Ob-La-Di Облако 文庫

帝国日本の侵掠戦争と植民地支配、人権蹂躙を記憶し、再現を許さないために、ひたすら文書資料を書き取る。姉妹ブログ「歴史を忘れる民族に未来はない!」https://obladioblako.hateblo.jp/ のデータ·ベースを兼ねる。

ラーベの日記 12月16日 1937.12.16

16. Dezember

Morgens um 8 ¾ Uhr erhalte ich ein Schreiben von Herrn Kikuchi, einem sehr bescheidenen und liebenswürdigen japanischen Übersetzer, daß heute ab 9 Uhr die sogenannte »Sicherheitszone« nach chinesischen Soldaten abgesucht werde.

12月16日

 朝8時45分に私はキクチさんというとても謙虚で親切な日本人通訳者から通知書を渡されるが、そこには今日9時からいわゆる「安全区」がくまなく中国兵捜索を受けると書かれている。

16 DECEMBER

 At 8:45 a.m. I receive a note from Mr. Kikuchi, a very modest and charming Japanese translator, that the so-called “Safety Zone” is to be searched for Chinese soldiers.

 

 Die ganze Bomberei und Kanonade, die wir bisher erlebt haben, ist nichts im Vergleich zu der Schreckensperiode, die wir momentan hier durchzumachen haben. Es gibt außerhalb unserer Zone überhaupt keinen Laden, der nicht geplündert wurde, und jetzt gehen Plünderei, Vergewaltigung, Mord und Totschlag auch innerhalb der Zone an. Es gibt kein leeres Haus, ob mit oder ohne fremde Flagge, das nicht erbrochen oder geplündert wurde. Der folgende Brief an Herrn Fukuda gibt einen ungefähren Begriff von den Zuständen, hier jetzt herrschen und die in dem Brief erwähnten Fälle sind nur einige von den vielen, die uns bekannt geworden sind:

 今からここでくぐり抜けなければならない恐怖の時期に比べたら、これまで体験してきた爆撃や砲撃など物の数ではない。私たちの区域の外では掠奪を受けなかった商店は絶無であり、今や区域の中でも掠奪が、強姦が、謀殺や故殺が発生している。外国の旗を掲げていようがいまいが、留守の家で戸を破られ掠奪を受けなかったものはない。以下の福田さんあての手紙は今ここに現出している事態の概要を示すものであって、この手紙に取り上げられた事例は私たちが知ることになった多くの事例の一部に過ぎない。

 All the shelling and bombing we have thus far experienced are nothing in comparison to the terror that we are going through now. There is not a single shop outside our Zone that has not been looted, and now pillaging, rape, murder, and mayhem are occurring inside the Zone as well. There is not a vacant house, whether with or without a foreign flag, that has not been broken into and looted. The following letter to Mr. Fukuda provides a general notion of current circumstances and the cases mentioned in the letter are only a few out of a great many that we know about:

 

Herrn Tokuyasu Fukuda
Attaché der Japanischen Botschaft,
Nanking

在南京
日本大使館外交官補
福田篤泰殿

Mr. Tokuyashu Fukuda,
Attaché to the Japanese Embassy,
Nanking.

 

Sehr geehrter Herr Fukuda!

 Durch die gestrigen Ausschreitungen der japanischen Soldaten in der Sicherheitszone ist die Panik unter den Flüchtlingen inzwischen noch angewachsen. Viele der Flüchtlinge fürchten sich, die Gebäude, in denen sie untergebracht sind, zu verlassen, um sich aus den in der Nahe gelegenen Suppenküchen ihre tägliche Reisration zu holen. Wir stehen daher vor der Aufgabe, diese Notstandslager mit Reis zu beliefern, wodurch das Problem der Ernährung der Massen sehr erschwert wird. Wir konnten nicht einmal eine genügende Anzahl von Kulis veranlassen, Reis und Kohl aufzuladen, die wir zu unsern Suppenküchen zu transportieren hatten. Die Folge davon war, daß Tausande von Flüchtlingen heute morgen ohne Nahrung blieben.

心より尊敬する福田様!

