Ob-La-Di Облако 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

【工事中】朴烈・金子文子裁判記録 第2回公判調書より 弁護人布施辰治の弁論[新漢字ひらがな] 1926.2.27

前同日午後一時、前同一事件につき、前同一法廷において、前同一の判事、検事、裁判所書記列席の上、

公開せずして対審を続行す。

前同一の被告人出頭、身体の拘束を受けず。

前同一の弁護人出頭。

裁判長は、

引き続き審理する旨を告げたり。

弁護人布施辰治は、

私の所見を述べ、裁判所の参考に附したし。私は法律の命ずる形式に従って、ここにこの事件の審理に携り居る次第なるが、むしろこれは一個の社会事相にして、この事件が引き起こされたるその時に、これに携るべき一つの因縁を持ちしもなり。私はこの意味において本件の弁護人として、検事が対象となしたる犯罪、その捜査、裁判所の判断を求めんとする公訴事実はもとより、検事局の捜査の態度、裁判所の審理の態度等を対象として、これに厳正なる批判を加へんと欲す。特に朴・金子両氏に誤解なき様一言すると同時に、裁判所各位にも誤解なきことを望む。

しかして弁論の趣旨は、朴・金子両氏らに対する裁判所、検事局の誤解を正し、またこれらの両氏に加へたる法律的手続・態度の誤られたことを正すために、裁判所、検事局等の深き反省と考察?を求めんとするにありて、決して朴・金子両氏のためにいはゆる弁疏せんとするものにあらざるをもつて、この点は特に両氏の了解を求め置きたし。

同時に私は、両氏が自己の所信を断行するために極めて忠実なる人にして、また真理を熱愛することにおいて、この人たちの志を貴しとするものなるをもつて、両氏の立場を比較的理解し得る一人なることを信ずるが故に、この事案につき批判を試み、検事局と裁判所の反省を求むる次第にして、またこれを求め得ると否とは第二の問題とし、これを要求することが両氏に対する態度と責任なることを痛感するものなり。

問題となれる事案につき一件法律の裁する所は、 何を審理の対象として調べたるか、そは即ち朴・金子両氏の思想なり。検事はその論告に際り、この事案の怖るべきことにおいて生命を要求する所以の理由は、この両氏の思想が叛逆、暴戻、怖るべき危険を包蔵するにありとなし、また裁判所においては、昨日以来朴氏がなしたる「所謂裁判ニ対スル俺ノ態度」「一不逞鮮人より日本の権力者階級に与ふ」と題する書面の朗読、ならびに本日検事の論告に対しなしたる宣言と態度の闡明、これらの上に戰慄と脅威を感じ居らるることと思ふ。故にこの事案に対し裁判所と検事は、これを公開したる時において一般の民心、これらの人たちに万一にも与へらるる戦慄と脅威を拒否せんがために裁判をなすものであり、またしかなすことを使命となすものと言はざるべからず。ここにおいて本弁護人は朴の朗読したる書面、ならびに本日検事の論告に答へたる宣言、また金子夫人の 公判準備手続の答へに代へて書かれたるあの虚無主義の要旨、本日ここに述べられたるその思想の要旨、これらのものに対し他意なき批判を加ふべき検討の第一義となさざるべからざる様思考す。

私がかく云ふとき、それは問題となれる刑法第七十三条に該当する犯罪事件と直接せざる因縁であり、動機である。論を拡むるものとなし、これを不可とするもの者存するやも知れず。しかしながら、命を賭けて所信に邁進したるこの両人の態度につきて、そのことが果たして誤てるや否、結論の上に所見を異にする者にありても、貴き生命を賭けて邁進し所信に忠誠なる態度に、敬意を表し感激すべきなり。

しかして検事はこの両人に死刑を要求し、生命を奪ふべき死刑を要求しをれり。私はこの死刑といふ、生命を要求する刑罰法理につき多少なりとも学ぶ所もある。その理論の上に非難あるがごとく、もとより生命を奪ふべき死刑といふものに相當重大なる意義存することは言ふまでもなし。しかし生命を奪ふべく理論上正当づけられたりとするも、これを実際に取り扱ふことが、法律の命ずるままに執行の局に当たる人々の、人間としての長所と信念をいかに傷つけらるかを思はざるべからず。裁判所としても、検事としても、それくらいのことは知らざるはずこれなきなり。

