、前平理院検事 李儁、前駐俄(ロシア)公使館参書官 李瑋鍾は、オランダ、ハーグ府の平和会議に赴き、まさに本国の諸般の苦難の事情を議場で一陳し、わが外交大権を回復しわが列邦との友誼を修復しようと準備をしている。朕念うにこの臣たちは素性忠実にしてこの任に堪えるであろう。その幹弁が妥適であり朕の命に墜ちることがなければよい。つつしんで申す。

 大韓光武十一年四月二十日、漢陽京城慶運宮においてみずから署し鈴宝を押す。

  大皇帝 花押 【皇帝御璽】

[TRANSLATION.]

His Majesty the Emperor of Korea, to whom it may concern:

 As the independence of Korea has been known to all the Powers with which she has ever been in friendly relation, we have, for this reason, the right to send the delegates to all international conferences which can be convoked for any purpose.  But by the terms of the treaty of November 18th, 1905, which has extorted from us by forces, the Japanese by menace and by a violation of all international equity deprived us of the right of direct communication with the friendly Powers.

 高麗の独立は友好関係を結んだすべての列国に知られているから、われらはそれゆえ、いかなる目的のもとに召集されたものであれ、あらゆる国際会議に代表を派遣する権利を有する。だが力ずくでわれらから引き出された 1905 年 11 月 18 日の条約の取り決めにより、日本人たちは脅迫をもって、あらゆる国際的公平性を侵害し、らが友好列国と直接交信する権利を奪ったのである。

 Not recognizing this act on the part of Japanese, we desire hereby to appoint the official of the second rank, Ye Sang Sul, and Ye Choon, ex-judge of the Supreme Court of Korea, and Prince Ye We Chong, former Secretary of Legation at St. Petersburg, as Delegates Extraordinary and Plenipotentiary to the International Peace Conference at the Hague, for the purpose of making clear to the representatives of the Powers the violation of our rights by the Japanese and the dangers which presently threaten our country; and also to re-establish between my country and the foreign Powers the direct diplomatic relations to which we are entitled by the fact of independence.

 日本人側のこうした行為を認められないわれらは、これにより第二位の官吏 李相卨、前最高裁判所判事 李儁と前サンクトペテルブルク公使館書記官 李瑋鍾王子を、ハーグ万国平和会議における特命全権代表に指名することを望むものである。列国の代表者に日本人たちによるわれらの権利の侵害とわが国を現に脅かしている危険を明らかにすること、そしてまた独立国という事実によってわれらに資格のある、わが国と他の列国との間の直接の外交関係を再建することがその目的である。

 Considering the three gentlemen above named to be men of high ability and of proved fidelity, we appoint them as our full representatives to the conference at the Hague, in the conviction that they will faithfully serve us and the interest of the nation.

 三名の紳士が高度の能力と試され済みの忠誠心を有する人たちであることに鑑み、彼らがわれらと国益に忠実に仕えるであろうことを確信して、われらは彼らをハーグにおける会議への全権代表に指名する。

 Done at the Palace of Kyung-Oun, in Seoul, this 20th day of the fourth month in the eleventh year of Kwang-Mou.

              YE  HYENG

 本日、光武 11 年 4 月 20 日、ソウルの慶運宮にて。

                  李㷩

 

A Plea for Korea 韓国のための嘆願

BY PRINCE YE WE CHONG  李瑋鍾王子による

 [Prince Ye We Ching is the son of Chin  Pom Ye, who was Korean Minister to the United States, 1896-1900.  The recently deposed Korean Emperor, Ye Hyeng, is his grand uncle.  The Prince’s name indicates his royal birth.  We is his given name; Chong indicates his “generation name” and Ye is his imperial family name.  He lived in Washington, D. C. for four years, attended the College of Janson de Lailly [Sailly] and for two years was a student at the special military school at St. Cyr in Paris.  He has received the Russian order of St. Stanislaus from Tsar Nicholas Ⅱ.  He is married to a Russian lady and has a daughter; his family resides in Russia.  His credentials were sent to him thru secret agents of his Emperor.  For presenting himself at The Hague Peace Conference the Korean courts (at the command of the Japanese officials, so it is generally believed) passed sentence of death against Ye We-Chong and of life imprisonment against his colleagues, Ye Sang Sul and Ye Choon.  The latter died of heart failure while at The Hague.  We publish a facsimile and translation of the credentials which he bears to The Hague, signed by the Emperor’s own hand and sealed with the imperial seal at the palace in Seoul, April 20, 1907.  The Japanese have denied existence or authenticity of this document and claim to have obtained a disavowal of it from ex-Emperor. ーEDITOR.]