 昨日安全区で日本兵が狼藉を働いたため、その間に難民の中にどんどんパニックが広がりました。その日の雑炊の配給を取って来るために、宿泊している建物から近くにある炊き出し所まで出かけることすら、難民の多くは怖くてできません。私たちはこのためそれらの臨時宿泊所に雑炊を配る仕事に取り組み、こうして大量の人々の栄養補給の問題は大変難しくなります。私たちは炊き出し所に輸送しなければならない米や石炭を積み込む作業に充分な数の苦力を働かせることができたことが一度もありません。その結果、何千人という難民が今朝、食べるものがないまま放置されることになりました。

Dear Sir:

 Yesterday the continued disorders committed by Japanese soldiers in the Safety Zone increased the state of panic among the refugees. Refugees in large buildings are afraid to even go to nearby soup kitchens to secure the cooked rice. Consequently, we are having to deliver rice to these compounds directly, thereby complicating our problem. We could not even get coolies out to load rice and coal to take to our soup kitchens and therefore this morning thousands of people had to go without their breakfast.

 

 Einige ausländische Miglieder des Internationalen Komitees bemühten sich heute morgen verzweifelt, Lastautos durch die japanischen Militärpatrouillen zu bringen, damit die chinesischen Zivilisten ernährt werden konnten. Gestern wurden verschiedenenunserer Komitee-Mitglieder die Privatautos von japanischen Soldaten fortgenommen.
 Wir fügen eine Liste von verschiedenen Ausschreitungen des japanischen Militärs hier bei.

 国際委員会の何人かの外国人委員は今朝、中国人の市民に食べさせることができるように、日本軍の巡視にトラックを通させようと死にものぐるいの努力をしています。昨日は若干名の私たちの委員会メンバーが日本兵に自家用車を持って行かれました。
 私たちは日本軍の様々な暴力行為の一覧表をここに添付します。

 Foreign members of the International Committee are this morning making desperate efforts to get trucks through Japanese patrols so these civilians can be fed. Yesterday foreign members of our Committee had several attempts made to take their personal cars away from them by Japanese soldiers. (A list of cases of disorder is appended.)

 

 Vor Beendigung dieser panikartigen Zustände wird es nicht möglich sein, irgendwelche normale Tätigkeiten in Angriff zu nehmen, zum Beispiel Arbeiter für die Reparaturen der Telephon- Elektrizitäts- und Wasseranlagen sowie aller Arten von Läden order auch nur für die Straßenreinigung zu beschaffen... Wir haben gestern keine Klagen vorgebracht, weil wir annahmen, daß mit der Ankunft des Oberkommandierenden der japanischen Armee wieder Ruhe und Ordnung in der Stadt hergestellt würde, leider aber war die letzte Nacht schlimmer als die vorhergehende, so daß wir uns entschlossen, die Kaiserlich-Japanische Armee auf die Unhaltbarkeit solcher Zustände aufmerksam zu machen, da wir überzeugt sind, daß die Ausschreitungen der japanischen Soldaten Soldaten von deren Oberster Heeresleitung nicht gutgeheißen werden.

 このパニック状態が終熄してからでなくてはいかなる通常の活動にも着手することができません。例えば電話線や送電線や水道の修復に、ならびに各種商店に、あるいは道路掃除にさえも働き手を確保することができません。私たちは日本軍の総司令官の到着とともに市の静穏と秩序が回復されるだろうと想像していたので、昨日は苦情を申し立てませんでしたが、残念ながら昨夜はその前の夜よりもひどかったため、私たちは日本兵の暴力行為が彼らの方面軍最高司令部から事後承諾されないことを確信しておりますゆえ、このような状況が放置できないことを帝国日本軍にお知らせしようと決意した次第であります。

 Until this state of panic is allayed, it is going to be impossible to get any normal activity started in the city, such as: telephone workers, electric plant workers, probably the water plant workers, shops of all kinds, or even street cleaning. . . . We refrained from protesting yesterday because we thought when the High Commander arrived order in the city would be restored, but last night was even worse than the night before, so we decided these matters should be called to the attention of the Imperial Japanese Army, which we are sure does not approve of such actions by its soldiers.

