Ob-La-Di Облако 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

「一、内地に於て募集し現地に向はしむる醜業を目的とする婦女は約400名程度とし、大阪(100名)、京都(50名)、兵庫(100名)、福岡(100名)、山口(50名)を割当て、県に於て其の引率者(抱主)を選定して之を募集せしめ、現地に向はしむること。 二、右引率者(抱主)は現地に於て軍慰安所を経営せしむるものなるに付、特に身許確実なる者を選定すること。」 内務省警保局「支那渡航婦女に関する件伺い」「南支方面渡航婦女の取扱に関する件通牒」 1938.11.8

南支派遣軍参謀

陸軍航空兵少佐 久門有文[花押]

警保局長閣下

娘子軍約五百名、広東に御派遣方、御斡旋願ひ上げ候ふ。


丙(秘)施行 十一月八日【丸山】
      起案 昭和十三年十一月四日
              主任【印】
    警保局長
       警務課長【町村】
          事務官【印】
       外事課長【豐島】
          事務官【印】

    支那渡航婦女に関する件伺

 本日、南支派遣軍古荘部隊参謀、陸軍航空兵少佐、久門有文及び陸軍省徴募課長より、南支派遣軍の慰安所設置の為必要に付、醜業を目的とする婦女約四百名を渡航せしむる様、配意ありたしとの申出ありたるに付き、本年2月23日内務省発警第5号通牒の趣旨に依り之を取扱ふこととし、左記を各地方庁に通牒し、密かに適当なる引率者(抱主)を選定、之をして婦女を募集せしめ、現地に向はしむる様、取計らひ相成り然るべき哉。
 追て既に台湾総督府の手を通じ同地より約三百名渡航の手配済の趣にこれあり。

       記

一、内地に於て募集し現地に向はしむる醜業を目的とする婦女は約400名程度とし、大阪(100名)、京都(50名)、兵庫(100名)、福岡(100名)、山口(50名)を割当て、県に於て其の引率者(抱主)を選定して之を募集せしめ、現地に向はしむること。

二、右引率者(抱主)は現地に於て軍慰安所を経営せしむるものなるに付、特に身許確実なる者を選定すること。

三、右渡航婦女の輸送は、内地より台湾高雄まで抱主の費用を以て陰に連行し、同地よりは大体御用船に便乗、現地に向はしむるものとす。尚、右に依り難き場合は、台湾高雄─広東間に定期便船あるを以て、之に依り引率者同行すること。

四、本件に関する連絡に付ては、参謀本部第1部第2課 今岡少佐、吉田大尉、之に当る。尚、現地は軍司令部峯木少佐、之に当る。

五、以上の外、尚之等婦女を必要とする場合は、必ず古荘部隊本部に於て南支派遣軍に対するもの全部を統一し引率許可証を交付する様、取扱ふこととす。(久門参謀帰軍の上、直ちに各部隊に対しこの旨示達す。)

六、本件渡航に付ては、内務省及び地方庁は之が婦女の募集及び出港に関し便宜に供与するに止め、契約内容及び現地に於ける婦女の保護は軍に於て充分注意す。

七、以上に依リ、且つ本年2月23日当局通牒を考慮し、本件渡航婦女に対しては左記に依り各地方庁に於て取扱はしむること。

(イ)引率者(抱主)

 現地に於ては責任ある経営者(抱主又は管理者)を必要とするに付、醜業を目的として渡航する婦女の引率者の身元は特に確実、且つ相当数の醜業婦女を引率し現地に到り軍慰安所を経営し得るものを選定すること。

 南支派遣軍に対するもの全部を統一し引率許可証を交付する様、取扱ふこととす。(久門参謀帰軍の上、直ちに各部隊に対しこの旨、示達す。)