また私は昨年中、獄に殪[たふ]れたる人を三人までも目撃したり。その私の感情を親?切にいへば、理論上、死刑が正当づけらるるとするも、問題を離れ、生命を奪ふ死刑の要求そのものにつき、私どもは生命ノ貴さ、生きんがための努力の上に、あるいは個人として団体として、あるいは国家として社会として、相当厳粛に考察?せざるべからざることを思ふ。

また私は裁判所と検事に対し一、二言ひたきことあり。そは、実際、その思想を抱きけれを実現せんとなしたその人たちの気持は、その人たちにあらざれば裁き得ざるの事と。この両人の考へたる思想や真理が今日の国家に取りて正しからず、また今日の法律に違反するものとしてこれらの人を処罰することを否むものにあらず。しかしながら、これらの人たちの思想そのものを是非し、これらの人たちが命を賭けたる所信に対し侮辱を与へられたくなしと思ふものなり。

私は、本日、大阪控訴院において判決を言ひ渡さるべきはずのギロチン社の事件につき、被告らの心からの叫びとしてなしたる行為に対し、思想の異なる立場にある検事がこれを批判し、被告らがその批判の誤れることを憤慨したる態度に見て、私はその真理のあることを痛感したり。何人といへども生を愛し一日にても生き延びんことを希はざる者はなかるべし。しかるに過日、東京地方裁判所において古田大次郎が死刑の宣告を受けたるに対し、わずか一通の控訴状を提出すればその生は引き延ばさるべきを、同人は敢へてこれをなさず、生を望まず、生き延びんとせず、即刻、独ひでギロチンの上に満足して受けたることのごとき、私はその心情は全く当人にあらざれば解し得ざるものにして、その信念の痛烈なるを深く感得したり。

しかるが故に、生命を賭けたる出来事につき客観的に結果の上に不祥の大罪なりと認むべきものあるとき、これが制裁は自由にして、またなさざるべからざる裁判所と検事の立場はこれを認む。またこの両人も覚悟をなせり。しかしながら現れたる範囲を逸脱して両人に対し濫りに是非の観察を敢へてせらるることを欲せざるなり。

私ハ弁論ノ範囲トシテ 又 順序トシテ申立ント思
フコトハ 㐧一 此ノ事件ノ特別裁判ニ付セラルヽ迄ノ経過ヲ明ニシ 之レニ批判ヲ加エントスルコト 㐧二ニ 此等両人カ 公判開始決定ニ掲ケラレタル如キ事實アリトシ 其責任ハ 被告等両人ノ生命ヲ奪フベキモノトシテノ 檢事ノ要求ヲ承認スベキモノカ 或ハ此ノ両人ノ責ヲ問フ前ニ 他ニ責ヲ問ハルベキ者アルニアラサルカトノ奌ニ付 国家ノ反省ヲ求ムルコト 㐧三ニ 公判開始決定ニ認メ居ル事實 其モノガ 刑法㐧七十三条ノ大逆罪ノ構成ヲ認ムベキヤ認ムベカラサルヤニ付 法律論ヲ進メ度コト 最後ニ 此ノ事案ニ付 公判後ノ
裁判所ノ態度ヲ批判シ 此ノ事案ニ対スル疑惑ニ付 私ノ所信ニ従テ□明シタキコト等ニシテ 先ツ
裁判所ハ特ニ私ノ弁論ニ幾分ナリトモ注意ヲ払
ハレンコトヲ要望ス

而シテ特別裁判ト云ヘバ 何時モ傍聴ヲ禁止シ 何
時モ檢事ノ閲覧シテ審理シタル証據ヲ充分ナリトシ 公判ニ於ケル証據申請ヲ脚下シ居レリ
又 判決ノ結果ハ檢事ノ要求通リ 少シノ相違ナキモノナレハ 或ハ弁護ハ不必要ニシテ オ芝居デアルト云フモ亦 不得止トモ 私ハ私ノ所信ニ極メテ忠實ナル一人トシテ 私ハ如何ナル事情ノ下ニ於テモ裁判ノ結果付ラルヽモノニアラサルコトヲ信シ 其無理ヲ正シ 更正ヲ求メ 當ニ変更ハアリ得ルモノト思考ス 私ハ一個ノ法律ノ命スル所ニ依リ 茲ニ審理ニ携ル裁判所 檢事 弁護人ト云フ立場ヨリスルニアラズシテ 此ノ審理ノ真相ト理由ヲ明ニシ 總テノ者ノ幸福ト、正義ノ光ト、審理[ママ]ノ貴サ、ヲ宣揚セントスル一ツノ社會事相ヲ人間的覆面ノ侭 私共ノ所信ハ語ルモノト思フ 特別裁判ト云ヘハ 傍聴ハ禁止サレ 証據申請ハ却下サレ 判決ハ檢事ノ要求通リニナルモノト 一般ニ考ヘ居ルヲ以テ 裁判所ニ於テハ之ヲ裏書セサル様 其独自ノ所信 所見ニヨリ此ノ事案ヲ裁断サレンコトヲ希望スルモノナリ