 

Mit vorzüglicher Hochachtung
John Rabe       Lewis S.C.Smythe
Vorsitzender          Sekretär

      誰よりも大いなる敬意を表して
      主席 ジョン・ラーベ      
      書記 ルイス・S・C・スマイズ

   Most respectfully yours,
   JOHN RABE  LEWIS S. C. SMYTHE
   Chairman        Secretary

 

【日本士兵在南京安全区的暴行

             1937年12月16日

[以下中文略]】

【[徐淑希編『南京安全区檔案』第8号文書およびティンパーリー編『戦争とはなにか』付録A「第2·3章にかんする暴行事件の報告」より。洞富雄編『日中戦争南京大残虐事件資料集』第2巻英文資料編、p.103~p.104、p.167~p.168]

安全区における日本兵暴行事件記録

           1937年12月16日提出

注記─以下はわれわれが念入りに点検する時間があった特例にすぎない。もっと多くの事件が委員会職員に報告されている。

 第1件 12月15日、安全区衛生委員会第2区の道路掃除人6名は彼らが住んでいた鼓楼の家で日本兵に殺され、1名は銃剣により重傷を負った。何らはっきりした理由のないことである。これらの人々はわれわれの使用人だった。日本兵はその家に侵入した。

 第2件 12月15日午後4時、米を積んだ荷馬車が金陵女子文理学院の門の近くで日本兵に襲われた。

 第3件 安全区内の第2分区の数人の住人が12月14日の夜、自宅からひったてられ、いっさいを奪われた。分区長は2回も日本兵による強奪をうけた。

 第4件 12月15日夜、7名の日本兵が金陵大学図書館に侵入し、難民の婦人7名に襲いかかり、うち3名はその場で犯された。

 第5件 12月14日の夜、日本兵の中国人住宅への侵入や婦女の強姦および連行事件が相次いで起った。そのため大混乱が生じ、昨日数百名の婦人が金陵女子文理学院(The Ginling College)の構内に移って来た。それで、3人のアメリカ人が構内の3,000名の婦女子を保護するため、昨晩は同校で夜を過ごした。

 第6件 12月14日、日本兵約30名が指揮官らしいものもなく鼓楼病院と看護婦宿舎を捜索した。院内の職員は組織的に略奪をうけた。万年筆6本、180ドル、時計4個、包帯2包、懐中電灯2、手袋2、セーター1が盗まれた。

 第7件 12月15日、公共の建物や施設内にある大きな難民収容所の難民が口を揃えて報告するところによれば、日本兵がそこにやってきて数回、難民から強奪した。

 第8件 12日15日、米国大使館内に日本兵が押し入り、家宅捜索を行ない、日用品数点を持ち去った。

 第9件 12月15日、金陵女子文理学院の職員住宅は裏側の塀をのりこえドアを破って押し入った日本兵に襲われた。12月13日以来この建物内部の家具家財は全部奪い去られていたので、何一つ盗まれたものはなかった!

 第10件 12月14日正午、鐧銀巷路の中国人住宅に日本兵が侵入し、4人の娘を拉致、強姦し、2時間後に帰した。

 第11件 12月15日の午後、日本兵が寧海路にある当委員会の米屋にやってきて米袋を3つ(3.75担)を購入したが、たった5ドルしか支払わなかった。米の並値は1担あたり9ドルであるから、日本帝国陸軍は委員会にたいしこれにつき28ドル75セントの負債を負うものとなる。

 第12件 12月14日夜、鐧銀巷路の中国人住宅には日本兵11名が侵入し、4名の婦女を強姦した。

 第13件 12月14日に日本兵アメリカ人宣教師のミス·グレース·ボーアー(Miss Grace Bauer)の家に押入り、毛皮でふちどりした手袋を奪い、テーブルの上にあった牛乳を飲み、手づかみで砂糖をもちさった。

 第14件 12月15日、日本兵が雙龍巷11号のR·F·ブラディ博士(Dr. R. F. Brady)(アメリカ人)のガレージに入り、彼のフォードV8の窓ガラスを1枚こわし、その後、機械工をつれて戻ってきて車をスタートさせようとした。

 第15件 12月15日、漢口路の中国人住宅に押入った日本兵は若妻1名を強姦、さらに3名の婦女を拉致した。そのうちの2人の夫が日本兵を追いかけたが、2人とも射殺された。

 上記の諸暴行事件は委員会の外国人メンバーおよび職員によって記録されたものである。

                敬具

       書記 ルイス·S·C·スミス

         (Lewis S. C. Smythe)】

 

 Die Häuser der deutchen Militärberater sind fast alle von japannischen Soldaten beraubt worden. Es wagt sich keiner der chinesen mehr aus seinem Haus heraus. Wenn sich bei mir die tore des Gartens öffnen, in dem ich bereits über hundeft def allerärmsten Flüchtlinge aufgenommen habe, um mein Auto passieren zu lassen, dränden sich draußen auf der Straße Frauen und Kinder, die auf den Knien liegen und mit den Köpfen auf den Boden schlagen, um die Erlaubnis zu bekommen, bei mir im Hof auf der Erde kampieren zu dürfen. Man macht sich von dem Elend einfach keinen Begriiff.