六、本件渡航に付ては内務省及び地方庁は之が婦女の募集及び出港に関し便宜を供与するに止め、契約内容及び現地に於ける婦女の保護は軍に於て充分注意す。

七、以上に依り、且つ本年2月23日警保局通牒を考慮し、本件渡航婦女に対しては左記の如く前記各府県に通牒し、之を取扱はしむること。(取敢へず電話し、更に書面を発送すること。)

 

[上余白書き込み]引率者23名、予定数全部渡航

    通牒案
             警保局長
警保局長警発甲第136號
          11月8日施行【丸山】
  大阪、京都、兵庫、福岡、山口各府県知事宛

   南支方面渡航婦女の取扱に関する件

 支那渡航婦女に関しては本年2月23日内務省発、警第5号通牒の次第もこれあり、何れ南支方面に於て之等醜業を目的とする特殊婦女を必要とする模様なるも、未だ其の渡航なく、現地よりの希望の次第もこれあり、事情、已むを得ざるやに認めらるるに付ては、本件、極秘に左記に依り之を取扱ふことと致したきに付、御配意相成りたし。

      記

一、抱主たる引率者の選定及び取扱

(イ) 引率者(抱主)は、貸座敷業者等の中より身許確実にして南支方面に於て軍慰安所を経営せしむるも支障なしと認むる者を抱主たる引率者として選定し、之に対し南支方面に軍慰安所設置を許さるる模様に付、若し其の設置経営の希望あるに於ては、便宜、関係方面に推薦する旨を懇談し、何処迄も経営者の自発的希望に基く様取運び、之を選定すること。

(ロ) 醜業を目的として南支方面へ渡航を認むる婦女数は約四百名とす。之を大阪府約百名、京都府約五十名、兵庫県約百名、福岡県約百名及び山口県約五十名を割当てられたるに付ては、之を引率する為、適当なる者を前項に依り選定し、其の引率者(抱主)に限り、陰に行ふ右婦女の雇入れを認め、其の渡航は以下各項に依り取扱ふこと。但し渡航する婦女の出府県は右指定府県以外にても差支へなきこと。

(ハ) 一引率者(抱主)の引率する婦女の数は十名乃至三十名程度と為すこと。

(ニ) 前三項に依り慰安所経営を希望する者あるときは、直ちに其の引率者たる経営者の住所、氏名、経歴及び引率予定婦女数を密かに電話等に依り内務省に通報すること。

(ホ) 前項報告に基き軍部の証明書を送付するに付、之に依り右醜業を目的として渡航する婦女を密かに募集すること。

(ヘ) 前項渡航婦女の内地出港の場合は其の引率者氏名、渡航婦女の数、内地出港地名·予定月日及び台湾高雄到着予定月日(内地より高雄までの旅□□引率者負担)を内務省に通報すること。(此の通報に依り台湾よりの便船を手配す。)尚、高雄よりの便船を得られざるときは同地発広東行乗舩に依り渡航しること。(此の場合には船賃は引率者負担とす。)

[上余白書き込み]
基隆第 舩舶輸送司令部、基隆□部布施中佐□
引率者が電報にて「其の引率婦女の数及び乗船日時、基隆着時間」を通知すること。

二、渡航婦女

(イ) 醜業を目的とする渡航婦女は、現在内地に於て娼妓其の他、事実上醜業を営み居る者にして、満21才以上、且つ身体強壮なるもの。

(ロ) 前項の外、本年2月23日警保局長通牒に依り取扱ふこと。

(ハ) 醜業を目的とする渡航婦女に対する身分証明書は、発給前、健康証明書を提出せしむるか、又は健康診断を行ふ等、健康なることを認めたる上、之を交付すること。

三、引率者(抱主)との契約

(イ) 引率者(抱主)と渡航婦女との締結する前借契約は成る可く短期間のものとし、前借金は成る可く少額ならしむること。

(ロ) 其の他、稼業に関する一切の事項は現地軍当局の指示に従ふこと。

四、募集

 醜業を目的とする渡航婦女の募集は、営業許可を受けたる周旋人をして陰に之を為さしめ、其の希望婦女子に対しては必ず、現地に於ては醜行に従事するものなることを説明せしむること。尚、周旋料䓁は引率者(抱主)に於て負担せしむること。