次ニ此ノ事案ノ捜査ノ圣過ヲ詮議スルコトハ 㐧一義的ニ心裡ニ痛感スル所ニシテ 之レヲ批判的ニ言ヘハ 檢事局ノ捜査ハ無能 檢事ノ考察ハ無
定見ナリト云フベク 此ノ特別裁判ニ選ハルヽ迄ノ経過ヲ見ル時 何人ト虽モ其感ヲ深クセサルモノハアラザルベシ 若シ ソウシタ感情ニシテ正シカラズトセバ 本日 金子氏ノ 今日ノ考ヲ正シキモノトスルモ 明日 又ソウ考ヘルトハ考ヘ得ラレナイト謂ヒタルト同様ニ 檢事ノ此ノ事案ニ体スル考ガ 今日ノ考ハ昨日考ヘタル處ト異リ 明日ハ又 今日ノ考ト異ナルコトヲ感セラルヽニ相違ナシト思考ス 爾モ檢事ノ要求スル所ハ 両人ノ生命ヲ奪ハントスルニ在リ 一度 其ノ刑ヲ執行センカ其ノ考ハ間違トシテ両人ヲ呼起タントスルモ及ハサルナリ 其處ニ 檢事カ此ノ事案ヲ特別裁判ニ選フ迄ノ捜査ノ無能 其方針ノ定マラサルコトヲ推定スルニ足ル 最初ノ態度ト今日ノ態度トニ相違ノ甚シキヲ思ハシムル事由アリ 之レ茲ニ 此ノ事案ヲ特別裁判二迄選フニ至リタル 経過ヲ論セントスル所以ナリ

此ノ両人ニ対スル起訴状ハ 其處ニ積ミ在ル記録中ニ三枚 存シ 孰レモ宛名ヲ異ニセリ 即チ大正十二年十月二十日付 豫審請求書ニ依レハ 此両人ト共ニ所謂不逞社 同志十五名ガ治安警察法ヲ擬セラレタル秘密結社ノ事案ナリ 罪アリト断セラルヽモ禁固一年ノ罪案ナリ 其次ニ存在セル起訴状ハ 大正十三年二月十五日付ヲ以テ豫審ヲ請求セラレタル 爆發物取締罰則違反ト云フ罪名ニ依リ 此ノ両人ト未タ豫審ノ終結決定ヲ見サル金重漢等ガ 爆發物ノ輸入ヲ企テタト云フ罪案ナリ 次ニ存在スルハ 大正十四年七月十七日付ヲ以テ豫審ヲ請求セラルタル 此ノ両人二対スル刑法㐧七十三条ノ罪アルコトヲ内容トセル起訴状ナリ 卒然トシテ此ノ両人ニ対スル三個ノ起訴状ヲ罪名ヨリ考フルトキ 誰カ其内容ノ同一ヲ信スル者アラン 併シ事實 罪名ハ異テ居ル 掲ケラレタル起訴内容ノ上ニ法律該當ノ条件的事實ヲ云フ 無論 異ナル様ニ讀ル

乍併 一個ノ人間行動トシテ生レテ死スル迄 生命
ノ連續アリ 生ノ躍動 生ス 此ノ人間行為 其モノヽ上ヨリ 分ツコトノ出来サル一ツノモノヨリ 三個ノ起訴事實ハ異ナル豫審請求ニ及ヒ居ルト云フコトハ 断シテ誤ナキヲ信ス 寧ロ今 檢事ノ論告ニ引用セル 杉本船員ニ対スル供述 所謂㐧一爆弾輸入ニ關スル警察ノ調 崔嚇鎮ナル朝鮮ノ同志ト爆弾輸入ニ関スル江戸?川辺ノ會合 左様ノ事ガ此ノ朴ト云フ一人ノ被告ノ罪ヲ断スル有力ナ資料ニナルト云ヘルナレハ 夫レハ大正十二年十月二十日 治安警察法違反トシテ起訴サレテ居タ前ノ事實トシテ厳存スル朴氏ノ大逆計劃デ在ルト言ハネバナラヌ