 ドイツ人軍事顧問たちの家は日本兵によってほとんどみな強奪を受ける。中国人はみな怖くて家から出られない! すでに100人以上の極貧の難民を受け入れたうちの庭の門が、私の自動車を通すために開くと、外には女たちと子どもたちが押しかけ、我が家の中庭の土の上に野宿する許しを得るために、土下座して頭を地面に打ち付ける。その悲惨さは全くもって想像もつかない。

 Almost all the houses of the German military advisors have been looted by Japanese soldiers. No Chinese even dares set foot outside his house! When the gates to my garden are opened to let my car leave the grounds—where I have already taken in over a hundred of the poorest refugees—women and children on the street outside kneel and bang their heads against the ground, pleading to be allowed to camp on my garden grounds. You simply cannot conceive of the misery.

 

 Ich fahre mit Kikuchi nach Hsiakwan, um des Elektrizitätswerk und einige restliche Reisbestapände zu besichtigen. Das Elektrizitätswerk ist äußerluch intakt und könnte warscheinlich innerhalb von einigen Tagen in Betrieb genommen werden, wen die Arbeiter sich de Schtz der Jpaner anvertrauten. Ich bin bereit zu helfen, aber bei dem unglaublichen Vernalten der japanischen Soldateska ist die Aussicht gering, daß es mir gelingen wird , die nötigen 40 bis 45 Arbeiter zusammenzustrommeln. Einen unserer deutschen Ingenieure unter diesen Umständen von Shanghai durch die japanieren Behörden rufen zu lassen, möchte ich ebenfalls nicht riskieren.

 私はキクチを連れて発電所と米の貯蔵の残りを視察しに下関へ車を走らせる。発電所は見たところ無傷だから、数日中に運転再開できると考えてよいだろう。ただし作業員たちが日本軍を信用してその保護を受け入れればの話だ。私は協力するつもりだが、日本の雑兵の信じがたい行状のお蔭で、必要な40人から45人の作業員を私がうまく駆り集められる見込みは薄い。我がドイツの技師を日本の当局を通して上海から呼び寄せさせることもやはりこの状況下では憚られる。

 I drive to Hsiakwan with Kikuchi to check on the electricity works and some of what rice remains. The electricity works looks to be intact and could probably be running again within a few days if the workers trusted the Japanese to protect them. I am willing to help, but given the incredible behavior of the Japanese soldiery, prospects are slim that I could drum up the 40 to 45 workers needed. And given the circumstances, neither would I like to risk having the Japanese authorities call one of our German engineers back from Shanghai.

 

 Wie ich soeben höre, sind wieder Hunderte von entwaffneten chinesischen Slldaten aus unserer Zone abgefürt worden, um erschossen zu werden, darunter 50 von unseren Polizisten, die füsilirert werden sollen, weil sie die Soldaten hineingelaszen haben.

 今しがた聞いた話では、武装解除された中国兵がまた何百人か私たちの区域から銃殺のために連行された。その中には区域の警察官50名が含まれ、兵士たちを入れてやった罪により銃殺刑に処せられることになっている。

 I’ve just heard that hundreds more disarmed Chinese soldiers have been led out of our Zone to be shot, including 50 of our police who are to be executed for letting soldiers in.

 

 Die Straße nach Hsiakwan ist ein einziges Leichenfeld, besät mit Trummern militärischer Ausrüstungsgegenstände. Das Verkehrsministerium ist von den Chinesen in Brand gesetzt worden, das Y Chan Men Tor zerschossen. Vor dem Tor liegen die Leichen haufenweise herum. Die Japaner rühren keinen Finger, um aufzuräumen, und der uns angegliederren Organisatiin der Roten Swastika-Gesellschaft ist es verboten worden.