 [李瑋鍾王子は 1896 年から 1900 年までの在合衆国公使 李範晋の息子である。最近退位させられた韓国皇帝 李㷩は彼の大叔父である。王子の名はその高貴な生れを示している。瑋は親から授かった名であり、鐘は 「世代名」 であり、李は彼が皇族であることを示す姓である。四年間、ワシントンD.C.に住み、パリでジャンソンドサイー中学校に通い、二年間、サンシール軍事学校の学生だった。皇帝ニコライ二世から聖スタニスラフ勲章を授与されている。ロシア人の婦人と結婚し、一人娘がいて、家族はロシアに居住している。彼の信任状は皇帝の隠密の協力員たちを通して送られた。ハーグ平和会議に姿を見せたことに対して、韓国の法廷は(日本人の官吏に指令されていたので一般に信じられた)李瑋鍾に死刑を、同僚の李相卨と李儁には終身禁固を言い渡した。後者はハーグ滞在中に心不全で死去した。われわれは彼がハーグに携えて来た、信任状の複写と翻訳を公表する。1907 年 4 月 20 日、ソウルの王宮で皇帝が手ずから署名し、皇帝印を捺したものである。日本政府はこの文書の実在あるいは正信性を否認した上で、先帝からそれを否定する回答を得たと主張している。ー編集部]

 

At the beginning of the Russo-Japan war, the Japanese Government announced that it had two main objects in view ー the maintenance of the independence and territorial integrity of Korea, and the continuance of the “open door” for the trade in the Far East.  The Japanese publicists proclaimed, time after time, that Japan was not fighting for herself alone, but also for all civilizstion and for the commercial benefit of all training nations.  So every American and English marchant, missionary and other men in the Far East, fully expected that Japan would keep her words.  In Korea, both the people and Government, placing full confidence in Japan’s solemn promises ー of the maintenance of independence and territorial integrity, made alliance with Japan.  By virtue of this treaty the country was open to Japan as a basis of her military operations and the Korean Government and people assisted the Japanese in every possible manner in their struggle with Russia.  We, the people of Korea, who had been tired of the corruption, exaction and cruel administration of the old Government, received the Japanese

 

with sympathy and hope.  We believed at that time that Japan, while dealing possibly stern measures agaist the corrupt officials, would give justice to the common people and would give honest advice in the administrative work.  We believed that Japan would seize the occasion and lead the Koreans in their efforts to bring about the necessary reforms.

 The Japanese were loud in their emphasis of the fact that they were in Korea, not alone for their own benefit, but as a nation doing the work of all civilized races, and securing themaintenance of the “open door” and of equal opportunity for all.

 Then came the succession of remarkable Japanese victories and the tone of the statesmen and administrators altered.  To our amazement and great resentment Japan has been and is playing the ugly, unjust, inhuman, selfish and brutal role instead of a fair and equal opportunities for all role.

 The first demand, after Japanese wormed their way among us under the guise of friendship, with fair words and with sokemn promises to maintain our

 

 

 

 

 

 

https://www.chosun.com/opinion/column/2020/10/28/YLTCRPUUSNG4REAFMBJT3P4KGQ/

UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY SUMMARY REPORT (Pacific War) 合衆国戦略爆撃実態調査 総括的報告(太平洋戦争)より CONVERSION OF JAPANESE AIR FORCES TO KAMIKAZE FORCES 日本の航空戦力の神風特攻戦力への転換 1946. 7. 1 