五、予防注射、健康診断等

(イ) 伝染病の予防注射は現地に於て軍、之を行ふ。

(ロ) 健康診断は随時 軍医に於て之を実施す。

(ハ) 治療に要する衛生材料は経営者の負担とす。但し現地の状况に依り薬品等補充困□とする向に対しては当分の間、軍より之を支給する予定。

六、慰安所設置場所、監督、

(イ) 慰安所設置の場所及び建物は現地の状況に依り、当分の間、軍に於て之を選定、使用せしむる見込。其の変更に付、亦同じ。

(ロ) 其の他、軍に於て指揮監督するものとす。

 

    第二案
警保局発甲第136号の2

              内務省警保局長
庁府県長官宛(大阪、京都、兵庫、福岡、山口の各府県を除く)

   南支方面渡航婦女の取扱に関する件

今般、已むを得ず南支方面へ醜業を目的とする婦女約四百名の渡航を認むることと相成り、之を引率する者(抱主)を大阪、京都、兵庫、福岡及び山口の各府県下より選定し、之が婦女を募集する為、別紙の通り右府県に通牒致し置き候ふに付ては、或は貴管下よりも右渡航に参加する婦女ありと思料するに付、予め御含み置き相成りたく、念の為、申進候ふ。


f:id:ObladiOblako:20200921100245j:image
南支派遣軍参謀
陸軍航空兵少佐 久門有文[花押]
警保局長閣下


f:id:ObladiOblako:20200921100302j:image
娘子軍約五百名
廣東ニ御派遣方
御斡旋願上候


f:id:ObladiOblako:20200921195801j:image
丙(秘)施行 十一月八日【丸山】
      起案 昭和十三年十一月四日
              主任【印】
    警保局長[宛]
       警務課長【町村】
          事務官【印】
       外事課長【豐島】
          事務官【印】

 

    支那渡航婦女ニ関スル件 伺

f:id:ObladiOblako:20200921200022j:image
本日 南支派遣軍古荘部隊参謀 陸軍航空兵少佐 久門有文 及 陸軍省徴募課長ヨリ 南支派遣軍ノ慰安所設置ノ為 必要ニ付 醜業ヲ目的トスル婦女 約[✕千✕]<四百>名ヲ[✕陰ニ送付方✕]<渡航セシムル様>配意アリタシトノ申出アリタルニ付テハ、本年二月二十三日 内務省発 警苐五號
f:id:ObladiOblako:20200921200217j:image
通牒ノ趣旨ニ依リ之ヲ取扱フコトトシ、左記ヲ各地方廰ニ[✕電話シ✕]<通牒シ>[✕<非公式ニ>✕]<密ニ>適当ナル引卆者(抱主)ヲ選定[✕セシメ✕]之ヲシテ<婦女ヲ>募集セシメ 現地ニ向ハシムル様 取計相成可然哉
 追テ既ニ台湾総督府ノ手ヲ通ジ同地ヨリ約三百名[✕送付✕]<渡航>ノ手配済ノ趣ニ有之

f:id:ObladiOblako:20200921200355j:image
       記

一、内地ニ於テ募集シ現地ニ向ハシムル醜業ヲ目的トスル婦女ハ約[✕五✕]<四>百名程度[✕(外ヨリ募集連行セサルモ現地ニ向フモノアリト思料ス)✕]トシ、大阪([✕二〇〇名✕]<一〇〇名>)、京都([✕一〇〇名✕]<五〇名>)、兵庫([✕二〇〇名✕]<一〇〇名>)、<福岡(一〇〇名)、山口(五〇名)>ヲ割當テ 縣ニ於テ其ノ引卆者(抱主)ヲ選定シテ之ヲ募集セシメ 現地二向ハシムルコト

f:id:ObladiOblako:20200921200510j:image
二、右引卆者(抱主)ハ現地ニ<於テ>軍慰安所ヲ経営セシムルモノナルニ付 特ニ<身許>確実ナル者ヲ選定スルコト
[✕其ノ引卆者ハ適宜 定ムルコト✕]