又 金翰、金重漢関係ノ如キ 元ヨリ大正十二年十月二十日ノ治安警察法違反ノ起訴カラ實ニ法律上ニ明白ナル事實デアルト云フコトヲ誓言シ誤ナキ事ヲ信ス 此等ノ事實ハ 大正十二年十月 治安警察法違反トシテ起訴セラルヽ時 明ナリ

而シテ今ヤ之ヲ顧レハ 檢事ハ大逆罪陰謀計劃ノ一端ナリトシ 爾モ其當時ニ於テ之レガ大逆罪
陰謀計劃ノ一端ナリシ事ヲ捜査スルノ力ナカリ
シヨリ 檢事局ハ之ヲ確証セサリシト云フカ 或ハ捜査ノ力アリ確証シ居リタルモ 大逆罪ト云フ程度ニ至ラサリシト云フカ 何レニシテモ此ノ間ノ起訴事實カ檢事局ノ態度ノ グラ付ヲ思ハセルモノ有ル事ヲ考ヘサルヲ得ス 苟モ法律ヲ精讀スレハ何人モ 檢事ガ起訴方針ニ確實ナル定見ナク 之ヲ危シト見サル譯ニ行カヌコトヲ 首肯スルナラン 私ハ今茲ニ 記録ニ在ル公判開始決定ノ起訴事實ニ云フ内容ヲ新ニ瞥見セラレ 刑法㐧七十三条ノ大逆罪ト云ハレレルノデナク 事實 其モノ
ハ大正十二年十月 已ニ明ニナリ居リタルモノニシテ 夫レニ対シ或ル法律観ヨリ治安警察法違反ナリトシ 又 或ル法律観ヨリ爆發物取締罰則違反ナナリトシ 又 更ニ或ル法律観ヨリ刑法㐧七十三条ニ該當スル大逆罪ナリトシ 法律観ノ異同ニヨリテ相違アリ

事實 其モノハ異ナラズト思料ス 裁判所ニ於テモ檢事ノ所論 要求ノ何時モ其通リナリトノ考察カ特ニ加ヘラルヽト思フ 私ハ念ノ為メ此ノ起訴状ノ内容ヲ讀テ置ク

(此時 弁護人ハ治安警察法違反事件ノ豫審請求書写 及 爆發物取締罰則違反事件ノ豫審請求書写等ヲ朗讀シ 當時 已ニ大逆罪ノ事實判明シ在リタルコトヲ力説セリ)

其處デ檢事ハ一ツノ弁釈ヲ為シテ曰ク 初ノ内ハ所謂大言壮語ト思ヒ 真ニ此ノ虚無思想ノ實現 或ハ権力階級ニ対スル反抗ガ 刑法㐧七十三条法益ヲ害スルモノト考ヘサリシモ 段?々 其事實ガ確實トナリ来リタリタルヲ以テ 特別公判ニ付ス
ルニ至リタリトノ事ナリ

又 檢事ハ其論告ノ冒頭ニ於テ 大正十三年秋 難波某ナル者ニ対スル大逆事件ノ審理アリタルコトハ世人ノ記憶ニ程?新ナルニ 今又茲ニ被告等両名ニ対スル大逆事件ノ審判ヲ此ノ法廷ニ見ルハ遺憾トスト云ヘリ 皇室ニ対シ如此企アリタルコトハ恐レ多イ 私共トシテモ 本件ノ如キ事案カ屡々法廷ニ現ルヽ事ヲ限ナキ遺憾トス 併シ檢事ハ 其遺憾ハ遺憾トシテ 事實ノアリタル以上 法ノ命スル處ニ従テ厳正ニ之レヲ檢討精査セザルベカラズト云ヘリ