CONVERSION OF JAPANESE AIR FORCES TO KAMIKAZE FORCES

日本の航空戦力の神風特攻戦力への転換

 By the summer of 1944, it had become evident to the Japanese air commanders that there was no way in which they could equal the United States air arms at any point.  1944 年の夏までには、いかにしてもあらゆる点で合衆国の航空兵器と肩を並べられないことが、日本軍の航空司令官たちには明らかになっていた。Their losses were catastrophic, while the results which they were achieving were negligible.  彼らの損失は破局的であった反面、彼らが達成しつつある結果は取るに足らないものだった。The one and only asset which they still possessed was the willingness of their pilots to meet certain death.  彼らが所有する唯一の資産は、確実な死をも恐れない日本の操縦士たちの心意気だった。Under these circumstances, they developed the Kamikaze technique.  この様な事情により、日本軍は神風戦法を開発した。A pilot who was prepared to fly his plane directly into a ship would require but little skill to hit his target, provided he got through the intervening screen of enemy fighters and antiaircraft fire.  自分の飛行機で直接敵艦に突っ込む覚悟さえあれば、操縦士が標的に飛行機をぶち当てるのにはほとんど技能を要しないだろう。立ちはだかる敵戦闘機と対空砲火の衝立を突破できたとしての話だが。If sufficient Japanese planes attacked simultaneously, it would be impossible to prevent a cerrain proportion from getting through.  十分な数の日本軍の飛行機が同時に攻撃して来れば、ある程度の割合が突破するのを防ぐことは不可能だ。Even though losses would be 100 percent of the planes and pilots thus committed, results, instead of being negligible, might be sufficient to cause damage beyond that which we would be willing to endure.  これに参加する飛行機と操縦士の 100 % が失わるとしても、その結果は、取るに足らないどころか、我々が甘受するだろう程度を超える損害をもたらすに充分だろう。

 From October, 1944, to the end of the Okinawa campaign, the Japanese flew 2,550 Kamikaze missions, of which 475, or 18.6 percent were effective in securing hits or damaging near misses.  1944 年 10 年から沖縄戦集結までに日本軍は 2,550 の神風特攻機を飛ばし、そのうち 475 機、18.6 % が有効に命中を遂げるか、わずかにそれたが損害を与えた。Warships of all types were damaged, including 12 aircraft carriers, 15 battleships, and 16 light and escort carriers. 12 隻の航空母艦、15 隻の戦艦と 16 隻の軽空母または護衛空母を含む、あらゆる類型の軍艦が損害を受けた。However, no ship larger than an escort carrier was sunk.  しかしながら護衛空母より大型の艦船で沈没したものはなかった。Approximately 45 vessels were sunk, the bulk of which were destroyers. 約 45 隻の船が沈没したが、その大半は駆逐艦だった。The Japanese were misled by their own inflated claims of heavy ships sunk, and ignored the advice of their technicians that a heavier explosive head was required to sink large ships.  日本軍は大艦撃沈という自分自身の誇張した主張に惑わされ、大型艦船を沈めるにはより重い弾頭が必要だという自軍技術者の忠告を無視した。To the United States the losses actually sustained were serious, and caused great concern. 合衆国には実際の持続的な損失は深刻であり、大きな懸念を呼び起こした。Two thousand B-29 sorties were diverted from direct attacks on Japanese cities and industries to striking Kamikaze air fields in Kyushu.  二千回の B-29 の出撃が日本の都市や工業施設の直接攻撃から九州にある神風特攻隊の飛行場を叩くことに転用された。Had the Japanese been able to sustain an attack of greater power and concentration they might have been able to cause us to withdraw or to revise our strategic plans.  もし日本軍がより強力で集中的な攻撃を持続できていたならば、結果として私たちに戦略計画を撤回させるか見直させことができたことだろう。

 At the time of surrender, the Japanese had more than 9,000 planes in the home islands available for Kamikaze attack, and more than 5,000 had already been specially fitted for suicide attack to resist our planned invasion.  降伏時、日本軍は神風攻撃に使える飛行機を本土の島々に 9,000 機以上保有し、5,000 機以上がすでに自爆攻撃の装備を施されていた。

 

↑UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT
(Pacific War)

WASHINGTON, D.C.
1 JULY 1946 https://www.anesi.com/ussbs01.htm#cojaftkf