三、<右>渡航婦女ノ輸送ハ[✕出来得ル限リ陰ニ之ヲ行ハシムルコトトシ、場合ニ依リテハ✕]<内地ヨリ台湾高雄マデ抱主ノ費用ヲ以テ<陰ニ>連行シ 同地ヨリハ大体>御用舩ニ[✕依リテ✕]<便乗>現地ニ向ハシムルモノトス。尚 右ニ依リ難キ場
f:id:ObladiOblako:20200921200727j:image
合ハ 台湾高雄 廣東間ニ定期便舩アルヲ以テ 之ニ依リ引卆者 同行スルコト

四、本件ニ関スル連絡ニ付テハ [✕陸軍省徴募課長✕]<[✕及✕]参謀本部<㐧一部>㐧二課 今岡少佐、吉田大尉>之ニ當ル 尚 現地ハ軍司令部 峯木少佐 之ニ當ル。

五、以上ノ外 尚 之䓁婦女ヲ必要トスル場合ハ 必ズ古荘部隊本部[✕又ハ軍特務部✕]ニ於
f:id:ObladiOblako:20200921201547j:image
テ南支派遣軍ニ対スルモノ全部ヲ統一シ引卆許可證ヲ交付スル様 取扱フコトトス(久門参謀帰軍ノ上 直ニ各部隊ニ対シコノ旨 示達ス)

<六、本件渡航ニ付テハ 内務省 及 地方廰ハ之ガ婦女ノ募集 及 出港ニ関シ便宜ニ供與スルニ止メ、契約内容 及 現地ニ於ケル婦女ノ保護ハ軍ニ於テ充分注意ス>

<七>[✕六✕]、以上ニ依リ 且 本年二月二十三日當局通牒ヲ考慮シ 本件渡航婦女ニ対シテハ左記ニ依リ各地方廰ニ於テ取扱ハシムルコト

f:id:ObladiOblako:20200921201717j:image
(イ) <引卆者(抱主)、>現地ニ於テハ 責任アル経営者(抱主 又ハ管理者)ヲ必要トスルニ付、[✕前✕]醜業ヲ目的トシテ渡航スル婦女ノ引卆者[✕ハ✕]ノ身元ハ特ニ確実[✕ナル者ヲ物色シ✕] 且 相當数ノ醜業婦女ヲ引卆シ現地ニ到リ軍慰安所ヲ経営シ得ルモノヲ選定スルコト

f:id:ObladiOblako:20200921202105j:image
[✕ニ✕]南支派遣軍ニ対スルモノ全部ヲ統一シ引卆許可證ヲ交付スル様 取扱フコトトス(久門参謀帰軍ノ上 直ニ各部隊ニ対シコノ旨 示達ス)

六、本件渡航ニ付テハ 内務省 及 地方廰ハ之ガ婦女ノ募集 及 出港ニ関シ便宜ヲ供與ス
f:id:ObladiOblako:20200921202331j:image
ルニ止メ、契約内容 及 現地ニ於ケル婦女ノ保護ハ軍ニ於テ充分注意ス