然ルニ檢事ハ職務上 其事ヲ真ニ考ヘラレタル時 今日ヨリ見テ畏ヒト云ヒ 遺憾ナリト為スモ 一時ナリトモ大言壮語ヲ為スモノトサレタ責任ヲ如何ニカナス 私ハ両人ノ為メニ弁護ヲナスニアラズ 私ハ 起訴経過ノ上ニ誤居リ 其弾劾ノ方法ニ於テ誤テ居ルコトニ対シ 厳正ナル批判ヲ加ヘ置度 尚 之レニ関連シ 裁判所ハ檢事局ノ公明ナル態度ト云フモノヲ疑ハネハナラヌ 遺憾サヲ此ノ起訴経過ノ上ニ指指シテ 夫レハ何デアルカト云フ時 此ノ事件ノ起訴経過ノ上ニ 曩ニ治安警察法違反トシテ起訴サレ 後ニ爆發物取締罰則違反トシテ豫審ヲ求メ 更ニ大逆罪該當ノ特別裁判ヲ要求サレタ 其處ニハ昨日以来 田坂弁護人ノ 此事案ニ關スル被告両人ノ供述態度ニ挟ム疑問 又 檢事ノ論告ノ上ニ現レタル脅威 自暴自棄 夫等ノ現レナラサルヤヲ疑ハシムベキ両人ノ供述カ進展シ
起訴事實ヲ肯定スル様ニ成テ居ル関係ヲ見出サネハナラヌ

 また本件は大正十二年九月一日、人類歴史ありて以来の一大不幸とさるる大震火災の、その自然の災害より以上の不幸である鮮人虐殺事件の弁疏のために検挙されたるものなりと疑ふ者あり。私はこの間の事情を、裁判所としては世界に向かって日本国家を代表する最高権威ある裁、判所の立場を明らかにせざるべからざることを、私はこれら両人のためにあらず真にこの事案の疑問とし、日本国家の雪がねばならぬその疑ひの前に答ふべきものを要求す。法律を精査されたる方は承知せらるる所以なりと思ふ。
 本事件の起りは大正十二年十月二十日なり。しかれども被告両人がその自由を奪はれたるは震災の直後なる大正十二年九月二日なり。彼の鮮人ならびに主義者といふ者の陰謀、不逞、あるいは焼打、あるいは毒物を井中に投ずとの流言蜚語の下、鮮人、主義者等の人達に対する逆上振りは、日本国民性を世界に恥曝しした最も甚だしきものなりしことは、裁判所としても検事としても知り居らるる筈なり。この鮮人虐殺の問題が日本の国家として世界に言分けのない不祥事として悩まされ居ることは、今更事新しくいふまでもなし。日本有識人達はこれを真に自然の大災害の不幸よりも不幸なりとし善後策を論じたることは、人の記憶に新たなることと確信す。しかしてこの際、彼の誤りは誤りとし、国民性の□操をはっきり明らかになし、将来を戒め、誤りは素直に謝罪し、事の真相を鮮人に明らかにする外なしと私どもは確信したり。ある耶蘇教信者のごとき、朝鮮に自治を許すことによりこれを謝罪すべしといはれたり。しかし彼の鮮人虐殺事件の真相は遂に発表を許されず。私は当時の実情を自らの体験上最もよく知るものなり。しかしてこれらの誤まれる官憲の処置と態度に対しては誤解、怨恨、憤懣は簇生せり。朝鮮在京の同胞にしてその死体を埋葬せんとして捕へられ、あるいは一朶の花を捧げんとして勾留の刑に逢ひたるなど、悲惨なる物語は山程あるなり。しかもそれらを糊塗すべく彌縫すべく何ものが計画されたるや。朝鮮人の間にはこの大逆事件についても種々の風説あり。

 

 