 下関に通じる街路はどこも死体置き場であり、一面に兵隊の装備が瓦礫のように散らばっている。交通部は中国軍によって火をかけられ、挹江門は砲撃で崩壊している。門前はどっちを向いても死体の山だ。日本軍は片付けるために指一本動かさず、委員会に付属する紅卍協会はそれを禁じられている。

 The road to Hsiakwan is nothing but a field of corpses strewn with the remains of military equipment. The Communications Ministry was torched by the Chinese, the Y Chang Men Gate has been shelled. There are piles of corpses outside the gate. The Japanese aren’t lifting a hand to clear them away, and the Red Swastika Society associated with us has been forbidden to do so.

 

 Man wird eventuell die entwaffneten chinesischen Soldaten dazu zwingen, bevor man sie umbringt. Wir Europäer sind alle wie gelähmt vor Entsetzen. Die Hinrichtungen finden überall statt, zum Teil mit Machinengewehren bei den Baracken vom Kriegsministerium.

 ことによると武装解除された中国兵が殺される前にそれをさせられるのかも知れない。私たちヨーロッパ人は恐怖で身がすくむ。死刑は至るところで執行され、一部は軍政部前のバラックの脇で機関銃によって行われる。

 It may be that the disarmed Chinese will be forced to do the job before they’re killed. We Europeans are all paralyzed with horror. There are executions everywhere, some are being carried out with machine guns outside the barracks of the War Ministry.

 

 Der Generalkonsul Katsuo Okazaki, der uns heute abend seinen Besuch machte erklärte, daß zwar einige der Soldaten erschossen würden, der Rest aber einer Insel im Jangtse in einem Konzentrationslager untergebracht werde.

 今夜委員会を訪問した岡崎勝男総領事の説明によれば、確かに一部の兵士たちは銃殺されるかもしれないが、残りは揚子江川中島の集中収容所に入れられるのだとか。

 Katsuo Okazaki, the consul general, who visited us this evening, explained that while it was true that a few soldiers were being shot, the rest were to be interned in a concentration camp on an island in the Yangtze.

 

 Unser früher Schuldiener liegt angeschossen im Kulou Hospital. Er wurde zur Arbeit gezwungen, erhielt eine Bescheinigung über die geleistete Arbeit und wurde auf seinem Heimweg ohne irgendwerche Begründung hinterrücks zweimal angesvhossen. Der ihm von der Deutschen Btschaft seinerzeit überlassene Ausweis liegt blutgetränkt vor mir.

 ドイツ人学校の用務員だった男が撃たれて傷つき、鼓楼病院のベッドに横たわる。強制されて労働したあと、やった仕事の証明書を受け取って帰宅するところを、何の理由もなく後ろから2度も撃たれたのだ。いつかドイツ大使館が交付した身分証明書が血みどろになって私の目の前にある。

 Our former school porter is in Kulou Hospital; he’s been shot. He had been conscripted to do labor, was given a paper attesting to the work done, and on his way home was shot twice in the back for no reason at all. His old certificate of employment, issued by the German embassy, lies before me drenched with blood.

 

 Während ich dieses schreibe, hämmern die Fäuste von japanischen Soldaten an der Hintertür unseres Gartens. Da die Boys nicht öffnen, erscheinen die Köpfe der Leute auf dem Mauerrand. Als ich plötzlich mit dem Handscheinwerfer komme, machen sie sich schleunigst aus dem Staube. Wir öffnen die Haupttür und gehen ihnen eine Strecke nach, bis sie im Dunkel der der unbeleuchteten Gasse verschvinden, in deren Gosse seit drei Tagen verschiedene Leichen liegen. Man schüttelt sich vor Ekel.

 私がこれを書いている間にうちの庭の裏口で日本兵たちの拳が戸を叩く音がする。ボーイたちが開けようとしないので、日本兵たちの頭が煉瓦塀の上に現れる。私が不意に携帯投光器を持って出ると、彼らは大急ぎでこっそり退散する。私たちは表の戸を開け、しばらく後をつけるが、やがて彼らは灯りのない路地の暗がりに姿を消す。そこのドブには色々な死体が3日前から転がっている。吐き気に身を震わせる。

 As I write this, the fists of Japanese soldiers are hammering at the back gate to the garden. Since my boys don’t open up, heads appear along the top of the wall. When I suddenly show up with my flashlight, they beat a hasty retreat. We open the main gate and walk after them a little distance until they vanish in dark narrow streets, where assorted bodies have been lying in the gutter for three days now. Makes you shudder in revulsion.