七、以上ニ依リ 且 本年二月二十三日警保局通牒ヲ考慮シ 本件渡航婦女ニ対シテハ左記ノ如ク前記各府縣ニ通牒シ 之ヲ取扱ハシムルコト(不取敢 電話シ 更ニ書面ヲ発送スルコト)

f:id:ObladiOblako:20200921231836j:image

[上余白書き込み]引九者二三名、予定数全阝渡航

    通牒案
             警保局長
警保局長警發甲第一三六號
          十一月八日施行【丸山】
  大阪、京都、兵庫、福岡、山口各府縣知事宛

  南支方面渡航婦女ノ取扱ニ関スル件

支那渡航婦女ニ関シテハ本年二月二十三日 内務省発警苐五号通牒ノ次苐モ有之 何處 南支方面ニ於テモ之䓁 醜
f:id:ObladiOblako:20200921232308j:image
業ヲ目的トスル特殊婦女ヲ必要トスル模様ナルモ 未ダ其ノ渡航ナク 現地ヨリノ希望ノ次苐モ有之 事情 已ムヲ得ザルヤニ認メラルルニ付テハ 本件 極秘ニ左記ニ依リ之ヲ取扱フコトト致度ニ付 [✕特ニ本件✕]御配意相成度

f:id:ObladiOblako:20200921232452j:image
      記

一、抱主タル引卆者ノ選定 及 取扱

(イ) <引卆者(抱主)ハ>貸座敷業者䓁ノ中ヨリ身許確実ニシテ南支方面ニ於テ軍慰安所ヲ経営セシムルモ支障ナシト認ムル者ヲ抱主タル引卆者トシテ選定シ、之ニ<対シ>南支方面ニ[✕於テ✕]軍慰安所ノ設置ヲ[✕要スルガ如キ✕]<許サルル>
f:id:ObladiOblako:20200921232746j:image
模様[✕ナルガ×]<ニ付> 若シ其ノ設置経営ノ希望アルニ於テハ 便宜 関係方面ニ推薦スル旨ヲ懇談シ 何處迄モ経営者ノ自発的希望ニ基ク様 取運ビ 之ヲ選定スルコト

[✕(ロ) 一経営者ノ引卆スル婦女ノ数ハ十名✕]

f:id:ObladiOblako:20200921232940j:image
<(ロ) 醜業ヲ目的トシテ南支方面ヘ渡航ヲ認ムル婦女数ハ約四百名トス。之ヲ大阪府約百名、京都府約五十名、兵庫縣約百名、福岡縣約百名 及 山口縣約五十名ヲ割當ラレタルニ付テハ 之ヲ引卆スル為 適當ナル者ヲ前項ニ依リ選定シ 其ノ引卆者(抱主)
f:id:ObladiOblako:20200921233127j:image
ニ限リ 陰ニ行フ右婦女ノ雇入レヲ認メ 其ノ渡航ハ以下各項ニ依リ取扱フコト、但シ渡航スル婦女ノ出府縣ハ右指定府縣以外ニテモ差支ナキコト

(ハ) 一引卆者(抱主)ノ引卆スル婦女ノ数ハ十名 乃至 三十名程度ト为スコト>

f:id:ObladiOblako:20200921233311j:image
[✕乃至 三十名程度ト为スコト✕]

<(ニ)>[✕(ハ)✕] 前三項ニ依リ慰安所経営ヲ希望スル者アルトキハ 直ニ其ノ引卆者タル経営者ノ住所 氏名、経歴 及 引卆予定婦女数ヲ<密ニ>電話等ニ依リ内務省ニ通報スルコト

<(ホ)>[✕(ニ)✕] 前項報告ニ基キ[✕其✕]<軍部>ノ證明書ヲ送付スルニ
f:id:ObladiOblako:20200921235126j:image
付 之ニ依リ右醜業ヲ目的トシテ渡航スル婦女ヲ密ニ募集スルコト

<(ヘ)>[✕(ホ)✕] 前項渡航婦女ノ内地出港ノ場合ハ其ノ引卆者氏名、渡航婦女ノ数、内地出港地名 予定月日 及 台湾高雄到着予定月日<(内地ヨリ高雄マデノ旅□□引卆者負担)>ヲ内務省ニ通報スルコト(此ノ通報ニ依リ台湾ヨリノ便舩ヲ手配ス)尚 高雄ヨリノ便舩ヲ得ラレサルトキハ同地發
f:id:ObladiOblako:20200921235431j:image
廣東行乗舩ニ依リ渡航スルコト(此ノ場合ニハ舩賃ハ引卆者負担トス)