而シテ本件ハ最初 治安警察法違反トシテ審理サレタルガ 其ノ刑ノ最長期ハ禁錮一年ナリ 然ルニ 後二爆發物取締罰則違反トシテ追起訴ヲナシ 事實上 自由ヲ奪フコト、實ニ半年 其ノ間 新聞ニハ 何ヲ誤リタルカ 某重大事件ト云フ事ニ依リ 未タ特別公判ニ付セラレズ 刑法㐧七十三条ニ問擬セラレザル時ニ於テ 盛ニ宣伝セラレ居レリ 単ニ秘密結社ガ何ノ重大事件ナリヤ 而シテ檢事ハ
新聞紙法ニ依リ 其事件ノ内容ヲ新聞ニ掲載スルコトヲ禁止シタル為メ 只 某重大事件 鮮人朴烈ノ事件トシテ新聞ニ見ル許リナリ 茲ニ於テカ所謂震災時ノ鮮人虐殺事件ヲ追想セシメ 内容ノ知レサル侭 此ノ事件ハ社会ノ疑惑ノ内ニ投セラレタリ 私ハ昨日 少シ遅レテ出廷シタル為メ手違ヲ生シ 夫レ等ニ関スル所見 ヲ述フル機會ヲ失ヒタリ 私ハ此ノ事案ニ付 公開ノ審理ヲ求メ 其ノ内容ヲ國民一般ニ知ラシメ 或ハ社会ノ謎トセル震災直後鮮人虐殺騒ノ出所ニ付 行政官憲ノ如何ニ拘ハラズ 裁判所ノ態度ノ出来得ル限 公明厳正ナランコトヲ望ミタルナリ 被告両人ノ供述ハ順次 起訴事實ニ添テ進展シタリトノコトナルガ 夫レハ人ノ死花ト云フカ虚栄ト云フカ ドウセコウナレバト云フ氣持等ガ両人ヲ魅惑シタル結果ニアラサルカ 私ハ大正十二年十月 確カ二十日ト記憶スル 此ノ事件ニ付 被告等ガ接見禁止トナリタル以来 特別裁判ノ公判開始決定後 一ヶ月ヲ経テ
牧野裁判長ノ接見禁止ヲ解カルヽ迄 其間 實ニ二ヶ年ノ長キ 之ヲ裁判所トシテ檢事トシテ如何ニ観ラルヽヤ 人間ハ社会的ナ 動物ト異リ相愛ノ情、共栄ヲ熱愛スル生物ナリト云ハレル 然ルニ監獄ニ於テ所謂独房ニ投セラレ 外部トノ交通杜
絶カ如何ニ人間性ヲ害フカ 此ノ間 此ノ二人ハ二年 審理ノ必要アリトスルモ接見禁止ニヨリ
外部トノ交通ヲ杜絶サレ 何時出ラルヽカ 何時外
部ノ人トノ交通ガ許サルヽカ 或ハ此ノ侭 囚ハレ
ニ 暗カラ暗ノ自分等ノ行先 ト云フモノヲ凝視
サレネバナラヌ立場ニ在リ 如何ニ思想ノ上ニ主義ノ上ニ確乎タルモノアリトスルモ 人間トシ
テノ心配、其感情ニ此ノ人達カ如何ニ悩サレタカヲ思ハスニ居ラレナイ

而シテ豫審判事 一人常ニ之ニ同情シ 之ヲ理解シ 之ヲ慰メタリト云フ 私ハ 或ハ夫等ノモノガ事件ノ進展ニ添フヘキ供述ヲ抽出シタルニアラサルカト思フ 元ヨリ脅迫サレタリトハ云ハス 壓迫ヲ受ケタリトモ云ハス 併シ夫レガ 其ノ供述ヲ アノ記録ニ記載セラレタ事實ヲ 言ハサルルモノナラサリシカト首肯スルコトガ 私ノ批判トシテ私ノ胸ニ浮ク

裁判長ハ

一時休憩スル旨ヲ告ケタリ

同日午後三時 前同一事件ニ付 前同一法廷ニ於テ 前同一ノ判事 檢事 裁判所書記 列席ノ上

公開セズシテ対審ヲ続行ス

被告人両名ハ出頭シ 身体ノ拘束ヲ受ケス

前同一ノ弁護人 出頭セリ

裁判長ハ

引キ続キ審理スル旨ヲ告ケタリ

弁護人 布施辰治ハ

以上 起訴事實ノ進展、夫レニ従ヒ両人ノ陳述スル
上ニ同様ニ成テ往ツタノデナイカト思ハルヽ私
ノ考察 私ノ所感 夫レハ軈テ檢事ノ証據調ニ対スル根本的ナ批判デアルコトヲ承知シテ貰ヒ度ト同時ニ 私ハ 私ガ要望シタ此ノ事件ノ公開ニ同意セラレサル裁判所ノ態度ト云フモノニ付 今後 判決、
夫レガ如何ナル結果ヲ見ルニセヨ、私ガ今迄 力述シタ此ノ事件ニ対シ 一般ノ疑心暗鬼、世界ノ謎 其モノニ答フル態度にニ於テ 夫レヲ敢テセラレヌ時 此ノ事案ニ対シ私カ前刻来 申述タ震災直後ノ鮮人虐殺事件ニ付 此際ニ於テ虐殺問題ニ対シ一ツノ弁明ノ道具 犠牲ニ供セラルヽモノデナイカト云フ時 當局官憲ハ如何ニ弁明スル 私ハ之ヲ提言シ度イ