 

 Die vielen Frauen und kinder hocken stumm mit großen, entsetzten Augen im Gras des Gartens, eng aneinandergerückt, teils um zu wärmen, teils um sich gegenseitung Mut einzuflößen. Ihrer aller Hoffnung ist, daß ich »fremder Teufel« die bösen Geister vertreibe.

 沢山の女たちと子どもたちが恐怖に目を見開いて庭の芝生の上に無言でうずくまり、一面は暖まるため、また一面は互いを励ますために、肩を寄せ合い密集している。「洋鬼子」の私が悪霊を追い払ってくれることだけがこの人たちの望みだ。

 All the women and children, their eyes big with terror, are sitting on the grass in the garden, pressed closely together, in part to keep warm, in part to give each other courage. Their one hope is that I, the “foreign devil,” will drive these evil spirits away.

 

【前面提到的日本总领事冈崎胜雄在他今天的来访中这提请我们注意,虽然日本人没有承认我们的委员会,但是我们将受到的待遇就如同被他们承认了一般。我们接着向负责接待我们在日本大使馆谈判的福井喜代志先生递交了我们到日本大使馆一封信。全文如下:

[以下中文略]】

 

【前に言及した日本の総領事の岡崎勝雄は、今日の来訪中、次のことに注意することを私たちに請い求めた。日本人は誰も私たちの委員会を承認しないけれども、私たちが受けるであろう待遇は、すでに彼らから承認されたのと同じようなものだと。私たちが日本大使館で交渉する福井喜代志さんへの応対に私たちが責任を持って当たると私たちから日本大使館に宛てた封書一通を手渡した。以下はその全文だ。

[以下、ティンパーリー編『戦争とはなにか』付録D「安全区委員会と日本当局との公信など」より第6号文書。洞富雄編『日中戦争南京大残虐事件資料集』第2巻英文資料編、p.125~p.128]

          南京安全区国際委員会

          寧海路5号

          1937年12月17日

南京日本帝国大使館御中

 日本大使館二等書記官福井淳氏の配慮を乞う。

 拝啓

 昨日午後、岡崎勝雄総領事がおこなった、国際委員会は何ら法的地位をもたないとの言明につき、われわれの立場を若干ご説明することは理にかなったことであります。日本当局諸賢にたいしてわれわれは何ら政治的地位を要求するものではありません。しかし、12月1日、南京市長馬氏は、緊急交替にさいして、ほとんど一切の市政府の職権、すなわち警察·主要施設の監督·消防·住宅·食料の供給·衛生などの職権を当委員会に委託したのであります。それによって、12月13日月曜日の正午、貴下の軍隊が勝利をえて当市に到着したさいに、当委員会は市内で存在していた唯一の行政権力でした。もちろん、その権力は安全地区外に及ぶものではないし、地区内においても何ら主権に対する権利を含んでおりません。

 当委員会は唯一の行政当局であり、また、もし安全地区に兵士を駐留させず、軍事施設を設けないならば、貴軍隊は故意に地区を攻撃しないと、上海の日本当局より保証をえていたので、当方は直ちに貴下の先遣隊と接触しようとしました。12月13日午後、日本兵が隊長とともに漢中路で休憩中であるのをみました。われわれは隊長に地区の所在地を説明し、彼の地図に記入させました。われわれは3つの赤十字病院にかんして隊長の注意を丁重に喚起し、武装解除された兵士のことを話しました。彼の方でもくり返し保証するので、貴軍においてはいっさいが了解ずみと当方は考えました。

 当日夜半から翌朝の未明にかけてわれわれは12月14日付の手紙を認め、それを日本語に翻訳させました。それで、日本大使館の館員福田氏から貴下に伝えることと思いますが、ラーベ氏·スミス氏·フォースター師が日本軍高級将校をさがしだして、その手紙を手渡すことに、なりました。われわれはそれぞれに5人の将校と話し合いましたが、彼らの言うには、翌日最高司令官が到着するまで待つようにとのことでした。