[上余白書き込み]
基隆 㐧 舩舶輸送司令部基隆□部 布施中佐□
引卆者ガ電報ニテ「其ノ引卆婦女ノ数 及 乗船日時、基隆着時間ヲ通知スルコト」

二、渡航婦女

(イ) 醜業ヲ目的トスル渡航婦女ハ 現[✕地✕]<在>内地ニ於テ娼妓其ノ他 事実上 醜業ヲ営ミ居ル者ニシテ 満二十一才以上 且 身体強壮ナルモノ

(ロ) 前項ノ外 本年二月二十三日 警保局長通
f:id:ObladiOblako:20200921235712j:image
牒二依リ取扱フコト

(ハ) 醜業ヲ目的トスル渡航婦女ニ対スル身分證明書ハ 発給前 健康[✕診断✕]<証明>書ヲ提出セシ[✕メ✕]<ムルカ> 又ハ健康診断ヲ行フ䓁 健康ナルコトヲ認メタル上 之ヲ交付スルコト

三、引卆者(抱主)トノ契約

f:id:ObladiOblako:20200921235919j:image
(イ) 引卆者(抱主)ト渡航婦女トノ締結スル前借契約ハ可成 短期間ノモノトシ 前借金ハ可成 少額ナラシムルコト

(ロ) 其ノ他 稼業ニ関スル一切ノ事項ハ現地軍當局ノ指示ニ従フコト

四、募集

f:id:ObladiOblako:20200922001445j:image
醜業ヲ目的トスル渡航婦女ノ募集ハ営業許可ヲ受ケタル周旋人ヲシテ陰ニ之ヲ為サシメ、其ノ希望婦女子ニ対シテハ必ズ 現地ニ於テハ醜行ニ従事スルモノナルコトヲ説明セシムルコト、尚 周旋料䓁ハ引卆者(抱主)ニ於テ負担セシムルコト

f:id:ObladiOblako:20200922002350j:image
五、予防注射、健康診断䓁

(イ) 傳染病ノ予防注射ハ現地ニ於テ軍 之ヲ行フ。

(ロ) 健康診断ハ隨時 軍医ニ於テ之ヲ実施ス

[✕(ハ) 消毒薬品ハ✕]<(ハ) 治療ニ要スル衛生材料ハ経営者ノ負担トス 但シ現地ノ状况ニ依リ薬品等補充困□トスル向ニ対シテハ當分ノ間>軍ヨリ之ヲ支給スル予定

f:id:ObladiOblako:20200922002213j:image
六、慰安所設置場所、監督、

 

f:id:ObladiOblako:20200922002814j:image
    苐二案
警保局發甲第一三六號ノ二
      <内務省警保局長>[✕警務課長✕]
廰府縣[✕警察部長✕]<長官>宛([✕警視廰ハ保安□□□トス✕] 大阪、京都、兵庫、福岡、山口ノ各府縣ヲ除ク)

  南支方面渡航婦女ノ取扱ニ関スル件

今般 已ムヲ得ズ南支方面ヘ 醜業ヲ目的トスル婦女 約四百名ノ渡航ヲ認ムルコトト相成 之ヲ引卆スル者(抱主)ヲ大阪、京都、兵庫、
f:id:ObladiOblako:20200922003149j:image
福岡 及 山口ノ各府縣下ヨリ選定シ 之ガ婦女ヲ募集スル為 別紙ノ通 右府縣ニ通牒致置候ニ付テハ 或ハ貴管下ヨリモ右渡航ニ参加スル婦女アリト思料スルニ付 予メ御含置相成度 <為念>申進候

 

↑内務大臣決裁書類・昭和13年(下)支那渡航婦女に関する件
https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M0000000000001675594 p.15-p16., p.1-p.6