㐧二號ノ論ヲ進メルガ 此ノ両人ノ人ニ 公判開始決定ニ掲クル通リノ事實アリトスル場合 其責任ハ勿論 法律所定ノ条件ノ範囲ニ問ハルヽコトヲ期スルモノデアル 私共ハ 法律ヲ多少知ル立場ヨリ云ヘハ 後二云フ如ク 此ノ事實カ法律責任ト犯罪ノ豫見ハ有ル 仮リニ夫等ノ事ニ觸レル此ノ公訴事實 其侭 夫レガ檢事ノ論スル如く刑法㐧七十三条 大逆罪ニ該當スルモ 被告等ノ責ヲ問フ前ニ官憲ノ責ヲ問フモノアリハセヌカ 此ノ奌ニ付 国家ヲ代表スル裁判所ノ反省ト考慮ヲ要セラルヽ事ト考フ公訴事實ノ法益ハ刑法㐧七十三条ノ大逆罪トナレリ 乍併 刑法㐧七十三条ノ大逆罪ハ所
謂大逆不逞ノ思想ヲ罰セルニアラズ 其思想ヲ實行ニ移ス行為 其モノヲ罰セントセリ 之カ刑法㐧七十三条 大逆罪ノ構成条件ナル事ハ檢事モ否認セサルコトヲ信ス 私ハ二人ノ人ヲ大逆不逞ノ思想ノ抱持 夫等ノ事ニ付 論議スルニ非ス 只 言葉ヲ慎ムヘルキ事ヲ考フ 併シ此ノ二人ノアヽシタ大逆不逞ノ思想ヲ抱クニ至リタル原因トシテ供述セル内容ヲ子細ニ奌檢スル時 昨日ノ証據調ニ裁判長ノ讀マレタ内 刑法㐧七十三条法益ノ 天皇 皇太子 此等ノ方々ニ対シ自分等ハ何等 私怨ヲ持ツモノデナイト云ヘリ 又 言葉ノ表現ト則?シ 随分強クアラワナモノガ在ル事ヲ 謹マネバナラナイ事ヲ私共ハ注意スルガ 昨日 茲ニ朴ガ讀ミタル 一不逞鮮人より日本の権力者階級に与ふ ト云フ一文ノ内ニ 刑法㐧七十三条法益 天皇ニ対シ 皇太子ニ対シ 此等ノ方々ノ如何ニ現在ノ制度ノ上ニ於テ彼ノ政治ノ實権ヲ握ル夫等ノ人ノ為メニ 或ハ看板 或ハ置物トサルルコトヲ謂ヒ居レリ 私ハ此等両人ノ胸底ニ斯ル全人類愛ヲ、真理ヲ熱求スル氣持其モノニ端的ナ理解ヲ持ツ事ガ出来ルトスレハ 刑法㐧七十三条法益 天皇 皇太子ト云フ方々ニ対シテ觸ルヽコトヽ其法益ヲ犯スコト 夫レハ此等両人ノ人達ノ期セサル事ニテ 思想上 権力破壞ノ信念ヨリ其處ニ直到シタルモノニシテ 却テ他ニ負ハネバナラヌ責任者アリ 夫等ノ人カラ其處ニ押向ケラレタ感ヲ持ツモノデアル 果シテ然リトスレハ私ハ 此ノ両人ヲ責メ罪スル前ニ 責任ヲ持ツヘキ人ガ在ル事ヲ考ヘネバナラヌ思フ

檢事ハ朝鮮ニ於ケル統治ヲ以テ最善ノ政治ヲ行ヒ居ルモノナリト謂ヘリ 然レ共 朝鮮ノ総督政治ノ實相ヲ見聞スル者 誰カ其最善ヲ謳歌スル者アランヤ 私ハ 最モ公正ナル立場ニ在ル学者ニシテ近ク朝鮮ニ行タル穂積重遠氏ノ朝鮮行ノ感想ヲ雑誌ノ上ニ見タルガ 彼等ハ朝鮮ニ於ケル政治ハ根本ノ基調ヲ誤テルヲ嘆キ居レリ 當檢事局 如何ナル根據ヲ以テ朝鮮総督政治ノ最善ヲ云ハルヽヤ 私ハ之レヲ知ルコトガ出来ナイ 恐ラク其ノ言ハ間違ニシテ 夫レヨリ妄断 独断デアル、茲ニ一言スルヲ得サルコトアリ 刑法㐧七十三条法益 天皇ハ神聖ニシテ侵スベカラストハ憲法ノ明記スル處ニシテ 一切ノ政治ニ大臣ハ輔弼ノ責任有リ 爾モ総督政治ハ之ヲ誤リタル結果 其神聖ヲ侵ス者アルニ至ル 輔弼ノ實権者 荷フベクシテ荷ヒ切レサル責任アリト云フベシ 刑法七十三条法益ヲ政治悪ノ結果 其呪ニ直面センコトニ対シ 政治ノ實権ニ携ル者 責ナキヤ 愧ナキヤ 只其處ニ大遂不逞ノ思想ヲ抱ク者ヲ責ムレハ可ナリ 死スレハ可ナリト云フ檢事ハ 刑法㐧七十三条法益ノ神聖ヲ侵セルコトニ付 深思熟慮セラレ度シ