 翌12月15日朝、われわれは委員会本部に日本帝国大使館の福田篤泰氏と日本帝国海軍軍艦勢多の艦長と士官数名の名刺をもった関口氏の来訪をうけました。当方は先に述べた12月14日付の手紙を福田氏に提出し、当方では喜んで送電復旧工事に協力すると、関口氏に約束しました。正午に、われわれは交通銀行で特務機関長(The Head of the T'eh Pei Kwan Chan 〔Special Service〕)と会見することをえて、当方の12月14日付の手紙にたいする口頭による公式回答をうけました。機関長は回答のなかで、わけても安全区の入り口に兵をおくこと、警棒のみで武装した民警が同区内を巡回してもよいこと、委員会が貯蔵した一万担の米を使用したり、旧南京市政府によって指定された米屋に移送してもよいこと、電話·電力·水道をできるだけ早急に修復することが肝要であることなどを言明しました。ところが当方の14日付の手紙の第4項については、住民ができるだけ早急に帰宅すること以外には、何らの回答も与えられませんでした。

 この回答にもとづき、当方は警官に進んで職務につくことをすすめ、当方から日本軍将校に事情を説明したから住民はこれでよい待遇をうけることになると彼らに保証し、また米の移送をはじめました。ところが、西洋人が乗車していないトラックが路上に出ると、必ず徴発をうけております。火曜日の朝、紅卍会(当委員会の指示に従って仕事をしている団体)がトラックを出して遺体を収容しようとすると、トラックが奪われたり奪われる寸前の破目になったりしており、昨日は14人の労務者が連行されました。当方の警察にも干渉がなされ、責任者である日本人将校の言によれば、司法部に駐在中の50人の警官を「銃殺するために」連行したとのことです。昨日午後にはわれわれの「志願警察官」のうち46名が同様に連行されました。(これらの警察官は当委員会によって12月13日に組織されたもので、安全区でおこなわれる仕事は正規の警官──昼夜兼行で部署についていた──よりも大きいように見えました。)これらの「志願警察官」は制服を着用してもおらずいかなる武器も携行しておりませんでした。ただ当方の腕章をつけていただけです。彼らは群衆整理の手助けとか、清掃とか、救急処置を施すなどの雑用をする西洋のボーイ·スカウトといったなようなものでした。14日に当方の4台の消防自動車が日本兵によって徴発され、輸送用に使われました。

 当委員会より貴大使館と日本軍にわかっていただこうと熱心に努めている点は、われわれは、日本当局が新しい南京市政府あるいは他の組織を設立して市内の諸職権を引き継ぐまで、南京の一般紙民のために市政府の諸サービスを委託されたということです。ところが、不幸にも貴下の兵士は、安全区内で当方が秩序を維持し、一般紙民のための諸サービスを続けることを望みませんでした。その結果として、われわれが12月14日の朝まで続けてきた秩序維持と必要なサービス提供の体制は瓦解しました。言いかえれば、13日に貴軍が入場した時にわれわれは安全区内に一般市民のほとんど全体を集めていましたが、同区内には流れ弾によるきわめてわずかの破壊しかなく、中国兵が全面的退却をおこなったさいにも何ら略奪はみられませんでした。貴下が当地区を平穏に接収し、かつ市内の他の部分が整備されるまで、そのなかで平常な生活が乱されることなく続けられる準備はすっかり整っていました。それだと、市内で完全に平常な生活をすすめることもできたのです。このとき市内に居住していた27名の外国人全員も中国人住民も、14日いらい貴軍の兵士がおこなっている強盗·強姦·殺人の蔓延にまったく驚いています。

 われわれが抗議のなかで要求することは、貴下が貴軍の秩序を回復しできるだけ早急に市の生活を平常にることだけであります。市の生活の正常化については、当方にていかようにも喜んで協力に応じます。ところが、昨夜の8時から9時にかけてわれわれの職員で委員会のメンバーである5人の西洋人が安全区をまわって状況を視察したところ、当方は区内あるいは出入口を巡回している日本軍衛兵の姿を一人も見ることができませんでした。昨日の脅迫と警官の連行によって当方の警官は全員路上から姿を消してしまいました。われわれが見たものは、2~3名の日本兵が連れだって安全区の路上をうろついている姿ばかりで、現在私がこの手紙を書いている間にも、安全区内の各所から統制もなく侵入する兵隊がひきおこす強盗·強姦事件の報告が刻々と耳にはいってきます。このことは、昨12月16日付の当方の手紙の第2項にあった安全区の出入口各所に衛兵を立てて兵隊が侵入しないようにするという当方の要請につき何らの措置がとられていない、ということです。