私ハ茲ニ於テ裁判所カ不正ヲ糺弾セラルルニ方
リ 強キ不正ヲ許シテハナラヌ事ヲ考ルモノナリ 然ルニ弱キ者ニ対スル強キ者ノ不正ハ裁カレズ 弱キ者ノ強キ者ニ対シ企テタル不正ハ厳ニ裁カレル時ニ 不正ララサルニ不拘 罪セラルルアリ 憂ヘキコトニシテ 裁判ノ神聖ナルモノヲ考ヘサルヲ得ス 之レ現在ノ裁判ニ対シ憂ヘサルヲ得サル一事相ナリ

兎ニ角 両人ノ今日 在ルニ至リタルハ 朴ニ付テハ朝鮮総督政治ノ欠陷 金子ニ付テハ同情スベキ境遇 并ニ 両人ノ優秀ニシテ□ナル才能ガ却テ周囲ノ障碍ニ対シ劇シク衝突シタル結果ナルモ 此ノ人達ノ持ツ氣分ハ決ステ極悪ナルモノニアラザルヲ以テ 此ノ事ハ充分 認テ置テ貰ヒ度

又 此ノ事案ニ付 私ハ死刑ヲ酌量セヨトハ云ハズ 両人ノ結婚問題 或ハ思想ノ上ヨリ両人ノ希
望ヲ云フナレハ 死刑ハ両人ノ今ノ希望ナルヲ以
テ 夫レヲ私共ハ止メタ處デ何等ノ慰メヲモ與フル譯ニアラサルガ故ニ 寧ロ其望ムガ侭ニ ギロチン ニ投スルコトガ両人ノ本望ト思フ 然レ共
真理ヲ熱愛スル思想、其ノ裁キハ時ガ裁クト云フコトヲ裁判所 並ニ檢事ニ於テ考慮セラレン事ヲ望ムモノナリ

最後ニ法律論トシテ 刑法㐧七十三条ノ加ヘン
トシタル トハ 危害ヲ加フル陰謀豫備ノ行為
ヲモ包含スルモノナリヤ否ニ付テハ 檢事ト所
見ヲ異ニス 即チ 刑法ニ於テ陰謀豫備ノ行為ヲ罰スル場合ハ内乱罪外患罪 其ノ他ニ於テ 夫レ〱各本條ニ規定シ在リテ 刑法七十三条ノミ特別ナル犯罪態様ヲ認メタリトハ思ハレス 故ニ豫備陰謀ハ包含セサルモノト解ス

次ニ本件㐧一、二、三、四回ノ爆弾輸入ノ關係ヲ見ルニ 爆弾ヲ手ニ入ルヽモ 之ヲ投擲スル策動ヲ開始セサル内ハ 被害法益ト何等ノ交渉ナク 従テ刑法㐧七十三条ノ大逆罪ハ構成セス 然ルニ本件
ハ爆弾ヲ手ニスラ入レ居ラサルヲ以テ 全ク
大逆罪ノ構成要件ヲ欠クモノナリ 又 本件ノ事實カラ見ルモ 爆弾入手ノ可能性ナシ 被告等 相
互ノ間ニ激越ナル言動アリタリトスレハ 他ニ罰スヘキ法条アリ

要スルニ本件ハ刑法㐧七十三条ノ大逆罪成立セザルモノト思料ス 総テニ於テ公正厳粛ナル御裁
断ヲ希望ス トノ弁論ヲ為シタリ

裁判長ハ

弁論ヲ続行スル旨ヲ告ケ 次回期日ヲ明、二月二十八日午前九時ト指定シ 關係人ニ出廷ヲ命シ 閉廷
シタリ

大正十五年二月二十七日
大審院㐧一特別刑事部
裁判所書記 戸澤五十三 印
裁判所書記 内村文彦 印
裁判長判事 牧野菊之助 印