 したがって、貴当局が安全区の秩序の維持を引き継ぐ第1歩として、以下のことを提案するものです。

1 昼夜にわたって安全区を巡回し、略奪·強盗·強姦·婦女誘拐の現行犯の兵隊を逮捕する権限をもった、正規の憲兵隊を貴軍により組織すること。

2 旧南京市政府から当委員会に委託された450人をこえる中国人警官を日本当局が引継ぎ、彼らを組織して一般紙民の平静と秩序を維持させること。(秩序は安全区内では一度として破壊されたことはない。)

3 昨日から昨夜にかけての市内の火災件数からみて(幸いに安全区内では火事は起っていない)、当方は、貴当局のもとに消防が再編され、貴下の兵士が例の消防自動車4台を返還し消化にあてらるくことを提案する。

4 さらに当方は、貴下ができるだけ早急に南京市政の専門家を連れてこられ、新市政府が設立されるまで一般紙民の生活を管理されることを提案するものであります。(当安全区に居住する警官·消防士と3人の事務員を除いては、旧南京市政府の職員は全然残っておりません。その他は全員、市を去りました。貴軍は南京市を物理的に占領し、南京市の住民のうち貧困層が貴下の手中にあるわけですが、訓練をうけた知的で活動的な人士はすべて西の方へ移動してしまったのです。)

 ここで再び貴下に当方より保証申し上げたいことは、当委員会には旧南京市政府から委託されたいかなる半行政的な職権といえども、それを引きつづき行使する意志はないということです。当方はこれらの職権ができるだけ早急に貴下の手に移されることを切望します。そうなれば、当委員会は単に救済機関になることでしょう。

 もし、ここ3日間の破壊が今後も続くとすれば、救援問題が急速に増加することでありましょう。当方では、安全区内でおのおのの家族ができるだけ住居と食糧をそれぞれに調達して、当委員会のような臨時の組織に突然のしかかってきた行政上の重責を減らすようにすることをたてまえにしています。しかし、現状が続くとすれば、数日中に当方では多数の住民が餓死に直面することになるでしょう。住民の手持ちの食糧と燃料の補給は底をつきかけています。金·衣服·身まわり品などの多くは、うろつきまわる日本兵によって奪われてしまいました。正規の商売あるいは活動は、住民が店を開いたり外出することを恐れているために、ほとんどおこなわれていません。他方、12月14日の朝以来、当委員会の補給用トラックが事実上ストップしています。貴軍の入城以前には、われわれは安全区内に重点的に補給物資を運び入れ、後でそれを配給する予定でした。われわれは安全区内に重点的に補給物資を運び入れ、後でそれを配給する予定でした。住民は1週間分の手持ちの食糧をたずさえてくるようにいわれていたからです。それでも、数ヵ所の難民収容所に毎日、食糧配給を欠かさぬようにするためには、当委員会の職員と委員会の西洋人のメンバーは日がくれてからも私用の車で各収容所に米袋を配達してやらねばならなかったのです!

 住民に飢餓が迫りつつあるのに、もしこうしたサービスが急速に展開されなければ、人心の動揺がおきることでしょう。なかには1夜のうちに5回も家に押し入られ、強盗にあい婦人を強姦された家族もあります。翌朝になるとより安全な場所を探して引越すとしうのもめずらしいことではありません。また昨日午後、貴軍の兵站部の将校3名が当委員会に電話の復旧で当方の助けを求めましたが、委員会の腕章をつけた少数の電話工夫は、安全区内にある自宅から追い出されて、現在、本区内にばらばらに住んでおり、所在不明です。もしこの恐慌状態がずっと続くとすれば、労務者たちを主要サービス機関の復旧の仕事につかせることは不可能に近いというものです。もし市内の日本兵のあいだでただちに秩序が回復されないならば、20万の中国人市民の多数に餓死者が出ることはさけられないでしょう。

 市の一般紙民の保護にかんして当委員会は何なりとも貴下に喜んで協力することを確約します。

                  敬具

          委員長 ジョン·ラーベ

  同封文書

   中国語による説明

   中国文法規

 追伸 昨日正午以来、安全区内で日本兵がおかした暴行は追って書類に整理されます。】